" />

保護者 学び

【学童保育の制度や関連する施策をクイズ形式で解説】これだけは知っておきたい基本の14問

スポンサーリンク

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

学童保育への転職・就職なら【はじめての学童指導員】

公式ページへ



所長

今日は、学童保育に関する制度や法律を、クイズ形式で学んでいきましょう

指導員

おいら、制度は苦手だけどクイズは得意だよ

学童保育は、1997年に法制化され、その後も社会的な背景を踏まえた制度改正が行われてきました。

今回の記事では、特に法制化から今日にいたる制度改正の重要ポイントを、14問のクイズ形式にしてできるだけわかりやすくまとめました。

制度のことはちょっと苦手という人は、ぜひ読んでみてくださいね。

指導員

一緒に勉強しましょう!


解説

全国各地で保護者と指導員が力を合わせ、学童保育の「つくり運動」をはじめたのが1950年代のことでした。

働くことと子育ての両立を願う親の思い、子ども達の豊かな放課後を目指す指導員の熱い思いは、学童保育連絡協議会を通じて大きな力となり、とうとう1997年の児童福祉法改正により、学童保育が「放課後児童健全育成事業」として位置づけられました。

これを機に、放課後児童健全育成事業は社会福祉法においても第二種社会福祉事業の一つとして位置づけられました。

正解「放課後児童健全育成事業」

解説

放課後児童健全育成事業は、厚生労働省が所管(事務を責任を持って行うこと)しています。保育所も厚生労働省の所管、小学校・幼稚園は文部科学省の所管となります。

学童保育と同じ放課後に学校内で行われる「放課後子ども教室」は、文部科学省が所管する事業です。

所長

厚生労働省は、子どもからお年寄りまでが安心して生活できる社会作りを担う国の機関です

指導員

文部科学省は教育や科学技術・芸術・スポーツなどの振興を担う国の機関です

正解「厚生労働省」

解説

学童保育は、地域により「○○学童保育所」「○○児童クラブ」「〇〇児童ホーム」「○○育成教室」「○○放課後児童クラブ」等様々な呼ばれ方をしています。

放課後児童健全育成事業(学童保育)を所管する厚生労働省は、省令や通知に「放課後児童クラブ」という語を用いています。

正解「放課後児童クラブ」

解説

児童福祉法に「児童福祉施設」として位置づけられている保育所には、最低基準や市町村の保育実施義務などが定められています。

一方、学童保育は「児童福祉事業」の位置づけであり、市町村の責務は「利用の促進の努力義務」にとどまりました。

そのため、1979年の法制化以降も、学童保育施設の床面積や職員配置に関する具体的な基準がない状態が続きました。

正解「児童福祉事業」

解説

1997年の法制化当初は、学童保育の対象は「おおむね10歳未満」とされ、6年生までの学童保育を独自に行う一部の自治体や施設を除いて、3年生や4年生で学童保育所を「卒所」することが一般的でした。

2012年の改正により、学童保育の対象が「小学校に就学している児童」となりました。

対象が小学6年生までに拡大したことにより、高学年までが豊かに過ごせる生活内容や発達段階に応じた子どもとへのかかわりなどが現場に求められるようになりました。

正解例:「1~6年生」「高学年まで」「小学生」など

こちらもCHECK

【学童保育】高学年保育の課題と取り組みを解説「高学年保育があなたの学童の命運を握る!」(前編)

続きを見る


解説

児童福祉法第6条の内容を整理すると、学童保育の役割は以下のようになります。

対象:小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等で昼間家庭にいないもの

方法:児童厚生施設等を利用して適切な遊び及び生活の場を与え

目的:児童の健全な育成をはかること

学童保育の対象は、親が疾病や介護等のために放課後等に子どもを見ることができない場合も含まれます。

なお、条文では、利用時間が「授業の終了後(放課後)」とされていますが、授業がない土曜日や長期休みに開所している施設がほとんどです。

また、「児童厚生施設等の施設を利用して」とされている点でも、実際には児童厚生施設(児童館等)に設置されている学童保育所は少なく、「学校」内への設置が進んでいる実態があります。

正解:A「労働」B「遊び」C「生活」D「健全」

解説

2012年、子どもや子育てに関する様々な問題を解決し、新しい時代の保育・子育てを方向付ける法律として、「子ども・子育て支援法」が成立しました。

この法律により学童保育は市町村が行う「地域子ども・子育て支援事業」に位置づけられました。市町村は、事業の実施にあたりニーズ調査に基づいた「市町村子ども・子育て支援事業計画」を5年ごとに策定します。

また、「子ども・子育て支援法」と、関連する法律に基づき、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、2015年4月から始まりました。

この流れの中で、学童保育の様々な制度改革が進んでいくことになりました。

所長

「新制度」の背景には、人口減少時代に女性労働力を活用するために保育の受け皿を拡大するという経済成長戦略があることも知っておいてほしいです

正解「子ども・子育て支援法」

解説

2012年、日本の子どもの貧困率が16.3%と、過去最悪を更新しました。子どもの6人に1人が相対的貧困状態にあり、特に母子家庭の半分以上が貧困状態であるなど、先進国の中では最悪の水準となりました。

正解「子どもの貧困対策法」

政府は、2014年に、「小1の壁の打破」と「待機児童の解消」のため、放課後子ども総合プランを定め、「2019年度末までに30万人の放課後児童クラブの受け皿」を整備する目標を示しました。

「小1の壁」とは

子どもが小学校に入学すると、保護者がこれまで勤めてきた仕事を辞めざるを得ない状況となる問題であり、解決のためには学童保育制度の量的拡大だけではなく質的充実が重要である。

また、「全国1万か所以上の場所で、放課後児童クラブと放課後子ども教室の一体化」を行うとしました。

2018年には、さらに2023年度末までに30万の放課後児童クラブの受け皿を整備し、計152万人のの受け皿を整備することを目標とする「新・放課後子ども総合プラン」が定められています。

所長

放課後子ども総合プランは新制度と連動しており、政府の経済成長戦略から誕生しました

正解「放課後子ども総合プラン」

解説

2012年の児童福祉法改正により、学童保育は「児童の身体的、精神的及び社会的な発達のために必要な水準を確保するものでなければならない」とされました。

これを受けて、国が「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」(以下「設備運営基準」)を省令で定め、それに基づいて市町村が「基準条例」を定めることになりました。

正解:A「設備」B「運営」C「基準」

こちらもCHECK

【学童保育】「放課後児童クラブの設備運営基準」をイラストでわかりやすく解説

続きを見る


解説

それまでは、学童保育の職員は、保育士資格や教員免許などの有資格者が「望ましい」とされるに留まっていましたが、設備運営基準によって、放課後児童健全育成事業に必置の職員として公的な資格である「放課後児童支援員」が定められました。

放課後児童支援員は「支援の単位」ごとに2人以上置くこととされ(ただし、2人のうち1人は「補助員」に代えることができるとされています。)、保育士や教員となる資格を有する者などであることに加えて「都道府県知事が行う研修を修了した者」とされました。

認定資格研修は、16科目・計24時間を受講し、研修内容は「認定資格研修ガイドライン」により示されています。

正解「放課後児童支援員」

解説

設備運営基準の策定に伴い、これまでの「放課後児童クラブガイドライン」が見直され、厚生労働省が2015年に「放課後児童クラブ運営指針」(以下「運営指針」)を発出しました。

運営指針の内容には以下のような特徴があります。

  • 児童期の発達的特徴を3つの時期区分に整理し、子どもの発達過程を踏まえた支援の配慮事項を示している
  • 具体的な支援の内容を子どもの立場に立った観点から網羅的に示している
  • 障害のある子どもや特に配慮を要する子どもへの対応について、具体的な考えや留意点を示している
  • 保護者との協力関係や地域の関係機関との連携の必要性や連携にあたっての留意点を示している
  • 運営主体が留意すべき点として、放課後児童クラブの社会的責任や職場倫理等を示している
正解「放課後児童クラブ運営指針」

こちらもCHECK

「放課後児童クラブ運営指針」全文

続きを見る


解説

運営指針第3章では、「放課後児童クラブにおける育成支援の内容」として、9項目の留意事項を示した後、「障害のある子どもへの対応」「特に配慮を必要とする子どもへの対応」「保護者との連携」「育成支援に含まれる職務内容と運営に関わる業務」を示しています。

育成支援の9項目

  • 子どもが自ら進んで放課後児童クラブに通い続けられるように援助する
  • 子どもの出欠席と心身の状態を把握して適切に援助する
  • 子ども自身が見通しをもって主体的に過ごせるようにする
  • 放課後児童クラブの生活を通して、日常生活に必要となる基本的な生活習慣を習得できるようにする
  • 子どもが発達段階に応じた主体的な遊びや生活ができるようにする
  • 子どもが自分の気持ちや意見を表現することができるように援助し、放課後児童クラブの生活に主体的に関わることができるようにする
  • 子どもにとって放課後の時間帯に栄養面や活力面から必要とされる「おやつ」を適切に提供する
  • 子どもが安全に安心して過ごすことができるように環境を整備するとともに、緊急時に適切に対応ができるようにする。
  • 放課後児童クラブでの子どもの様子を日常的に保護者に伝え、家庭と連携して育成支援を行う

正解「育成支援」

解説

日本政府は、1994年に子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)を批准し締約国となりました。それから20年以上が経ち、児童福祉法に子どもの権利が明記されました。

子どもの権利条約第31条では、子どもの「休息・余暇」の権利や、遊び・レクリエーション的活動・文化的活動・芸術的活動に子どもが「自由に参加する」」権利が保障されています。

学童保育にも、大人から見ると無駄に見える遊びや価値がないように見える遊びも含めてその自由を十分に保証することが求められます。

また、子どもの権利条約12条「意見表明権」は、子どもが自分に関係のある事柄について自由に意見を言うことができる権利であり、大人はその意見を子どもの発達に応じて十分に考慮することが定められています。

学童保育の生活の中でも、子どもの意見を尊重し、行事の企画段階から子どもの意見を反映させるような取り組みを大切にしていきましょう。

正解:A「児童の権利に関する条約」B[最善の利益」

こちらもCHECK

【学童保育】子どもの意見を大切に!「子どもの権利条約」を学ぼう

続きを見る

さいごに・・・

所長

どうだった?

学童保育の制度について理解が深まったかな?

指導員

も、もちろんっす!

今回の記事で取り上げた制度改正等について、年表としてまとめました。

こうやってみると、1997年以降、学童保育制度が社会の影響を受けながら発展してきたことがわかります。

一方で、現場で子ども達と関わる私の実感としては、子育てをする親の悩みや現場で働く指導員の悩みは尽きることがなく、子ども達の放課後の環境も不十分と感じています。

所長

まだまだ学童保育は発展途上です

指導員

子ども達・親たち・指導員にとって、もっともっと良い制度になるように求めていこう!

指導員

ということで今日はこの辺で失礼します


【参考文献】

「日本の学童ほいく」(2021年㋂号・22021年10月号)/全国学童保育連絡協議会

「放課後児童クラブ運営指針解説書」/厚生労働省編

「テキスト学童保育士基礎カリキュラム」/一般社団法人日本学童保育士協会・特定非営利活動法人学童保育協会

「放課後児童支援員都道府県認定資格研修教材」/放課後児童支援員認定資格研修教材編集委員会

スポンサーリンク

-保護者, 学び
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO