" />

生活作り

【学童保育】新年度の雰囲気作りは「帰りの会」から!

スポンサーリンク

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


こちらもCHECK

【学童保育指導員のチームワーク①】「中堅指導員」の私を疲れさせる理由は・・・

続きを見る

指導員の皆さん、保護者の皆さん、今日も一日お疲れ様でした。がってん学童を訪ねてくださりありがとうございます!

指導員

がってん学童の指導員、りえです。

今日は待ちに待った小学校給食の始まりでした。こどもたちが学童に帰ってくる時間が遅くなりました。これでやっと一息つけると思いました。

指導員

そしたら、新年度の疲れが津波のように押し寄せてきました。

めっちゃ疲れています。早く寝たいです。けど頑張ります。

ブログ村人気ブログランキングで投票してくれている皆さん、がってん学童にアクセスしてくれている皆さん、本当にありがとうございます。私に勇気と元気をくれてありがとう。本当なら直接会ってお礼が言いたいんです

指導員

がんばってこ~!!

ってとりあえず気合を入れました。

すいませんね。今日はしょっぱなからぼやきモードで。皆さんも、どうかご自愛ください。

私がなぜ、今日、こんなにも疲れて、やけのやんぱちみたいになっているかは、数日後の記事で明らかになります

指導員

というわけで、今日のテーマです

今回の記事は、帰りの会の時間を大切にして、新年度の学童の良い雰囲気を作っていきましょう!って内容です。

この記事の内容

  • 帰りの会が大事な理由
  • 帰りの会で子どもに伝えたいことは
  • とにかく子どもに「静かにすること」を求めていた私
  • 子どもたちの望ましい姿を引き出すテクニック
  • 子どもが主人公の帰りの会を
  • 帰りの会で子どもを叱る時の話し方
  • 帰りの会で子どもをほめる時のポイント
  • 子どもの「ちょっといい姿」をみつけるためには
  • おわりに(帰りの会でできるおすすめ遊びのまとめサイトの紹介)

みなさんの学童では、どんな風に、帰りの会を行っていますか?

がってん学童保育所の帰りの会は、こんな感じです。

【学童保育】子どもが話を聞いてくれない?「帰りの会」の進めかた

続きを見る

1年間のスタートにあたるこの時期に、帰りの会のことをもう一度考えてみたくて、「私が大切にしていること」を改めてまとめてみました。

指導員

私は帰りの会の時間って、本当に、とってもとっても大事だと思っているの

帰りの会が大事な理由

なんで帰りの会が大事なのでしょうか?

指導員

まずは、そこから説明しますね

帰りの会が大事な理由

  • 子ども達がばらばらにやって来てばらばらに帰って行く学童保育の生活の中で、唯一全員が集合する時間だから
  • 毎日あるから!

そうなんです。帰りの会は、指導員が、学童の子どもたち全員に対して、発言することができる超貴重な時間なんです!

帰りの会が、一日10分あるとして、一週間で(土曜日抜きで)50分、一カ月で220分です。

指導員

220分って言ったら、3時間40分!

これだけの時間なんですよ!毎日の帰りの会で指導員が子どもに「何を伝えるのか?」、子どもたちが帰りの会で「どのように過ごすのか?」によって、そりゃ学童の雰囲気を良くも悪くもすることができる!

新年度の帰りの会で指導員のお説教は禁物、連絡事項だけで終わらすなんてもったいない!

指導員

って思いませんか!?

帰りの会で子どもに伝えたいことは

指導員

では、新年度の帰りの会で、どんな話を子どもたちにしたらよいのでしょうか

ってことを考える前に、皆さんは、皆さんの職場である学童保育所をどんな学童にしたいと考えていますか?

私は、こんな風に思っています。

私が目指す学童

  • 子ども達が安心して過ごせる学童
  • 子どもたちが生き生きと遊んでいる学童
  • 子どもたちが失敗を恐れずいろんなことに挑戦できる学童
  • 下級生と上級生の間に、憧れ・憧れられる関係がある学童
  • 子どもが主体の学童
  • けじめのある学童

良かったら皆さんも、紙と鉛筆を持って、5つほどリストアップしてみてください。

で、どんな話を帰りの会でしたらいいのか?って話です。

指導員

もうおわかりですよね

あなたが目指す学童につながる子どもたちの「行動」を、帰りの会でどんどん褒めていくんです!

とにかく「静かにすること」を子ども達に求めていた私

実は私は、以前は、帰りの会こそ、子どもたちに「けじめ」を教える絶好のチャンスだと思っていたんです。

そして、「話を聞く態度」を子どもたちが身につけるためには、「新年度が肝心だわ!」って、とにかく静かにすることを子どもたちに求めていました。こんな感じです。

指導員

みんなが静かにしたら、先生は話をしますね

指導員

まだ声が聞こえるわね

指導員

まだしゃべっている人がいるわね

子ども

(しーん)

指導員

やっと静かになったわね。それでは先生の話をします・・・・

私はこの頃、子どもを静かにさせることが、指導員の「指導力」だと思っていたんです

でも、静かにさせることには結構な情熱を注いでいたけど、子ども達が静かになった後の指導員からの話は「簡単な伝達事項」だけだったりました

子どもたちに「けじめ」を伝えたり、「話を聞く態度」を身につけさせることが悪いことだと言っているじゃないんです。

指導員

それ以外に、子どもたちに伝えたいたくさんのことを、もっと大切にしなくちゃいけないんじゃないの?って思ったんです

今は、だいぶやりかたが変わりました。

子ども達が聴きたくなる話を準備して、帰りの会で話すんです

そうしたら、子ども達、最初はおしゃべりしていてうるさいけど、だんだん静かに聞いてくれるんです

そして最後に、

指導員

みんな、静かに聞いてくれてありがとう。

先生嬉しかったよ

って言うんです。

指導員

静かにしなさい!

って言うことは、子ども達のできていないところを指摘することでしょ。

けど、

指導員

聞いてくれてありがとう

って言うのは、子ども達ができたことを認めることです。

私は、新年度はとにかく、子どもたちができていないことを言うんじゃなくて、できたことをどれだけ認められるかが勝負だ!って考えています。

それが、学童の「雰囲気」を作っていくことになるんだ、って思っているからです。

子どもたちの「望ましい姿」を引き出すテクニック

帰りの会で、子どもたちに静かにしてほしい時や、ちゃんとした姿勢をしてほしい時に、私がよく使う技があります。

例えば、「もっとみんなにちゃんと座ってほしいな~」って思った時は、綺麗な姿勢で座っている子を探すんです。

そして、

指導員

だれが、きれいな姿勢で座っているかな~?

指導員

あら、てっちゃんの姿勢、とっても綺麗だね!

って、呟くんです。

そうしたら、他の子どもたちが一斉にてっちゃんを見て、自分の姿勢を正すんですよね。

言葉で「ちゃんとした姿勢で座りましょう」って言うより、ちゃんと座っている子どもを他の子どもに見てもらう方が、子ども達にとってはばっちり視覚で伝わるからわかりやすいんです。

指導員

これは、帰りの会以外の場面でも使える方法です

望ましいと思う行動を子どもたちから引き出すためには、モデルとなる子どもを見つけて、ほめてあげるんです。

子どもが主人公の帰りの会を

ちょっと、話が変わるけど、私はやっぱり、帰りの会の司会は、指導員じゃなくて子どもがやるほうが良いと思っています。

指導員が「話をする人」子ども達が「聞く人」って関係性が固定しちゃうと、帰りの会でできることが拡がっていかないんですよね。

学童の生活の主人公は子どもなんです。子どもはお客さんじゃありません。

指導員

子ども自身が帰りの会の運営をする

そこから子どもの主体性を大切にする学童保育の実践が始まっていくと、私は思っています。

帰りの会で子どもを叱る時の話し方

そんないいことばっかり言っていても、帰りの会で、子ども達を叱らないといけないこともありますよね。

そんな時には私は、

指導員

こら~!!

って言うんじゃなくて、こんな風に言います。

指導員

今日は私、とっても悲しいことがありました・・・

子どもの心にしみじみと伝わるように、語りかけるように話すようにしています。

帰りの会で子どもをほめる時のポイント

次に、帰りの会で子どもたちをほめる時の注意点です。

あんまりほめすぎると、子ども達に「こうじゃなきゃ先生嫌だよ」って無言のプレッシャーをかけることになりかねません

なので、私は、子どもたちの、「めっちゃかっこいい姿」の話を、あんまりしすぎないように気をつけています。

私が帰りの会でとりあげる話は、子ども達の「ちょっといい姿」なんです。

指導員

今日ね、先生、てっちゃんの「ちょっといい姿」見ちゃったんです。

てっちゃん、1年生に新聞紙の剣を作ってあげていたんだよ。1年生はすごい嬉しそうだったね。先生もなんだか嬉しかったな~

って感じで、子どものふとした行動を見つけた時の私の気持ち発表するようにしています

そして、物事の結果をほめるのではなく、その過程や行動に焦点を当てて話をするようにしているんです。

そしてそして、「成功例」の話ばっかりじゃなくて、「失敗談」の話を織り交ぜていくことも大切なポイントだと思っています。

子どもの「ちょっといい姿」を見つけるためには・・・

帰りの会で、子どもたちの「ちょっといい姿」の話をするために、私は、一日の中で、とにかくたくさん子どもたちと関わって、いつもアンテナを張って

指導員

子ども達の「ちょっと良い」姿を見つけるぞ~!

って考え続けています。

一緒に遊んだり、一緒に生活したり、一緒に取り組んだり・・・そんな子どもたちとのかかわりの中で、宝もののようにキラリと輝く素敵なエピソードに出会えるんですよ。

帰りの会で、指導員が子どもたちに伝える「ちょっといい姿」の話は、たくさんである必要は全然ありません。

指導員

一日一個、それを毎日続けていきましょう

絶対に学童の雰囲気がよくなっていきますよ!

おわりに・・・

いかがでしたか?

今回は、帰りの会の機会を大切にして、学童の雰囲気を作っていきましょう!って話でした。

指導員

新年度は、帰りの会でゲームや遊びをみんなで楽しむのもおすすめです

これに関しては、ジャムさんのブログで最高にためになる記事があるからご紹介しておきます。

【帰りの会ゲームネタ30】小学校や学童の子どもたちが座って短時間でできる!

ジャムさんは、学童保育歴20年で、指導員や保護者の方のためになるサイト「学童クラブ指導員と保護者の部屋」を運営されています。

指導員

とってもおすすめのページです。ぜひ参考にして、子どもたちと素敵な帰りの会の時間を過ごしてくださいね!!

それでは皆さん、またの記事でお会いしましょう!

所長

ちょっと補足したいんだけど・・・

実は以前の記事で、子どもの褒め方についてまとめています。

【学童保育】意外と悩む「子どもの褒めかた」について

続きを見る

この記事の中で、「親や指導員が、自分の思い通りにするための手段として、子どもを褒めるのは良くないんだよ」と書いています。

今回の記事の内容の「指導員が目指す学童につながる子どもたちの行動を、帰りの会でどんどん褒めていく」や、「望ましいと思う行動を子どもたちから引き出すためには、モデルとなる子どもを見つけて、褒めてあげる」は、良くない褒め方なんじゃない?と思う人がいるかもしれません。

所長

二つの記事で、違うことを言っちゃっているんだけど、りえ先生はどう思う?

指導員

あらいやだ!えらいこっちゃ

この問題については、がってん学童保育所の「宿題」として、指導員で議論を深めてみたいと思います。

皆さんのご意見もぜひ聞かせて欲しいです。(「お問い合わせ」のページから送信できます)

スポンサーリンク

-生活作り
-,

© 2022 GATTEN!GAKUDO