" />

保護者 学び

【学童保育の制度や関連する施策をクイズ形式で解説】これだけは知っておきたい基本の14問

新着記事

2022/9/19

【学童保育】「突然の別れ??」年度途中の退所について

新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は3分で読めます。 指導員 こんにちは、がってん学童指導員、りえです。 学童保育(放課後児童クラブ)は、ほとんどの地域では1年ごとの登録となります。1年生から2年生に進級する時は、「継続」の利用登録を保護者の方にしてもらうんですね。 なので、指導員の私たちは、1年間の見通しをもって子 ...

ReadMore

2022/9/18

【学童保育】コピペで使える10月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 冒頭のあいさつ文例2 10月のおたよりで伝えたい内容2.1 年度後半の行事予定を伝えよう3 10月のおたよりの掲載内容の工夫3.1 学童の人気おやつベスト3!!3.2 学童で流行っている遊びベスト ...

ReadMore

2022/9/18

【学童保育】「女の子同士ってややこしい?」三角関係・微妙な関係をどのように見守っていったらいいの?<後編>

新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ ※このお話は<後編>です。まだ前編を見ていない方はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 指導員 こんにちは、がってん学童指導員のたけしです。 今回のお話のテーマは、子ども同士の「微妙な関係」についてです。 夏休み明けに、関係が変化した、ふみかちゃん、さやちゃん、みさとちゃんの3人は、僕から ...

ReadMore

2022/9/18

【学童保育】「女の子同士ってややこしい?」三角関係・微妙な関係をどのように見守っていったらいいの?<前編>

新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです。 今日のお話は、夏休み明けに私の学童で起こった出来事について書きました。 私たちがってん学童の指導員が、子ども同士のちょっと「微妙な関係」を「見守る」ことの大切さや難しさを感じることになった事例です。 同じような子ども同士の関係で悩んでいる ...

ReadMore

2022/8/28

【学童保育】子どもの変化を観察しよう・記録しよう「子どもの成長が感じられないのは〇〇のせいかもしれない」

新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は3分で読めます。 所長 夏休み保育お疲れさまでした。 指導員 お疲れ様でした。 指導員 お疲れっす。 今年度も、9月を終えると折り返し地点。新年度保育からの夏休み保育で、ガンガンに頑張って来た指導員の皆さんも、少しペースダウンしてみましょう。 そうすることで新しい気づきがあるかもし ...

ReadMore

2022/9/18

【学童保育】コピペで使える9月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 冒頭のあいさつ文例2 9月号のおたよりで伝えたい内容2.1 9月19日(月)は「敬老の日」2.2 9月23日(金)は「秋分の日」3 学校代休日4 9月号のおたよりで伝えたい「保護者へのお願い」4. ...

ReadMore

2022/8/19

【学童保育】子ども同士のトラブル対応の難解な場面をすっきり解決した、新人指導員たけし先生の話とは?

この記事は3分で読めます。 指導員 こんにちは、がってん学童の指導員、りえです。 今日のお話は、学童のトラブル対応で、私が新人指導員のたけし先生のことを見直したエピソードを書きました。 トラブルの解決が山の頂上だとしたら、そこにたどり着くまでには色々なルートがあって、それぞれの指導員らしさが出ると思うんです。 今回は、私にはちょっと真似できない、たけし先生の持ち味を活かした対応だったと思います。 目次1 トラブル勃発?2 担任のたけし先生に事情を伝えたら・・・3 自分の経験を子どもに話して・・・4 さいご ...

ReadMore

2022/8/12

【学童保育の行き帰りが心配?】学童と学校の狭間「子ども達だけの時間」のエピソードと安全を守る取り組みについて

新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 指導員の皆さん、保護者の皆さん、こんにちは。 今日は、学童の生活の前後にある「行き帰り」の時間に焦点をあてて、子ども達の様子や子どもへの支援のあり方について考えてみたいと思います。 指導員 私の職場の学童は、小学校から子どもたちが歩いて15分ほどの距離にあります。 小学校からの道のりで、毎日 ...

ReadMore

2022/8/10

2023年度に学童保育の利用を考える保護者が知っておきたい学童の基本知識「何年生まで通える?夏休みだけの利用は?費用は?申請方法は?etc」

保護者 来春から「学童」の利用を考えているんだけど・・・ 保護者 学童のことがよくわからなくて・・・ 所長 それなら、9月頃から情報収集を始めた方がよいですよ。 来年度小学校へ入学するお子様がいる保護者の皆さんは、入学後のお子様の放課後の過ごし方をご心配されているのではないでしょうか。 今回は、放課後の子どもの豊かな生活を保障し、保護者の働き続ける権利を守る「学童保育」制度について、来春から初めて学童を利用をする保護者の皆さんが知りたいあれやこれやをQ&A形式でまとめました。 早い地域では、9月頃から来年 ...

ReadMore

2022/8/5

【学童保育】今からでも間に合う、夏休みの良い雰囲気を作るポイント

指導員 この記事は3分で読めます。 こんにちは、がってん学童所長です。 暑くて長くて濃い夏休みをお過ごしの指導員の皆さん、毎日本当にお疲れ様です。 今日の記事では、7月までの夏休みの生活の中で私が、子ども達の落ち着いた雰囲気につながっていると感じる工夫やかかわりをまとめてみました。 皆様のご参考になれば幸いです。 目次1 がってん学童の夏休みが好調な理由は?2 4月からの3か月半でどれだけ遊びこんだかが夏休みに表れる3 環境構成を工夫したことで・・・4 輪になって話し合いをする子どもたち・・・5 高学年が ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

学童保育への転職・就職なら【はじめての学童指導員】

公式ページへ



所長

今日は、学童保育に関する制度や法律を、クイズ形式で学んでいきましょう

指導員

おいら、制度は苦手だけどクイズは得意だよ

学童保育は、1997年に法制化され、その後も社会的な背景を踏まえた制度改正が行われてきました。

今回の記事では、特に法制化から今日にいたる制度改正の重要ポイントを、14問のクイズ形式にしてできるだけわかりやすくまとめました。

制度のことはちょっと苦手という人は、ぜひ読んでみてくださいね。

指導員

一緒に勉強しましょう!


解説

全国各地で保護者と指導員が力を合わせ、学童保育の「つくり運動」をはじめたのが1950年代のことでした。

働くことと子育ての両立を願う親の思い、子ども達の豊かな放課後を目指す指導員の熱い思いは、学童保育連絡協議会を通じて大きな力となり、とうとう1997年の児童福祉法改正により、学童保育が「放課後児童健全育成事業」として位置づけられました。

これを機に、放課後児童健全育成事業は社会福祉法においても第二種社会福祉事業の一つとして位置づけられました。

正解「放課後児童健全育成事業」

解説

放課後児童健全育成事業は、厚生労働省が所管(事務を責任を持って行うこと)しています。保育所も厚生労働省の所管、小学校・幼稚園は文部科学省の所管となります。

学童保育と同じ放課後に学校内で行われる「放課後子ども教室」は、文部科学省が所管する事業です。

所長

厚生労働省は、子どもからお年寄りまでが安心して生活できる社会作りを担う国の機関です

指導員

文部科学省は教育や科学技術・芸術・スポーツなどの振興を担う国の機関です

正解「厚生労働省」

解説

学童保育は、地域により「○○学童保育所」「○○児童クラブ」「〇〇児童ホーム」「○○育成教室」「○○放課後児童クラブ」等様々な呼ばれ方をしています。

放課後児童健全育成事業(学童保育)を所管する厚生労働省は、省令や通知に「放課後児童クラブ」という語を用いています。

正解「放課後児童クラブ」

解説

児童福祉法に「児童福祉施設」として位置づけられている保育所には、最低基準や市町村の保育実施義務などが定められています。

一方、学童保育は「児童福祉事業」の位置づけであり、市町村の責務は「利用の促進の努力義務」にとどまりました。

そのため、1979年の法制化以降も、学童保育施設の床面積や職員配置に関する具体的な基準がない状態が続きました。

正解「児童福祉事業」

解説

1997年の法制化当初は、学童保育の対象は「おおむね10歳未満」とされ、6年生までの学童保育を独自に行う一部の自治体や施設を除いて、3年生や4年生で学童保育所を「卒所」することが一般的でした。

2012年の改正により、学童保育の対象が「小学校に就学している児童」となりました。

対象が小学6年生までに拡大したことにより、高学年までが豊かに過ごせる生活内容や発達段階に応じた子どもとへのかかわりなどが現場に求められるようになりました。

正解例:「1~6年生」「高学年まで」「小学生」など

こちらもCHECK

【学童保育】高学年保育の課題と取り組みを解説「高学年保育があなたの学童の命運を握る!」(前編)

続きを見る


解説

児童福祉法第6条の内容を整理すると、学童保育の役割は以下のようになります。

対象:小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等で昼間家庭にいないもの

方法:児童厚生施設等を利用して適切な遊び及び生活の場を与え

目的:児童の健全な育成をはかること

学童保育の対象は、親が疾病や介護等のために放課後等に子どもを見ることができない場合も含まれます。

なお、条文では、利用時間が「授業の終了後(放課後)」とされていますが、授業がない土曜日や長期休みに開所している施設がほとんどです。

また、「児童厚生施設等の施設を利用して」とされている点でも、実際には児童厚生施設(児童館等)に設置されている学童保育所は少なく、「学校」内への設置が進んでいる実態があります。

正解:A「労働」B「遊び」C「生活」D「健全」

解説

2012年、子どもや子育てに関する様々な問題を解決し、新しい時代の保育・子育てを方向付ける法律として、「子ども・子育て支援法」が成立しました。

この法律により学童保育は市町村が行う「地域子ども・子育て支援事業」に位置づけられました。市町村は、事業の実施にあたりニーズ調査に基づいた「市町村子ども・子育て支援事業計画」を5年ごとに策定します。

また、「子ども・子育て支援法」と、関連する法律に基づき、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、2015年4月から始まりました。

この流れの中で、学童保育の様々な制度改革が進んでいくことになりました。

所長

「新制度」の背景には、人口減少時代に女性労働力を活用するために保育の受け皿を拡大するという経済成長戦略があることも知っておいてほしいです

正解「子ども・子育て支援法」

解説

2012年、日本の子どもの貧困率が16.3%と、過去最悪を更新しました。子どもの6人に1人が相対的貧困状態にあり、特に母子家庭の半分以上が貧困状態であるなど、先進国の中では最悪の水準となりました。

正解「子どもの貧困対策法」

政府は、2014年に、「小1の壁の打破」と「待機児童の解消」のため、放課後子ども総合プランを定め、「2019年度末までに30万人の放課後児童クラブの受け皿」を整備する目標を示しました。

「小1の壁」とは

子どもが小学校に入学すると、保護者がこれまで勤めてきた仕事を辞めざるを得ない状況となる問題であり、解決のためには学童保育制度の量的拡大だけではなく質的充実が重要である。

また、「全国1万か所以上の場所で、放課後児童クラブと放課後子ども教室の一体化」を行うとしました。

2018年には、さらに2023年度末までに30万の放課後児童クラブの受け皿を整備し、計152万人のの受け皿を整備することを目標とする「新・放課後子ども総合プラン」が定められています。

所長

放課後子ども総合プランは新制度と連動しており、政府の経済成長戦略から誕生しました

正解「放課後子ども総合プラン」

解説

2012年の児童福祉法改正により、学童保育は「児童の身体的、精神的及び社会的な発達のために必要な水準を確保するものでなければならない」とされました。

これを受けて、国が「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」(以下「設備運営基準」)を省令で定め、それに基づいて市町村が「基準条例」を定めることになりました。

正解:A「設備」B「運営」C「基準」

こちらもCHECK

【学童保育】「放課後児童クラブの設備運営基準」をイラストでわかりやすく解説

続きを見る


解説

それまでは、学童保育の職員は、保育士資格や教員免許などの有資格者が「望ましい」とされるに留まっていましたが、設備運営基準によって、放課後児童健全育成事業に必置の職員として公的な資格である「放課後児童支援員」が定められました。

放課後児童支援員は「支援の単位」ごとに2人以上置くこととされ(ただし、2人のうち1人は「補助員」に代えることができるとされています。)、保育士や教員となる資格を有する者などであることに加えて「都道府県知事が行う研修を修了した者」とされました。

認定資格研修は、16科目・計24時間を受講し、研修内容は「認定資格研修ガイドライン」により示されています。

正解「放課後児童支援員」

解説

設備運営基準の策定に伴い、これまでの「放課後児童クラブガイドライン」が見直され、厚生労働省が2015年に「放課後児童クラブ運営指針」(以下「運営指針」)を発出しました。

運営指針の内容には以下のような特徴があります。

  • 児童期の発達的特徴を3つの時期区分に整理し、子どもの発達過程を踏まえた支援の配慮事項を示している
  • 具体的な支援の内容を子どもの立場に立った観点から網羅的に示している
  • 障害のある子どもや特に配慮を要する子どもへの対応について、具体的な考えや留意点を示している
  • 保護者との協力関係や地域の関係機関との連携の必要性や連携にあたっての留意点を示している
  • 運営主体が留意すべき点として、放課後児童クラブの社会的責任や職場倫理等を示している
正解「放課後児童クラブ運営指針」

こちらもCHECK

「放課後児童クラブ運営指針」全文

続きを見る


解説

運営指針第3章では、「放課後児童クラブにおける育成支援の内容」として、9項目の留意事項を示した後、「障害のある子どもへの対応」「特に配慮を必要とする子どもへの対応」「保護者との連携」「育成支援に含まれる職務内容と運営に関わる業務」を示しています。

育成支援の9項目

  • 子どもが自ら進んで放課後児童クラブに通い続けられるように援助する
  • 子どもの出欠席と心身の状態を把握して適切に援助する
  • 子ども自身が見通しをもって主体的に過ごせるようにする
  • 放課後児童クラブの生活を通して、日常生活に必要となる基本的な生活習慣を習得できるようにする
  • 子どもが発達段階に応じた主体的な遊びや生活ができるようにする
  • 子どもが自分の気持ちや意見を表現することができるように援助し、放課後児童クラブの生活に主体的に関わることができるようにする
  • 子どもにとって放課後の時間帯に栄養面や活力面から必要とされる「おやつ」を適切に提供する
  • 子どもが安全に安心して過ごすことができるように環境を整備するとともに、緊急時に適切に対応ができるようにする。
  • 放課後児童クラブでの子どもの様子を日常的に保護者に伝え、家庭と連携して育成支援を行う

正解「育成支援」

解説

日本政府は、1994年に子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)を批准し締約国となりました。それから20年以上が経ち、児童福祉法に子どもの権利が明記されました。

子どもの権利条約第31条では、子どもの「休息・余暇」の権利や、遊び・レクリエーション的活動・文化的活動・芸術的活動に子どもが「自由に参加する」」権利が保障されています。

学童保育にも、大人から見ると無駄に見える遊びや価値がないように見える遊びも含めてその自由を十分に保証することが求められます。

また、子どもの権利条約12条「意見表明権」は、子どもが自分に関係のある事柄について自由に意見を言うことができる権利であり、大人はその意見を子どもの発達に応じて十分に考慮することが定められています。

学童保育の生活の中でも、子どもの意見を尊重し、行事の企画段階から子どもの意見を反映させるような取り組みを大切にしていきましょう。

正解:A「児童の権利に関する条約」B[最善の利益」

こちらもCHECK

【学童保育】子どもの意見を大切に!「子どもの権利条約」を学ぼう

続きを見る

さいごに・・・

所長

どうだった?

学童保育の制度について理解が深まったかな?

指導員

も、もちろんっす!

今回の記事で取り上げた制度改正等について、年表としてまとめました。

こうやってみると、1997年以降、学童保育制度が社会の影響を受けながら発展してきたことがわかります。

一方で、現場で子ども達と関わる私の実感としては、子育てをする親の悩みや現場で働く指導員の悩みは尽きることがなく、子ども達の放課後の環境も不十分と感じています。

所長

まだまだ学童保育は発展途上です

指導員

子ども達・親たち・指導員にとって、もっともっと良い制度になるように求めていこう!

指導員

ということで今日はこの辺で失礼します


【参考文献】

「日本の学童ほいく」(2021年㋂号・22021年10月号)/全国学童保育連絡協議会

「放課後児童クラブ運営指針解説書」/厚生労働省編

「テキスト学童保育士基礎カリキュラム」/一般社団法人日本学童保育士協会・特定非営利活動法人学童保育協会

「放課後児童支援員都道府県認定資格研修教材」/放課後児童支援員認定資格研修教材編集委員会

-保護者, 学び
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO