" />

子ども支援のポイント

学童保育にも応用できる「割れ窓理論」とは

スポンサーリンク

新着記事

2023/2/3

【学童保育】子ども見守りのアイテム「安全ベスト」が大切な理由

全国の学校に、子どもに危害を加えるなどと書かれた脅迫文が届きました。私の職場の施設でも、学校からの帰り道や、学童からのお帰りの付き添いを強化して対応しました。 指導員 最近多いですよね・・・。 所長 万が一ってことがあるから ぎりぎりの職員体制では、付き添いのため学童の外に出るスタッフが増えると、施設内が手薄になり、閉所業務やお迎えの対応に支障がでる日もありました。 そんな苦労を感じている指導員の皆さんがたくさんいたと思います。 本当にお疲れ様です。 今回の記事は、そんな、送り迎えの子どもの付き添いにまつ ...

ReadMore

2023/2/2

【学童保育】コロナ禍で迎える卒所式・修了式・入所式の挨拶文例「祝辞」「お祝いの言葉」(保護者代表・職員代表・子ども)

年度末や新年度にとりおこなわれる、学童保育の「修了式」や「卒所式」「入所式」などで、挨拶をする立場にある人に向けて、「祝辞」や「お祝いの言葉」の文例をまとめました。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 一緒に学童保育で働きましょう! 指導員 楽しいですよ! 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 保護者 卒所式で「保護者代表の挨拶」を担当することになったのですが、何を話したらいいんでしょうか? 指導員 お世話になります。よろしければ ...

ReadMore

2023/2/3

【学童保育】コピペで使える2月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

2月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 2月のおたより冒頭のあいさつ文例2 2月号のおたよりで伝えたい内容3 2月号のおたよりで伝えたい「保護 ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】コピペで使える1月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

1月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 1月のおたより冒頭のあいさつ文例2 1月号のおたよりで伝えたい内容3 1月号のおたよりで伝えたい「保護 ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】ケンカの時に手が出たら止める?止めない?

子ども同士が取っ組み合いをした時の対応をめぐって、指導員の考えの違いが浮き彫りになりました。ケンカが始まったらすぐに止めるのか、それとも見守るのか?お互いの意見を出し合う中で、ケンカの対応について考えを深めていく職員の姿を書きました。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいない ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】コピペで使える12月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

12月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 12月のおたより冒頭のあいさつ文例2 12月号のおたよりで伝えたい内容3 12月号のおたよりで伝えた ...

ReadMore

2023/1/31

利用児童が骨折した時、保護者にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え③」

今回は、保護者から、児童が骨折したことを告げられた時、職員としてどのような言葉がけをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保 ...

ReadMore

2023/2/3

【学童保育】勉強嫌いの学童っ子が猛勉強して夢をかなえた話

子どもたちの日々のドラマは、ハラハラ、ヒヤヒヤの連続です。時にはイライラしてもう我慢ならん!と思ったり、この子の人生いったいどうなんねん・・・と心配になることもあるかもしれません。 けど、今はそのままで大丈夫なのかもしれません。子どもたちは、いずれ、自分の目標を見つけた時、大人がびっくりするような力を発揮するのです。 そのことを、自分の人生を通して私に教えてくれた、一人の学童っ子がいます。その少年「K」が、久しぶりに私の家にやってきた時には、30歳の立派な大人になっていました。 新着記事 学童保育指導員に ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】各学年で大切にしたい育成支援の目標「職場で話し合ってみよう」

小学校1年生から6年生までが過ごす、異年齢集団の学童保育。「各学年で大切にしたいことを明確にしながら育成支援を行うことについて考えてみよう」が今回のテーマです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ   各学年の支援目標って必要? こんにちは、がってん学童所長です。 今日のテーマは「学童保育で子ども達の育成支援を行う上で、各学年 ...

ReadMore

2023/1/31

利用者や職員の身内に不幸があった時にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え②」

長く学童保育の仕事をしていると、様々なことを経験します。 今回は、利用児童の保護者から、親戚が亡くなられたことを伝えられた時、職員としてどのような言葉がけや振る舞いをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時保護者が事故に遭った時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

一緒に学童保育で働きましょう!

指導員

楽しいですよ!

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

【はじめての学童指導員】学童保育への就職・転職支援サービス

「♪夜の校舎まどがら~すこわしてまわ~った♪」

割れ窓と聞くと、尾崎豊の「卒業」が頭に浮かぶのは私だけでしょうか。

今回は、学童保育の現場でも応用のきく「割れ窓理論」のご紹介です。

この記事でわかること

  • 「割れ窓理論」の学童現場での応用方法
  • 「言葉の荒れ」を見直す「優しい言葉の花を咲かせよう」の取り組み方

割れ窓理論とは

所長

建物の窓が1枚割れている。それを直さずに放置しておくと、割れている状態があたりまえになり、やがては全ての窓が割られてしまう、という考えです。

割れ窓理論とは

アメリカの犯罪学者、ジョージ・ケリングが提唱。

別名「ブロークンウィンドウ理論」。

もともとは、小さな不正(軽犯罪)を徹底的に取り締まることで、犯罪や凶悪事件を抑止することができる、という理論。

こちらもCHECK

がってん学童の「おやつ論争」前編【トイレに学童保育のおやつが捨てられていた?】

続きを見る

学童保育の現場での割れ窓理論


所長

わかりやすい例は「トイレのスリッパ」です。

学童のトイレのスリッパが散らかっている。そこへやってきた子どもが、同じようにトイレの後にスリッパを脱ぎ散らかしていく。いつまでたってもトイレのスリッパは揃うことはありません。

このような場合は、子どもに「スリッパを脱いだらそろえて置きましょう」と教えることや、注意をすることも大切ですが、並行して、散らかっているのを目にしたら、指導員がきれいにそろえておく、という地道な対策が実は有効なのです。

他のスリッパがきれいに揃えてあったら、自分もきれいに脱がないといけない、という気持ちになりますよね。

所長

学童の本棚でも同じことが言えます。

いつも本棚の本やマンガはぐちゃぐちゃ。もともとがぐちゃぐちゃだから、読み終わった子も、同じようにぐちゃぐちゃに置いていきます。指導員は口をすっぱく言い続けるけれど改善しない、というような時には・・・。

保育前に指導員が本棚をきれいに整頓しておく、保育中も気が付けば本棚を整理するなど、整理整頓がされている状態を当たり前にしておくことで、子ども達も「読み終わったら本をきれいに戻そう」という気持ちになります

ページが破れたままの本をいつまでも放置しておくと、本を大切にしようという気持ちが薄れ、誤ってページを破ってしまった時でも、気にならなくなってしましまいます。

所長

本が破れたらすぐに修理する、ということが大切なんです。

こまのひもがぐちゃぐちゃ、遊び道具の棚がくちゃくちゃなども、それが当たり前になっている状態で、どれだけ子どもに注意をしても、なかなか改善はされません。そのような状態を目にしたら、注意をすることと同時に、指導員が正しく整理された状態に戻しておくということが、有効な対策となります

学級崩壊の前段階には物への関心が薄れる

物の整理ができていない学童は、雑然として落ち着かない雰囲気になってしましまいます。

小学校で、学級崩壊がおきる前段階では、子ども達の「物への関心」が薄れると言われています。次に「人への関心」が薄れ、自分自身やほかのだれかの気持ちが傷つくことが平気になっていってしまう。それはやがて学級崩壊を招くという、一連の流れがあるんです。

落とし物が多かったり、物がなくなったり、壊れたりする状態が続いていると、子ども同士のトラブルも多くなっていきます。

所長

物を大事にできない学童では、仲間のことも大事にできなくなってしまうんです。

これも「割れ窓理論」につながる考え方です。

ちなみに、「逆・割れ窓理論」もあります。

所長

物を大事にすると、仲間のことも大切にできるようになる。そのために、まずは整理整頓を心がけよう、という考え方ですね。

言葉の荒れを改善する取り組み

日頃から子ども同士の呼び方に気をつけたり、言葉遣いを正しくすることで、いじめなど重大なトラブルを防ごうというのも「割れ窓理論」的考えです。

学童で、全体の雰囲気が落ち着かず、トラブルが頻発するような時には、まず、子ども達の言葉遣いから見直してみることが必要なのではないでしょうか。

上級生の下級生への言葉がきつかったり、仲間同士でも言葉遣いがとげとげしくなったりしていると、子ども達は安心して学童で過ごせません。

私もやったことがある、学童保育の実践で、「優しい言葉の花を咲かせよう」という取り組みがあります

「優しい言葉の花を咲かせよう」

<準備するもの>

・木の幹をの絵を大きく描いた模造紙

・色画用紙で作った「丸い葉っぱ」と「とげとげの葉っぱ」(各10枚)

・折り紙で作った花(5枚)

・セロテープ

※葉っぱや花は、適宜増やしていきます。

言葉の荒れが気になった時に、帰りの会で、子ども達に次のように話をします。

指導員

言葉の「ば」って葉っぱって書くんだよ。

みんながいつも使っている言葉はどんな形の葉っぱかな?

まずは、子どもたちに語りかけ、1人ひとりの子ども達に考えさせます。

指導員

こんな、丸い形の優しい葉っぱかな?優しい言葉は、言われたら嬉しくなるよね。(葉っぱの色画用紙を子どもたちに見せる)

指導員

それとも、心がチクチクするような、とげとげの形の葉っぱかな?とげとげの言葉は、言われると悲しいよね。(葉っぱの色画用紙を子どもたちに見せる)

指導員

みんなが友達から言われた言葉で、嬉しかったことや悲しかったことを発表してください。

子ども達は、手をあげて、今日一日で友達から言われた言葉について発表します。

「ばか」って言われて嫌でした・・・

ドッジの時に、「すごいね!」ってみんなが言ってくれて嬉しかった!

指導員は、子どもから「嬉しかった発表」があった時は「丸い葉っぱ」、「悲しかった発表」があった時は、「とげとげ葉っぱ」を、模造紙に書いた木の幹に貼っていきます。

指導員

この木はね、みんなで育てる「学童の木」なんだよ。みんなの言葉の葉っぱをこうやって貼っていきます。

丸い葉っぱがたくさんになったら嬉しいよね。

指導員

それでね、丸い葉っぱが5枚になったら、1つお花が咲くんだよ。

「学童の木」がお花でいっぱいになるようにしようね!

この取り組みを継続していくと、子どもたちの中に気持ちの良い言葉がけや思いやる言葉がけが広がっていきます。

上級生が言った、ちょっとした言葉を、下級生が「嬉しかった!」と発表することで、上級生も嬉しくなる、というような場面が出てきます。

また、とげとげの葉っぱが出た時には、みんなが何気なく使っている言葉が、人を嫌な気持ちにさせてしまう、ということを子ども達みんなで考えるきっかけになります。

さいごに・・・

いかがだったでしょうか。

「割れ窓理論」は、ビジネスや教育、生活など様々な場面で使われていますが、学童保育の中でも応用できますね。

学童の物の扱いがいい加減になったり、雰囲気が落ち着かない時に、指導員がガミガミ言うと、ますます荒れた雰囲気になってしまいます。

そんな時は、環境を整えたり、注意をする以外の取り組みを工夫することも大切ではないでしょうか。

所長

「逆・割れ窓理論」で、子ども達がすすんで良い姿を見せられる雰囲気を作っていきましょう!

-子ども支援のポイント
-

© 2023 GATTEN!GAKUDO