" />

悩み

【学童保育】指導員の呼び方は「〇〇先生」なのか「あだ名」なのかどっちがよいかの問題

スポンサーリンク

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


こちらもCHECK

【学童保育指導員のチームワーク①】「中堅指導員」の私を疲れさせる理由は・・・

続きを見る

ここはがってん学童保育所、がってん小学校の子どもたちが通っています。

登場人物
指導員

指導員4年目の、りえです。

指導員

4月から指導員になったばかりの、たけしっす

所長

がってん学童保育所、所長です

仮田先生

ボランティアの仮田ですじゃ

指導員の皆さん、今日も一日お疲れさまでした。

がってん小学校は、今週は「個人面談週間」です。子どもたちの下校が早くて、てんやわんやの一日でした。

保育時間が長くて、指導員ににとっては大変だったけど、今日は子どもたち、たっぷり遊べて満足そうでした。

指導員

だって、4月なのに、子どもたち帰ってくるの遅いんだもん!

まだ新年度が始まって1か月なのに、1年生が15時をまわって学童に来る日が何日あったことか・・・。「放課後がまた一段と短くなった」と感じているのは私だけでしょうか?

さて、今回のテーマは、「学童保育指導員は、子どもたちからどう呼ばれるべきなのか?」についてです。

指導員を、どう呼ぶべきか・どう呼ばれるべきかの問題は、様々な意見があり、議論が多い「学童保育の問題」の一つです。

ちなみに、2014年に、「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」が定められ、放課後児童支援員」が学童保育に必置の公的な資格として定められました。その後も、「指導員」で通っている地域や学童保育所が多くあるので、当サイトでは、「指導員」の呼称を採用しています。

この記事の目次

  • 様々な指導員の呼び方が混在している?
  • 指導員は「〇〇先生」と呼ばれるのが基本?
  • 指導員の呼び方は「あだ名」でもよい?
  • 「呼び捨て」はいいのか?
  • 学童保育は「第三の世界」だから・・・?
  • 論争の結果・・・
  • 現状⇒子どもと指導員の合意で「呼び方」が決まっている
  • さいごに・・・

様々な指導員の呼び方が混在している?

まずは、がってん学童保育所の現状を整理します。指導員の「子どもたちからの呼ばれ方」は、以下の通りです。

がってん学童指導員の呼ばれ方

指導員

たけし先生=「たけし」

指導員

りえ先生=「りえ先生」

仮田先生

仮田先生=じっちゃん

所長

所長=所長

というように、てんでばらばら、一貫性がありませんよね・・・。

でも実は、がってん学童では、「指導員の名+先生」、という呼称が「基本原則」となっています。なので、指導員間では、「たけし先生」「りえ先生」などのように呼び合っています。(仮田先生はボランティア・スタッフなので、ちょっと特別です)

「〇〇先生」が原則ではあるけれど、実際には、新人指導員のたけし先生や、仮田先生は「たけし」や「じっちゃん」と呼ばれています。なぜ、そんなことになっているのかと言うと、それは、がってん学童のそれぞれの指導員の考えと、これまでの議論の結果なんです。

こちらもCHECK

【学童保育】苦手な人とペアを組んだ時の対処法「職場の人間関係に悩んでいる指導員の皆さんへ」

続きを見る

指導員は「〇〇先生」と呼ばれるのが基本?

指導員

指導員は「〇〇先生」と呼ばれるべきです!

これは、私の意見です。私には、指導員は「先生」と呼ばれるべきだし、そう呼ばれる自分でありたい、という思いがあります。

全国の学童で、指導員の様々な呼ばれ方が混在しているとはいえ、やはり一般的なのは、「〇〇先生」でしょう。

指導員は、子どもたちの「指導者」です。

え?放課後児童支援員だから「支援者」だって?確かに「指導者」と「支援者」って、ニュアンスが違いますね。指導者は「上と下」、支援者は「隣で寄り添う」って感じですね。

どちらにせよ私は、「先生」という言葉をあえて使うことで、「子ども」と「指導員」お互いの立場をはっきりとさせておくことが大切だと思っています。

それがないと、「なぁなぁ」の関係、その行き着く先は秩序のない世界、ってことになるんじゃないでしょうか?

指導員が「先生」と呼ばれる存在であることは、保護者にとっては「安心」だし、私たち自身の自覚にもつながると私は思っています。

指導員

苗字+先生じゃなくて、名前+先生っていうのが、学童っぽくていいでしょ?

次の表は、2016年に「一般社団法人キッズコーチ協会」が実施した、「学童保育の利用に関する母親向けの実態調査」の中で、「あなたが学童保育の生活を通して、お子様に身につけて欲しい能力は何ですか?」と言いう質問に対する回答結果、上位3つです。

【学童保育への期待】

1位(59.8%)集団生活、集団行動に順応する力をつける
2位(36.4%)相手の気持ちや立場を理解する力をつける
3位(26.4%)マナーや挨拶、礼儀を身につける

保護者が我が子に、「学童で人間関係やマナーを学んで欲しい」という願いを持っていることがうかがえます。その中には、目上の人のことをちゃんとした呼び方で呼ぶことも含まれると、私は思っています。

指導員の呼び方は「あだ名」でもよい?

所長

僕は「あだ名」がよいと思っています

これは、所長の意見です。

所長が異動してきた時に、すでに、がってん学童では「〇〇先生」という呼ばれ方が慣例だったそうです。

けど、以前の職場(保護者運営の学童保育所)では、所長はあだ名で呼ばれていたらしいです

所長のこれまでの呼ばれ方

(保護者運営の学童時代)

1年目~ 「さとう」(呼び捨て)

3年目~ 「さとくん」(あだ名)

(がってん学童時代)

1年目~ 「たける先生」

3年目~ 「さとさと」(あだ名)

5年目~ 「たける先生」

10年目~ 「所長」or「たける先生」

・・・という感じです。

所長

これまで、僕は色んな呼び方で呼ばれてきました。けど、その時々で、子どもや保護者との信頼関係は築けていたと思っています。むしろ、あだ名の時の方が、距離感が近かったですよ

「あだ名でないといけないとまでは思わない。逆に〇〇先生でないといけないとも思っていない。」

所長

呼び方がどうよりも、子どもと指導員の「関係性」が大切なんです

「先生」と呼ばれるから、子どもから「信頼」されるわけではない。子どもから「あだ名」で呼ばれているから「軽んじられている」とは限らない。呼び方よりも、子どもとの信頼関係を大切にしましょう、という理屈です。

所長は、こんなことも言っています。

所長

僕の経験では、保護者が指導員の呼び方でクレームを言ってくる時は、子どもと指導員の関係に問題がある場合です。呼び方を「先生」に改めたところで問題は解決しません。

所長

僕が尊敬している「偉大な指導員」の皆さんの中には、子どもたちや保護者から、「あだ名」で呼ばれている人がたくさんいるんだよ

こちらもCHECK

新人指導員の皆さんへ あなたの「違和感」を大切にしてください【がってん学童メンバーより】

続きを見る

「呼び捨て」はいいのか?

では、子どもが指導員のことを「呼び捨て」にするのはどうでしょうか。

指導員

絶対だめです!

所長

苗字の呼び捨ては✖だけど、名前の呼び捨ては、あだ名と一緒だから〇!

ここでも意見が分かれています。所長の言い分によると、山田たけし(たけし先生の名前)の場合、「山田」はダメで「たけし」はOKになります。と言いながら、昔は所長も苗字で呼び捨てにされてたんじゃないですか・・・。

こうなると、所長がどこでどう線引きをしているのかもはや私にはわかりません。

学童保育は「第三の世界」だから・・・?

ところで、指導員の呼び方、そして子どもとの「関係性」の話になる時に、所長がよく引き合いに出してくる一冊の本があります。

『障害児が育つ放課後 学童保育は発達保障と和みの場所』白石正久著(かもがわ出版)

所長

この本の中に、こんな文章があるんです

「同じ目の高さ」

大切なことは、学童保育での人間関係、とくに指導員との関係に、教育的意図を感じさせないということです。(中略)だからこそ、子どもは学校以外の場で、教師の教育的意図から解放されて、自分の願いで「こうありたい自分」を実現しようとするのでしょう。(中略)つまり、「同じ目の高さ」で向き合うことに、「第三の世界」を特徴づける意味があるのです。

それは、学童保育や作業所の指導員が、「こうなってほしい」「こう育ってほしい」という青年や子どもへの願いや、指導の「めあて」をもつ必要がないということではありません。むしろ、そういった教育的意図を潜ませて、彼らと同じ「目の高さ」に下りていくという、ある意味、高度な指導技術を持つということです

『障害児が育つ放課後 学童保育は発達保障と和みの場所』白石正久著(かもがわ出版)より抜粋

指導員

この本は私も持っています。良いことがたくさん書いてありますよね

「学童保育」は放課後の自由な時間で、「家庭」でも「学校」でもない、子どもたちにとって「第三の世界」なんだ。その中で、指導員は、「親」や「教師」とは違う距離感で、子どもたちの生活を支援していくんだ。

所長は、「先生」と子どもに呼ばせることよりも、「あだ名」で子どもとの親密な距離感の中でこそ、学童保育ならではのかかわりができる、ということが言いたいんです。

所長

それになんてったって、学童は「遊び」を中心とした生活なんだからさ!

指導員

けど、それって「〇〇先生」と呼ばれていたらできないことなんでしょうか?

所長

できないことはないね

指導員

じゃ、いいですよね、〇〇先生で

所長

いいけど、あだ名でもいいよね

こちらもCHECK

「がってん学童の宿題論争」前編【学童保育の宿題の悩みについて】

続きを見る

論争の結果・・・

指導員

はっきり言って、所長の考えは時代遅れです

所長が歩んできた学童人生は、古き良き時代だったんです。けど、今は、保護者の考えも学童保育に求められるものも変わっているんです。目を覚ましてください!

所長

指導員は呼ばれ方じゃない、中身なんだよ。りえ先生は髪型でその人の中身を判断するの?

指導員

中身まではわかりませんが、髪型でその人の印象は決まります。

いいですか、所長。

短髪の爽やかなヘアスタイルが「〇〇先生」って呼ばれ方。「この人ちゃんとした人なんだ」って安心感があるでしょ。

茶髪のロン毛は、「あだ名」。「ちょっと心配かな?」って、見ている人を不安にさせます。

過激なモヒカンは「呼び捨て」。「だいぶ心配」になりますよね。

もちろん見た目で中身はわからないです。短髪で爽やかだから中身がしっかりしているとは限らない。モヒカンでも真面目で心の優しい人はいるでしょう。

けど、世間一般からしたら、やっぱり見た目で判断されることは多いですよね。

所長は職員面接にモヒカンの若者が来たら採用しますか?

所長

中身が良かったら採用するね!

指導員

絶対採用しないくせに!

所長

学校の先生は爽やかな短髪なんだよ。指導員まで爽やかな短髪になったら息苦しいよ

指導員

みんなモヒカンの方が息苦しいわ!私は爽やかな方がいい!

・・・というように、結局「指導員の呼ばれ方」の議論に結論がでることはなく、この問題は「継続審議」ということになりました。

子どもとの信頼関係が大切だってことは、私ももちろん同意していることなので、そのことを優先にして、事あるごとに指導員の呼び方については議論していこう、ということになっています。

現状⇒子どもと指導員の合意で「呼び方」が決まっている

結果として、指導員側としては、「できれば先生って呼んでよね」と思っているんだけれど、実際どう呼ぶかは「子どもに任せましょう」というスタンスとなっている次第です。だから、がってん学童では、様々な呼び方が混在しているんですね。

もちろん、指導員がそんな呼び方はやめてほしいと思う場合は、子どもたちに、「自分は〇〇と呼んで欲しいんだけど」と、はっきりと言います。子どもと指導員の合意によって、呼び方が決まっているんです。

つまり、

子ども

たけし、遊ぼうよ~!

とか、

高学年

じっちゃん、宿題教えてよ

って、子どもが呼んだとして、その呼び方で指導員が納得している場合、私たちが、

指導員

「たけし」や「じっちゃん」じゃなくて、たけし先生、仮田先生って呼ぼうね

ということは、あんまり言わないことになっているんです。

もちろん、あきらかに馬鹿にしたような呼び方を子どもがした時には、指導員が「それって呼ばれた人がどんな気持ちになると思う?」と注意することはあります。

また、子どもから指導員の呼び方が荒れるような時は、呼び方そのものよりも、子どもたちと指導員の関係に着目して、何が課題になっているのか、どうすればよいのかを指導員みんなで考えます

こちらもCHECK

がってん学童の「おやつ論争」前編【トイレに学童保育のおやつが捨てられていた?】

続きを見る

さいごに・・・

いかがだったでしょうか。

今回は(も)結論がないような話になってしまいましたが、がってん学童の「指導員の呼ばれ方の問題」から、皆さんがそれぞれに考えを深めていただけたら、この記事も無駄ではないと思います。

呼び方が大事か、子どもとの信頼関係が大事かって、「卵が先か鶏が先か」みたいな話ですよね。

指導員

ところで、新人指導員のたけし先生はどう思っているの?

最近は1年生からも「たけし」って呼ばれたり、こないだは1年生の保護者からも呼び捨てにされていたようだけど。

指導員

おいらは、今は「たけし」で馴染んでるんで、そのままでいいっす。「先生」って呼ばれるのもなんだか恥ずいっすわ~

所長

「恥ずいっすわ~」ってのはちょっといただけないね。もっと指導員としての確固たる信念を持って「たけし」って呼ばれないと

指導員

「たけし」は「モヒカン」なのよ・・・。よっぽどの信頼関係を築かないと、棘の道を歩むことになるわよ

なんだかんだ言って、この時は、私たち呑気に構えていたんだと思います。

1年生の保護者から、指導員の呼び方に関するクレームが入るなんて思ってもみなかったんですから・・・。

スポンサーリンク

-悩み

© 2022 GATTEN!GAKUDO