" />

運営者

自己紹介

所長

こんにちは。当ブログ「がってん学童」所長です。

この度は、私のブログを訪問してくださりありがとうございます。

私は、学童保育指導員を経て、現在は施設長という立場で働いている、現役の放課後児童支援員です。

プロフィール

  • 保護者会運営の学童保育所で6年間、民営の学童保育所で15年間の経験があります。
  • 保育士・小学校教諭1種・放課後児童支援員の資格を持っています。
  • 好きな遊びは、コマ・けん玉・マンカラ・将棋です。
  • ギターを弾いて子どもたちと歌を歌うのが大好きです。
  • 趣味は、キャンプ・音楽鑑賞・DIYです。

これまで、学童保育の子どもたちや保護者と関わってきた中で、この仕事は、大変なやりがいがある素晴らしい仕事であると同時に、多くの悩みがある仕事だと感じています。

現在、政府の「新・放課後子どもプラン」に基づき、待機児童解消と女性就業率の上昇のために、各自治体で学童保育の児童数を増やすための受け皿が整備されています。

そんな中、新しくできた学童保育施設の保護者や、初めて学童保育で働くことになった指導員の中には、悩みを抱え、相談できる相手が身近にいなくて、困っている方が多いのではないでしょうか。

「がってん!学童」では、そんな皆さんの役に立つ情報を発信していきます。

世に学童保育に関するテキストはたくさんありますが、私自身がそういったテキストが苦手なこともあり、もう少し読みやすい形で、保護者や支援員の皆さんの悩みに応える発信をしたいと考えました。

学童保育の実施内容や制度は、自治体によって様々ではありますが、私のこれまでの経験から、具体的で、現場で実践しやすい内容を心がけていきますので、ぜひ、参考にしていだけたらと思います。

がってん学童保育所の個性豊かな登場人物たちの奮闘もぜひ応援してください!

子どもたちが、仲間とともに豊かな放課後の生活を過ごせるように、学童保育の保護者の方が安心して働き続けることができますように、そして、指導員の皆さんが、私と同じように、この仕事に出会えて良かったと思えますように、このブログが少しでもお役に立てると嬉しいです。

所長

最後に、私にブログを始めるきっかけを与えてくれた、私の学童のOBであるKに感謝を込めて・・・!

当ブログで取り扱う語句の説明

学童保育(放課後児童クラブ)は、地域によって様々な呼び方があります。当ブログの記事を読むうえで、読者の方の混乱がないように、語句を整理しておきます。

学童保育施設・・・「〇〇学童クラブ」「〇〇学童保育所」「〇〇放課後児童クラブ」「〇〇育成教室」「〇〇児童ホーム」等の呼び方がありますが、当ブログでは「学童」と呼んでいます。記事によっては、「施設」と書いている場合もあります。

放課後児童支援員・・・学童で働く職員のことは、現在は、放課後児童支援員という名で専門職として位置づけられています。当ブログでは、「指導員」と呼んでいますが、保護者向けの記事の中などでは、「学童の先生」と呼ぶこともあります。

© 2021 GATTEN!GAKUDO