" />

保護者 生活作り

がってん学童の「おやつ論争」中編【学童保育のおやつの取り組みで大切にしていること】

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


今回のお話には「前編」があります。

こちらもCHECK

がってん学童の「おやつ論争」前編【トイレに学童保育のおやつが捨てられていた?】

続きを見る

「がってん!学童」の登場人物

続きを見る

この記事の目次

  • おやつの目的
  • おやつの品質にもこだわって
  • おやつの悩み
  • おやつの好き嫌いの対応は?
  • 放課後が短くなった影響で

がってん学童の指導員、りえです。

トイレにおやつが捨てられるという、「事件」の対応に、私たち指導員が苦慮していた時、学童に1本の電話がかかってきたんです。

電話

トゥルルル、トゥルルル・・・

指導員

はい、がってん学童指導員の山田です!

電話

そちらでお世話になっている保護者です

おやつの量が多すぎるようで、うちの子晩御飯が食べられないんです

なんとかしてもらえませんか?

ガチャ、ツーツーツー・・・

指導員

・・・


電話の主は名乗らなかったそうです。

指導員

保護者って言ってましたけど・・・

女の人の声でした

応対したのが、新人のたけし先生でなかったら、電話の声からだれのお母さんかわかったかもしれません。

指導員

なんで直接言ってくれないの・・・

この時は正直きつかったです。

誰だかわからない、トイレにおやつを捨てる子ども、そして、保護者からの匿名のクレーム。

子どもにとっても親にとっても、私たち指導員が相談できる相手、頼れる相手になっていない・・・

指導員

・・・なんかもう、やんなっちゃった・・・

指導員

せ、先輩・・・

指導員

って、落ち込んでる場合か

困ってるのは、私じゃない!

子どもたち・親たちなんだよ!

解決策は必ずある!

所長

その意気だね!

いつだって困難な状況は、学童がよりよくなるためのチャンスさ!

指導員

所長!おやつの取り組みで大切にしてきたことや課題を再確認しましょう!

怪盗スイーツトイレ」に「匿名の保護者」、どちらもおやつに不安や不満があるのは間違いない。

がってん学童のおやつの取り組みを一から見直すことで、何かしら解決の手がかりが掴めるかもしれないってことで、ここからはうちの学童のおやつの取り組みをご紹介します!

「おやつ」の目的

  • 成長過程の子どもにとって、三食では補いきれないエネルギー・栄養を補給する
  • 遊びの休憩として、心と体を休めてリラックスする
  • 仲間とコミュニケーションをとったり、班活動を通して社会性を育てる
指導員

学童でのおやつには、栄養補給のための「補食」の役割があります

がってん学童の近隣には、おやつを提供しない学童がありますが、私は学童保育には「おやつ」は必要で大切だと思っているんです。

おやつは成長過程の子どもにとっての栄養補給

共働きの家庭では、夕飯が19時を超えることは一般的だと思います。おやつには、学校の給食から家庭での夕食までの間の栄養補給という大切な役割があります。

おやつがない学童の話で、「夕方に家に帰ったら子どもが腹ペコで、夕食までの間にお菓子を食べちゃって、夕食が食べられなくなる」という親の悩みを聞いたことがあります。

おやつの時間は休憩時間

子どもたち、学童では凄いテンションで遊ぶでしょ。おやつの時間には、子どもがホッと一息、リラックスして心と体を休める役割もあります。

所長

おやつがあることで、学童保育の生活にリズムが生まれるんですね

おやつは楽しみながら社会性を育む時間

おやつの時間には、班活動を行います。上級生がおやつを取り分けてあげたり、班のメンバーの出席を確認したり、学童のおやつって、子ども同士が関わり合い、関係を深める大切な時間なんです。

机を出したり片付けたり、机を拭いたり、毎日のおやつは、仲間と協力しながら様々な役割を体験する時間でもあります。

指導員

一番大事なのは、「楽しい時間」であること!

おやつの品質にもこだわって

  • 栄養価の高いものを
  • 季節感のあるものを
  • おなかにたまるものを
  • 和菓子や洋菓子様々な味を
  • 時には手作りのおやつで家庭的な雰囲気を
所長

飴やチョコ、ガムなんかは、学童ではあまり出しません

毎日のおやつだから、内容にも気を遣いたいですね。

子どもが好むからといって、スナック菓子やチョコレートなどばかりになるのはどうかと思います。

旬の果物や和菓子など、季節感のあるおやつ(りんご・いちご・さくらんぼ・ひなあられ・ちまき・わらびもち・・・等)を提供したいものです。

時には、日本各地の名産おやつを出したり(もみじ饅頭・八つ橋・白い恋人・・・等)、菓子文化に触れることも大切にしています。

指導員

そして、夕食までおなかが減らないように・・・

一品は、おなかにたまるもの提供しています。(みたらし団子・焼きおにぎり・パン類・・・等)

所長

様々な食感のものも出しています

今の子どもたちは、柔らかいものばかり食べる傾向があるので、するめや焼き小あじ、煎餅など、噛み応えのあるもの、顎を鍛える品目も織り交ぜます。

指導員

手作りおやつも子どもたちは喜んでいますね!

子どもの人数が多くなると、手作りは大変だけど、指導員の手の入ったものは、子どもたちはやっぱり嬉しいみたい。

ホットプレートで、ウィンナーを温めるだけでも、子どもたちは食欲をそそられます。

子ども

いい匂いがするよ~

月1回の手作りおやつの日は、子どもたちはとっても楽しみにしています。

感染予防のために・・・

ところが現在は、新型コロナウィルスの感染予防のために、手作りのものは出しにくい。

袋物や個包装のものが中心のメニューに・・・。

おやつの時間の班活動も休止。

子どもたちは一方向を向いて、隣の子どもとも間隔をとって、しゃべらずに食べる「黙食」を求めなくてはいけない状況です。

指導員

これまで大切にしてきたことが・・・

こちらもCHECK

【学童保育】ミッション・保護者懇談会を成功させよ!

続きを見る

おやつの悩み

  • 好き嫌い
  • アレルギー対応
  • 注文や準備・片付けの負担
  • 量の問題
  • 費用設定
  • 休みや早退の時の対応
  • 大規模学童では時間差おやつなど
  • 家庭の状況により、おやつに求めるものが様々
所長

おやつの悩みは尽きないね・・・

好き嫌いや偏食、食物アレルギーなど、おやつの個別対応の必要な子どもは年々増えています。

手作りやフルーツなんかも出したいけど、指導員の負担が大きくなります。

指導員

だってさ、保育園には調理師さんがいるけどさ、学童では全部指導員が準備しないといけないんだよ

大規模学童では、子どもたちが一斉におやつを食べるスペースがないため、時間差をつけておやつを食べたりしていますね。本当に大変です。

1年生と6年生では、食べる量も違います。学年によって量を変えるのか?その場合のおやつ代は?なども悩みの種。

指導員

うちの学童は、月2000円のおやつ代を集めています

おやつ代の関係で言うと、早退や欠席時におやつを持ち帰ってもらうという学童も多いですね。

おやつ代の払い戻しをしない代わりに、欠席でもその日のおやつだけ取りに来てもらうというやつ。

指導員

そうなると、持ち帰れるおやつ=袋物や個包装が中心になって、内容にこだわることが難しくなっちゃう

持ち帰りのための指導員の手間も増えるし・・・

なので、うちの学童ではおやつの持ち帰りはしていません

保護者の就労状況によって、おやつに求める価値が多様化していることも、私たちを悩ませます。

18時に夕食の家庭からは、おやつの量が多いと意見があったり、一方で、20時頃に夕食を食べる家庭があったりして、そんな家庭の保護者からは、おなかにたまるものを出してほしいと要望があったりする・・・・。

おやつの好き嫌いの対応は?

おやつの悩みのナンバーワンは、子どもの好き嫌いがとっても多いこと!

皆さんの学童では、どのように対応されていますか?

指導員

がってん学童では、苦手な物でも、半分は食べようね!って子どもたちに言っています

けど中には、おやつを食べられなくて、長い時間机から離れられない子どもがいたりします。

「苦手なものを食べようね」って指導員が言う時には、言いっぱなしで子どもを放置するようなことだけは絶対にしてはいけません。

どれくらい食べられるかを子どもと相談して、指導員が寄り添い、一人ひとりの子どもの限界も見極めながら対応するんです。

指導員

家庭でのおやつの様子や、保護者の願いも事前に確認しておくことが必要ですね

指導員

先輩、ちょっといいっすか?

好き嫌いの指導・・・

おやつってそんなに無理して食べるものなんでしょうか?

そうなんです。この「おやつだから無理しなくていいのでは?」「しょせんおやつじゃないですか?」って意見は昔からよくあります。

指導員

じゃあ聞くけど、たけし先生は、子どもの好きなものばかりおやつに出していて、それでもいいと思ってるの?

放課後が短くなった影響で

もう一つ、ここ10年ほどで、小学校の授業時間が長くなり、放課後が短くなった影響で、次のような子どもの姿が見られるようになっています。

子ども

もっと遊びたい!

子ども

宿題やってる途中なのに・・・!

高学年

おやつなんてめんどくせえ!

学童の生活の切り替えが慌ただしくなり、一部の子どもにとってはおやつがストレスになっていると思われる様子があるのです。

がってん学童では、おやつは基本的に持ち帰りはしないため、出されたおやつは全部食べないといけません。

結果として、早く遊びに戻りたいために、おやつをかきこむような食べ方をする子どもや、グループ活動も適当にすませようとする子どもたちたちなど、余裕のなさを感じる子どもの姿が目立つようになりました。

授業が長時間になったことも一因でしょうか、頭は疲れているけど体は疲れていないのか、

高学年

おなか減ってないよ~

こんな子どもが増えているという実感もあります。

こちらもCHECK

【学童保育】指導員の呼び方は「〇〇先生」なのか「あだ名」なのかどっちがよいかの問題

続きを見る


・・・と、がってん学童のおやつの取り組みを、ざざざ~っとご紹介しました。

皆さんの学童では、どんな思いやこだわりを持って、おやつを出していますか?

機会があれば、ぜひ教えて欲しいです。

所長

ここ10年ほどで、放課後の時間や子どもたちの生活に変化があったけれど、我々のおやつの取り組み方は長い間変わっていません

指導員

学童の生活の流れや子どもの思いと、私たちが大切にしていることとの間にギャップが生じてしまっているかもしれませんね



と、そんな話を私たちがしていると・・・

保護者

すいませ~ん

指導員

あら、会長、どうされましたか?

この方、今年のがってん学童の保護者会長さん。1年生のかける君のお父さんです。

保護者

いや実は・・・学童のおやつのことで、保護者会に要望が届いたんです

会長さんが言うには、「学童のおやつの量が多いので、子どもが晩御飯が食べられなくて困っている。何とかしてほしい」との要望が上がったんだそうです。

指導員

それ、こないだ学童にも電話がありました・・・

保護者

1年生のお母さんからなんですけど、どのように対応したらよいか相談したいんです

要望の内容は、「おやつの量を減らしてほしい」「食べきれない時、食べたくない時は持ち帰りを認めて欲しい」「おやつ代の減額」の3項目だそうです。

保護者

それと、「怪盗スイーツトイレ」?

事件のこともおっしゃっていました

学童のおやつの取り組み方に問題があるんじゃないか?って・・・

(続く)

こちらもCHECK

がってん学童の「おやつ論争」後編【学童保育のおやつアンケートの結果発表】

続きを見る

こちらもCHECK

【学童保育】6月の育成支援で大切にしたいこと

続きを見る

スポンサーリンク

-保護者, 生活作り
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO