" />

学び

【学童保育】子ども理解とかかわりを深めよう「2秒間の我慢?子どもの行動の背景を考えるということ」

スポンサーリンク

障害や発達特性のある子どもは、結果としての「行動・言動」と、背景としてのその子の「思い」が必ずしも一致せず、ずれてしまうことにより困り感を募らせる傾向があります。私たち支援者には、子どもの行動だけでなく背景を理解しようとする姿勢が必要です。

新着記事

2022/11/29

【学童保育】ケンカの時に手が出たら止める?止めない?

子ども同士が取っ組み合いをした時の対応をめぐって、指導員の考えの違いが浮き彫りになりました。ケンカが始まったらすぐに止めるのか、それとも見守るのか?お互いの意見を出し合う中で、ケンカの対応について考えを深めていく職員の姿を書きました。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいない ...

ReadMore

2022/11/23

【学童保育】コピペで使える12月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

12月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 12月のおたより冒頭のあいさつ文例2 12月号のおたよりで伝えたい内容3 12月号のおたよりで伝えた ...

ReadMore

2022/11/18

利用児童が骨折した時、保護者にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え③」

今回は、保護者から、児童が骨折したことを告げられた時、職員としてどのような言葉がけをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保 ...

ReadMore

2022/11/14

【学童保育】勉強嫌いの学童っ子が猛勉強して夢をかなえた話

子どもたちの日々のドラマは、ハラハラ、ヒヤヒヤの連続です。時にはイライラしてもう我慢ならん!と思ったり、この子の人生いったいどうなんねん・・・と心配になることもあるかもしれません。 けど、今はそのままで大丈夫なのかもしれません。子どもたちは、いずれ、自分の目標を見つけた時、大人がびっくりするような力を発揮するのです。 そのことを、自分の人生を通して私に教えてくれた、一人の学童っ子がいます。その少年「K」が、久しぶりに私の家にやってきた時には、30歳の立派な大人になっていました。 新着記事 学童保育指導員に ...

ReadMore

2022/11/10

【学童保育】各学年で大切にしたい育成支援の目標「職場で話し合ってみよう」

小学校1年生から6年生までが過ごす、異年齢集団の学童保育。「各学年で大切にしたいことを明確にしながら育成支援を行うことについて考えてみよう」が今回のテーマです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ   各学年の支援目標って必要? こんにちは、がってん学童所長です。 今日のテーマは「学童保育で子ども達の育成支援を行う上で、各学年 ...

ReadMore

2022/11/7

利用者や職員の身内に不幸があった時にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え②」

長く学童保育の仕事をしていると、様々なことを経験します。 今回は、利用児童の保護者から、親戚が亡くなられたことを伝えられた時、職員としてどのような言葉がけや振る舞いをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時保護者が事故に遭った時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 ...

ReadMore

2022/11/6

【学童保育】保護者から新型コロナ感染の連絡を受けた時の対応「信頼と安心を育むとっさの受け答え①」

保護者 娘が新型コロナウィルスに感染していることがわかりまして・・・ 保護者から施設に、このような電話があった時、皆さんはどのように応えますか? 指導員 そうなんですね。お大事になさってください。 一般的には、このような対応かと思います。 しかし、子どもの健康と安全を守り、保護者が安心してして我が子を預けられるように、信頼関係を築いていく学童保育のような施設では、これだけの対応では100点満点中、20点の残念な対応と言えます。 今回の記事では、新型コロナ感染や身内の不幸、保護者が事故に遭ったなど、一般的な ...

ReadMore

2022/10/31

【学童保育】子ども理解とかかわりを深めよう「2秒間の我慢?子どもの行動の背景を考えるということ」

障害や発達特性のある子どもは、結果としての「行動・言動」と、背景としてのその子の「思い」が必ずしも一致せず、ずれてしまうことにより困り感を募らせる傾向があります。私たち支援者には、子どもの行動だけでなく背景を理解しようとする姿勢が必要です。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は3分で読めます。 所長 こんにちは、がっ ...

ReadMore

2022/10/26

【学童保育】「子どもの身体にあざが・・・」児童虐待の疑いがある時に職員がとるべき正しい行動は?(保育士試験出題より)

今回の記事は、保育士試験の出題をもとに、児童虐待の疑いがあった時の職員の行動について確認したいと思います。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は5分で読めます。 所長 こんにちは、がってん学童所長です。 今回は、2019年度の保育士試験の、児童虐待に関する出題内容を、ストーリーとしてまとめました。 後に続く5つの対応 ...

ReadMore

2022/11/23

【学童保育】コピペで使える11月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

11月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 11月のおたより冒頭のあいさつ文例2 11月号のおたよりで伝えたい内容2.1 11月3日は「文化の日 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


この記事は3分で読めます。

所長

こんにちは、がってん学童所長です。

先日、第57回全国学童保育研究集会(全国研)が開催されました。

指導員

とても勉強になりました。

指導員

報告者はマジ緊張しました。

※たけし先生は、以前の記事の中で、全国研の報告者をするという設定でした。詳しくはこちら。(フィクションです)

今回は、私が全国研で学んだ内容のエッセンスをストーリー化して、読者の皆さんとシェアしたいと思います。

学童保育に関する質の高い学びが得られる全国研は本当におススメです。今年受講できなかった方は、来年ぜひ参加してみてくださいね!!

友達のレゴを壊してしまう1年生のジローくんのこと

※以下の内容は、実際の講義で扱われたエピソード等ではありません。

1年生のジロー君は、レゴブロックで遊ぶのが大好きです。

だけど、レゴの取り合いで他の子とトラブルになることが多いです。

ゆずりあったり、分け合ったりすることが苦手なんです。

今日も、

てっちゃん

ジローがおれのレゴ壊しよった~!!

って、3年生のてっちゃんが、カンカンになって僕のところに来たんです。

指導員

ジローくん、またやっちまったか~

これまでも何度もあったのですが、ジローくん、レゴで遊んでいて、友達とぶつかったり、自分の思い通りにいかないことがあると、相手の子どもが作ったレゴの作品をぶんどって、えい!って投げて壊しちゃうんです。

やられた方は、それは腹が立つだろうと思います。

これまでもその都度、ジロー君と話をして、ジロー君の気持ちに寄り添ったり、気持ちを言葉にして相手に伝えたり、投げたことについてはジロー君を注意したり、一緒に相手の子に謝ったり、そんな支援を積み重ねてきたのですが、ジロー君の行動には変化が見られません。

僕は、ジロー君に、いつものように話をしました。

指導員

ジロー君、何があったの?

てつおがむかつくんじゃ!

ジロー君の2秒間の思い??

指導員

なんでむかついたの?

てつおがおれのレゴとったんや!

てっちゃん

あのレゴはおれのだ!

これ、完全にいつものパターンです。

指導員

ま、まぁ、みんなのレゴだし・・・。

投げるのはよくないよね・・・。

おれはわるくないわ!

てつおがわるいんじゃ!

その時のことでした。同じ部屋にいた高学年のみさとちゃんがが僕に教えてくれたんです。

ジロー、投げようとして、2秒ぐらい我慢してたよ!

指導員

え?

僕は、みさとちゃんが言ってくれたことを考えました。

じろう君の2秒間の我慢の意味を・・・。

指導員の打ち合わせで・・・

翌日の打ち合わせで、僕は先輩指導員たちに、その時の様子を報告しました。

指導員

・・・ってことがあったんです。

指導員

みさと、よく見てたわね~。

所長

それって、ジロー君の成長じゃないか!?

これまでは、レゴをうばいとった瞬間、衝動的に投げつけて壊してしまっていたジロー君だったんです。

僕たちは、ジロー君の行動について、話し合いました。

てっちゃんのレゴブロックの作品を、結局は投げてしまったジロー君だけど、その前には、「投げたい」思いと「投げてはいけない」という思いの葛藤があったんじゃないかって

それが2秒間の意味なんだって。

子どもの行動や言動に僕たちは反応しがちだけど、その背景には、その子なりの思いや、その子が抱える困難がある。

その子の行動と思いが一致しないこともあるんだと思うんです

特に、発達障害や発達特性がある子どもは、表面的な行動をとえらえた指導だけでは、ますます困り感を募らせる結果になってしまうことがある、ということを僕たちは話し合いました。

指導員

ジロー君の頑張りを、ちゃんと認めてあげたかった・・・。

もちろん、レゴを投げたことは投げたこととして注意はするとしても、僕が、ジロー君の2秒間の我慢(それはジロー君にとっての頑張りだったと思う)に気付いて、とっさに、「我慢していたの知っているよ」って声をかけてあげられていたら・・・。

指導員

ジロー君の2秒間の頑張りが、次は5秒間になっていたかもしれなかった。

その場にいなかったから、それは難しいことだったんだけど、僕は、ジロー君の成長にとっての大切なチャンスを無駄にしてしまったような、反省の思いでいっぱいになりました。

行動と背景を氷山に例えたら

もっと子どもが成長できるかかわりができる指導員を目指して、僕も成長したいと思った。

そんな僕に、所長が教えてくれました。

所長

子どもの行動と背景は「氷山」みたいなものなんだよ。

指導員

氷山?北極の?

所長が言うには、次の図みたいに、目に見える子どもの行動や言動は、目に見えないもっと大きな「背景」の結果なんだって。

イラスト by いらすとや

結果だけを見たら、問題行動であったり、トラブルであったりする時にも、子どもの行動には常に背景があって、そんな背景を考えてみようと思う指導員の姿勢がとても大事なんだそうです。

それは、みんなのレゴブロックを

おれのレゴなんや!

とジロー君が思ってしまう背景は何だろうと、考えてみることや、

いつもイライラしている高学年のみさとちゃんが、

本当むかつく!

って、学校での生活で様々なストレスを抱えていることであったり、夕方になって

あ~お腹減った・・・

って、実はてっちゃんが思っていることだったりもするかもしれない。

子どもの行動には、すべて背景がある。そんな子どもたちの目に見えない思いにも気づける自分でありたいと思いました。

さいごに(氷山モデル)

所長

実は、さっきの氷山のイラストの通り、子どもの行動や言動の背景を考察するための「氷山モデル」という理論があるよ。

指導員

氷山モデル?

気になる人は、「氷山モデル」でググってみてください。

「氷山モデル」については、この記事では詳しく述べることはできませんが、今日の学びとしては、「子どもの行動や言動には、常に背景がある」ということと、そんな子どもの背景を理解しようとする指導員の姿勢が大切、ということでした。

明日からの、子どもとのかかわりに役立てていただけると幸いです。

指導員

僕は、もっともっと成長して、子どもにとってより良い指導員を目指したいです!

これからも、がってん学童とたけし先生のこと、応援してもらえると嬉しいです。

(おしまい)

-学び
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO