" />

保護者 悩み

【学童保育】「ギャングエイジ」と呼ばれる子どもたち

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


学童保育指導員の皆さん、「がってん!学童」に立ち寄っていただきありがとうございます!

このブログでは、学童保育を愛し、学童現場で苦労する皆さんに向けて様々な情報を発信しています。

所長

放課後児童クラブの「ク」は苦労の「苦」、「ラブ」は愛の「LOVE」。放課後児童クラブは、愛と苦労でできているんです!

私自身も、現役の放課後支援員として、日々学童の現場で子ども達と関わっています。

このブログに足を運んでくださっている皆さんは、どの地域の学童保育で、どんな子ども達とかかわっている人たちかな~?と思いをはせながら、今日も記事をお届けしています。

さて、今日は、「ギャングエイジ」についての記事となります。

指導員や保護者が、毎日手を焼かされている子どもたちは、ひょっとしてギャングエイジなのかもしれません。そして、ギャングエイジの子ども達が豊かな学童期を過ごして成長していくためには、大人が注意したい、「かかわりのポイント」があります。

詳しくは以下にご説明していきます。

この記事でわかること

  • ギャングエイジとは?
  • 学童保育現場でのギャングエイジ
  • ギャングエイジとかかわるポイント
  • 仲間意識の強さを活かす
  • ルールを一緒に考える
  • 9歳~10歳の発達時期のその他の特徴
  • さいごに・・・

こちらもCHECK

【学童保育】なんでそんなにややこしいの?高学年の対応が難しすぎる

続きを見る

ギャングエイジとは?

所長

ギャングエイジって言ったら、子どもの発達時期の一つだね。

指導員

ギャ、ギャング?ってこんなやつらっすよね??

所長

う~ん、やっぱそのイメージが強いよね。

「ギャングエイジ」と聞くと、どうしても「不良」「荒くれ者」といった印象ををぬぐい切れないのですが、れっきとした子どもの発達過程です。

ギャングエイジ

9歳から10歳ごろ(3~4年生くらい)に見られる発達的特徴。日本語では「徒党時代」と訳される。

ギャングエイジの子ども達は、以下のような行動を示す。

  • 6~7人くらいの同性の仲間集団(ギャンググループ)を作って遊ぶ
  • 仲間集団の中には、リーダーやフォロワーなどの役割分担がある
  • 大人が決めたルールより、自分たちで決めたルール(掟)に従って行動する
  • 仲間意識が非常に強くなる一方で、仲間以外を排除しようとすることがある(閉鎖的・排他的)

平たく言えば、子ども達が仲間とつるんで遊ぶようになるんですね。

低学年時代のふわふわとした子ども同士のつながりと比べて、仲間同士の結束が強まり、色々な遊びを楽しむようになります。そして、大人の言うことよりも、仲間のルールを重視します。

秘密基地を作ったり、その中で「掟」や「合言葉」を作って遊んだり、中には、高いところから飛び降りるような危険な遊びを一緒にすることで、お互いの仲間意識を試したりすることもあります。

とかく否定的なイメージがつきまとうギャングエイジですが、この時期の仲間との遊びを通して、「親友」や「友情」「絆」など、人と人とのつながりの大切な概念を理解するようになる時期でもあるのです。

 

所長

豊かなギャングエイジを過ごすことは、その子どもの人生にとって、大きな財産となるんですね。

学童保育現場でのギャングエイジ

学童では、「ギャングエイジ」の子ども達は、どんな姿を見せているのでしょうか。

ギャングエイジの学童保育での姿

  • 指導員への反抗が強くなる
  • 少人数の仲良しグループを作って行動する
  • 学童に来る途中で寄り道をするなど、グループでルール破りをする
  • 指導員から隠れて遊ぶ
  • 仲間外れをする。仲間内でも、人間関係に悩む子どもがでる

3年生頃になると、女子のグループが複数できて、「グループに寄せてもらえない」と悩む子がでてきたり、グループの中でも、「権力のあるリーダーと従属的なフォロワーの関係」などによる悩みがでたりするのも、特徴的なケースです。

ギャングエイジは、指導員の言う事よりも、仲間関係を重要視するため、指導員が間に入って、一方的に問題を解決したり、グループを分断したりすることで、問題がさらにこじれたりすることがあるので注意が必要です。

指導員には、子ども達の仲間関係を見守り、子ども達がギャングエイジの中で成長していけるように援助していくことが求められます。

所長

子どもの仲間関係を尊重して、その成長を見守るような我慢強さが大人に求められます。

ギャングエイジとかかわるポイント

ギャングエイジの子ども達が、学童で仲間と豊かに過ごしてていくためには、指導員がギャングエイジを認め、その時期の子どもの特徴的な姿や行動を理解しながらかかわっていくことが必要です。

所長

ポイントは以下の2点です!

ギャングエイジのかかわりのポイント

  • ギャングエイジは仲間意識が強い
  • ギャングエイジは自分たちのルールに従う

仲間意識の強さを活かす

ギャングエイジの子ども達にとっては、何より仲間とのつながりが重要です。時には束になって指導員に反発したり、仲間以外の子どもを排除しようとしますが、子どもの仲間関係を認めながら、我慢強くかかわっていきます。

子ども同士のトラブルは、指導員が前面に出て解決するのではなく、子ども同士で解決できるように援助していきます。仲間の様々な問題を、子どもが自分たちの力で乗り越えられるように見守っていくのです。

仲間集団の中で、子ども達は、「親友」や「友情」という概念を理解することができるようになったり、グループ内のいざこざやぶつかりを経験しながら、約束を守ることの大切さや、仲間を思いやることを学んでいきます。

また、ギャングエイジの子ども達は、集団の中で自分の役割を理解したり、大人の力を借りずに自分たちの力でやってみたい、という気持ちを持つようになります。

所長

この思いを学童保育の様々な場面で活かすと子どもは大きな力を発揮します。

がってん学童保育所では、3年生はサブリーダーとして、班編成を自分たちでしたり、夏にはキャンプファイヤーの「分火の儀式」を担当します。冬には3年生だけでスキー合宿も行います。これらの学年取り組みは、この時期の子ども達の、「自分たちの力でやってみたい」「役割を担当したい」「でっかいことやちょっと難しいことに挑戦したい」という意欲を大切にしながら行っています。

もちろん、そんな中でも、仲間内でのトラブルは起こるのですが・・・。

ギャングエイジの子どもたちが持っている、エネルギーを、いい方向で思いっきりぶつけられる「何か」を作り、仲間意識の強さで成功させて、達成感を味わえるような体験を学童保育で保証していくことが大切だと思います。

学童のルールを一緒に考える

1・2年生の頃は、指導員が決めたルールを素直に守ってきたのが、ギャングエイジになると、一方的に指導員からルールを押し付けられることを拒んだり反発するようになります。子ども達は、大人が決めたルールより、仲間内のルールを重視するのです。

指導員が、大人としての権力を行使して以下のように子どもに迫ったら・・・

指導員

ルールを守るのは当たり前でしょ!!

高学年

うっせぇくそばばぁ!

などと言われてしまうこともあります。

自分たちのルール(掟)に従うという特徴は、自分たちで学童のルールを考える力を持っているということでもあります。

指導員

ルールが守れないなら、自分たちで守れるルールを考えてみてよ。

高学年

めんどくさいけどやってみるわ・・・。

というように、子どもが学童のルールを守らないような時は、指導員自身もそのルールを見直し子どもと一緒にルールを作り出す活動を行うことが有効です。ルールを作る過程に子どもを参画させるのです。

所長

自分たちでルールを考え、そのルールを守るという活動は、子ども集団の自立につながっていきます。

9歳から10歳の発達時期のその他の特徴

ギャングエイジを受け止めて、豊かな放課後の生活を過ごせるようになるためにも、この時期の子どもの生活や成長について、もう少し理解を深めておきたいと思います。

9歳から10歳(3~4年生)にかけては、小学校では授業時数が増え、「社会」や「理科」などの科目が加わったり、算数では、少数や分数の計算や、余りのある割り算などが入ってきます。その中で、学力の個人差が大きくなり、授業についていけない子どもが増えてきます

また、子どもが内面的に発達する過程で、自分の良い面だけでなく、嫌な面を意識するようになります。その結果、9歳から12歳にかけては、自己肯定感が低下することが明らかになっています。

所長

そんな背景や微妙な胸の内も、ギャングエイジの子どもとかかわるうえでは知っておいて欲しいです。

さいごに・・・

いかがだったでしょうか。

3年生頃から現れる、ギャングエイジは、一見するとややこしかったり、対応に困る行動が見られます。

しかし、ギャングエイジを否定的にとらえるのではなく、肯定的にとらえることができると、子ども達は貴重な経験を学童で積み重ねて大きく成長していくことができるのです。

そして、その力は、高学年の生活の中でさらに発揮され、中学校生活へとつながっていくことができます。

 

所長

子どもの6年間の成長の中で、ギャングエイジは、低学年的かかわりから子ども達が自立していくちょうど節目となるんですね。

<参考文献>

『テキスト「学童保育士・基礎」カリキュラム』一般社団法人日本学童保育士協会・特定非営利活動法人 学童保育協会 編

『学童保育実践入門~かかわりとふり返りを深める~』中山芳一著 かもがわ出版 

スポンサーリンク

-保護者, 悩み
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO