" />

悩み

【学童保育】何かにつけて指導員に子どもが「え~!」と反発する時の対処法

スポンサーリンク

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


学童保育指導員の皆さん、今日も一日お疲れ様でした。

「がってん!学童」に立ち寄っていただきありがとうございます!

このブログでは、学童保育を愛し、学童現場で苦労する指導員の皆さんに向けての様々な情報を発信しています。

所長

放課後児童クラブの「ク」は苦労の「苦」、「ラブ」は愛の「LOVE」。放課後児童クラブは、愛と苦労でできているんです!

さて、みなさんの学童では、指導員が、行事や取り組みを「やるよ~!」と言った時に、子どもから、「え~っ!」と、不満の大合唱が返ってくることはありませんか?

指導員

今から、誕生日会だぜ~!!

子ども

え~⁉

子ども

え~!!

指導員

あら~?

と、こんな感じで、誕生日会の日、おやつ作りの日、みんな遊び(集団遊び)の日などに、いざ、指導員が「始めるよ~!」と言った時に、子どもたちから、「え~!」と、いう声が返ってくることがあります。

今回は、指導員がやろうとした取り組みに、子どもが「え~!」と反発する時の対処法についてお伝えしたいと思います。

この記事の内容

  • 子どもの「え~!」の後に隠れている思い
  • 「え~!」と子どもが言った時の対処法
  • 「え~!」を減らすための工夫
  • ていねいに予告をする
  • 取り組みは月曜日や祝日明けを外す
  • 学校行事との兼ね合いに気をつける
  • 自由遊びの時間を保障する
  • 子ども達が「やりたい」と思える取り組み方
  • さいごに・・・

子ども達の「え~!」の後に隠れている思い

実は、子どもの、この「え~!」という反発は、学童保育として、ある意味健全なことなのです。

子ども達は、「え~!」と言う言葉の後に続く、それぞれの思いをもっています

指導員

今から誕生日会だぜ~!

子ども

え~!(これからしゅくだいやろうとしていたのに)

子ども

え~!(いま、ドッジがもりあがっているところなのに)

こんな風に、子ども達はそれぞれの事情を抱えていて、その思いを、「え~!」という言葉で表明しているのです

子どもの権利条約第12条では、「意見表明権」が保証されています。まずは、この「え~!」を、子どもの意見として指導員が受け止めましょう

こちらもCHECK

【学童保育】子どもの意見を大切に!「子どもの権利条約」を学ぼう

続きを見る

そのうえで、一人ひとりの「え~!」の後に続く「思い」を想像することが、子どもの「え~!」を減らすためには大切になります。

ところで、小学校では、先生が「次は国語の授業です」と言った時に、子どもは「え~!」と反発したりするでしょうか。ひょっとしたらあるかもしれませんが、学童ほどではないですよね。

小学校では、授業は時間割で決まっているので、子どもが意見をはさむ余地はほとんどありません。

学童だって、月の予定表なんかで行事のお知らせをしているはずですが、それでも子どもが「え~!」と言うのは、「学童保育は子どもが主役の場所」だと、子どもが思ってくれているからかもしれません

所長

まずは、「え~!」を、子どもの意見として受け止めましょう。

こちらもCHECK

【学童保育】苦手な人とペアを組んだ時の対処法「職場の人間関係に悩んでいる指導員の皆さんへ」

続きを見る

「え~!」と子どもが言った時の対処法

せっかく指導員が準備していた取り組みをやろうとしたとき、子どもから「え~!」と反発されると、ちょっと腹が立ったりしませんか?

指導員

昨日の帰りの会で予告してたでしょ!

とか、

指導員

勝手なことを言わないでよ!

など、指導員の思いを子どもにぶつけたくなってしまう時もありますよね。けど、もちろんこれはNG対応です

前述したように、子ども達にはそれぞれの思いがあります。

指導員

さぁ、今から誕生日会よ~!

子ども

え~!(これからしゅくだいやろうとしていたのに)

子ども

え~!(いま、ドッジがもりあがっているところなのに)

こんな時の正しい対応としては、

指導員

誕生日会の後でも宿題をやる時間があるから大丈夫だよ。

子ども

よかった!

と、見通しをもたせて安心させてあげたり

指導員

それならあと5分ドッジをしようか。けど、その後は楽しい誕生日会よ。

子ども

わ、わかった。

と、子どもの気持ちを受け止めながらも、取り組みに気持ちが向かうような働きかけをすることが大切です。

このスタンスは、指導員が一方的に物事を進めるのではなく、子ども達の中に合意や納得を形成しながら丁寧にすすめていく、という、指導員にとっては、とても大切な姿勢だと私は思っています。

言い換えると、子ども達が「やらなくてはいけない活動」ではなく、「やりたいと思える活動」になるような進め方や工夫が学童保育では大切なんです。

「え~!」を減らすための工夫

所長

子ども達が「え~!」と言うのには他にも理由があります。

子どもは、大人と違い、見通しを持ったり、気持ちを切り替えたりすることがまだ十分にできません。中には、この二つのことが、極端に苦手な子どもも学童にはいます。

そんな子どもたちが、「え~!」と言っている場合が多いんです。

なので、子どもが見通しを持ちやすくなったり、気持ちを切り替えやすくなるような支援や働きかけをしてみましょう。

以下に説明していきます。

こちらもCHECK

【学童保育】保身?事なかれ主義?子どものトラブルを保護者にどこまで伝えるかの問題

続きを見る

ていねいに予告をする

誕生日会の取り組みを例にとると、お便りの予定表で告知をしたり、前日の帰りの会で予告をするのはもちろん、帰ってきたら子どもが一番に目にする玄関などに、「今日はお誕生日会で~す!」などと、掲示をしておくことも有効です。

所長

聴覚や視覚、様々な方法で、子ども達が見通しを持てるように支援します。

取り組みの10分前には、

指導員

あと10分で、誕生日会を始めるよ~

と、子ども達に伝えて、片付けや、片付けに向かって子どもたちが遊びの区切りをつけられるようにします。

これによって、直前で「急に言われてもこまる!」と言った、子どもと指導員の摩擦を減らすことができるのです。

取り組みは月曜日や休み明けを外す

取り組みの予定を、月曜日や祝日明けに設定しないことも有効です

休み明けは子どもたちが落ち着かないことが多いですし、金曜日に告知したことを、子ども達がすっかり忘れているからです。

結果として、子ども達が「え~!」言いやすいのが、月曜日や祝日明けになります。

逆に金曜日は、次の日が小学校が休みのため、宿題ができなかった場合はお休みの間に取り戻せたりと、子ども達にとっては安心して取り組みに参加できることが多いようです。

学校行事との兼ね合いに気をつける

取り組みを予定するうえでは、小学校の行事や授業の内容を考慮することも大切です。

小学校で取り組みや行事があった日には、子ども達は学童では、「思い切りやりたいことをやったり、ホッとして過ごしたい!」という気持ちが強くなります。

そこに学童の取り組みがバッティングしていると、子ども達の「え~!」は強くなります。

自由な遊びの時間を保証する

取り組みは、指導員が「やりたいと思っていること」、それとは別に、子ども達一人ひとりにも、学童で「やりたいと思っていること」があります。

子ども達がやりたいことがたっぷりとできるのは、「自由遊び」の時間です。

取り組みを設定する際や、進める際には、「自由遊び」の時間をしっかりと保証することで、子ども達の気持ちがスッキリして、前向きに参加できる場合が多いです。

学童の生活の中では、「自由遊びの時間」と「取り組みの時間」のバランスがとても大切なんです。

指導員は常にこのことを心にとめておきましょう。

子どもたちが「やりたい」気持ちを持てるように

先ほど、学童の生活では、子ども達の「合意や納得」を形成しながらすすめることが大切だとお話ししました。

これは、言い換えると、学童の生活や取り組みは、子どもと指導員のお互いの思いを大切にしながら作っていくということです。

子どもが、計画段階から参加できる取り組みであれば、子どもの「え~!」は少なくなります。

がってん学童保育所では、誕生日会は毎回、ケーキなどのおやつは選択制にしています。

2週間ほど前から、4種類くらいのデザートの写真を部屋に掲示して、自分が食べたいデザートの下に、子どもが名前を書いていきます。

1週間前には申し込みを締め切って、ケーキ屋さんに注文をします。

子どもたちが「おやつを選ぶ」という形で取り組みに参画しているのです。

このような取り組み方は、取り組みのずいぶん前から子どもたちの意識が当日に向かうようになり、見通しをもちやすくなるだけでなく、当日が楽しみになります。

所長

おやつの選択制は、アレルギー対応にも有効ですよ。

食物アレルギーの子どもが、誕生日会の日に、1人だけ特別なおやつが食べられない、ということがないように、選択できるおやつの中には必ず、食物アレルギーでも食べられるものを入れておきます。

さいごに・・・

いかがだったでしょうか・・・。

今回は、学童で、指導員がやろうとしたことに、子ども達が「え~!」と反発する時の対処法についてご説明しました。

子ども達の「え~!」を、一人ひとりの意見として尊重し、見通しを持ったり、気持ちの切り替えがしやすくなるように取り組みを進めていいましょう

そして、学童の子ども達に、取り組みに「参加しない」という選択が用意されていることも大切です。それがあるからこそ、指導員は、子ども達一人ひとりが本当に参加したいと心待ちにできるような取り組みを工夫することができる、と私は思います。

最後に、がってん学童のワンシーンをご紹介しますね。

天気がいいから、公園にでも遊びに連れて行ってあげようかと、よかれと思って子どもに言ったら・・・

指導員

みんな~!公園に遊びにいくわよ~!!

子ども

え~!!

子ども

いきたくないよ~!!

と子どもが言うので、あれやこれやと説得して、どうにか公園に連れて行った。そろそろ帰らないといけない時間になって・・・

指導員

もう帰る時間だよ~!集まって~!!

と言ったら、

子ども

え~!!

子ども

もっと遊びたいよ~!!

って、子どもに言われて・・・

指導員

なんでやねん!

って、突っ込みたくなるようなこと、本当に多いですよね。

それではまたの記事でお会いしましょう。

【参考文献】

学童保育実践入門―かかわりとふり返りを深める

スポンサーリンク

-悩み
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO