" />

保護者 生活作り

「がってん学童の宿題論争」後編【学童保育の宿題の悩みについて】

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


今回のお話は、続編です。まだ前編を見ていない方はこちらから。

こちらもCHECK

「がってん学童の宿題論争」中編【学童保育の宿題の悩みについて】

続きを見る

がってん学童保育所の指導員、たけしです。

あっという間に、おいらの懇談会デビューの日がやってきました。

あれからずっと、学童の子ども達や宿題のことばかり考えて、グルグルしたりしながら、何とか準備を進めてきました。

所長

たけし先生らしい、良い内容に仕上がっているよ

練習通りやれば大丈夫だから、自信もってね!

所長はそう言うけれど、親に話すとなると、やっぱり緊張する・・・。

所長

途中で、もう駄目だと思ったら、こうやって横を見ながらウインクをしてサインを送ってね

フォローするから

指導員

は、はい・・・

そうして、懇談会が始まり、ついにおいらの出番がやってきた。

指導員

・・・それでは次は、指導員の山田より、宿題に関する保護者の皆さんへのお願いです

進行役の先輩が、小さな声で「がんばって!」と言ったけど、おいらは何かを言い返す余裕もなかった。


指導員

こ、こんばんは、し、しどういんのやまだです

今日は、保護者の皆さんといっしょに、子ども達の宿題のことを考えたくて、話をします。

ところで、み、みなさんわ、ぱ、ぱんはすきですか??

放課後のパンの中には子どもたちの成長に大切な栄養がいっぱいつまってる。

そのパンを、宿題の神と遊びの神が奪い合って大変なことになってます!

保護者

・・・

指導員

す、すいません

ちょっとわかりにくかったっすね・・・

・・・放課後劇場の舞台で、遊びの神と宿題の神がダンスを踊ってるんです。

ところが、その舞台が、ステージが、ずいぶん小さくなってしまって・・・どっちかしかダンスできないみたいな状況です。

この問題をかいけつしたいと思いませんか?

保護者

・・・?

指導員

ぼ、ぼくは、学童で子ども達と過ごしていて、宿題のことで、いろいろ考えることがあって・・・

夢の中でも考えていました。

夢の中に宿題の神様と遊びの神様が出てきて、その神様は学童の子どもにそっくりでした。

二人はけんかしていたので、仲良くしてほしいと思った。

指導員だから、子ども達には仲良くしてほしいです。

保護者

(夢の中まで子どもとかかわってんのね・・・)

こちらもCHECK

【学童保育】ミッション・保護者懇談会を成功させよ!

続きを見る

指導員

が、がってん学童では、宿題は、子ども達のじしゅせいに任せています

帰ってきて、宿題をやる子もいるし、やらない子もいます。

1年生には、できるだけ、帰ったら宿題をやるように声をかけています。

家に帰ったら、疲れて寝ちゃう子もいるので。

それでも、1年生の中には、声をかけても宿題をやらない子もいます。

そんな時は、無理に何がなんでも宿題をやりなさい!っていうのはやめています。

なんでかって言うと、子どもは学校で一生懸命勉強をがんばって、ただいまい~って学童に帰ってくるんです。

学童でやりたいことをやろうって、わくわくして帰ってくるんです。

その気持ちを大切にしたいからです。

あったかく迎えてあげたい。

やりたい遊びを思いっきりやって、学童のことを好きになってほしいしいです。

指導員

けど、それでいのかな?って悩む気持ちもあります

学童で宿題をやらない子どもは、家で宿題をやります。

お母さんやお父さんは、子どもが家に帰ってきたら、「宿題はもうやったの?」って聞かないといけなくなります。

「まだやってないの?」

「はやくやりなさい」って言わないといけなくなります。

お母さんやお父さんだって、子ども達をあったかく迎えたと思っているけど、それができないようになってしまう。

そこは、ぼくとしては考えないといけないと思っています。

ほんとは学童で、宿題もやって、たっぷり遊べたら一番いいんだけど・・・。最初の話に戻るけど、放課後の舞台は短いんです。だからみんな困ってる。

宿題がどうとか遊びがどうとかで困ってる問題のおおもとは、放課後の舞台が短いことかもしれない。その問題を一緒に保護者の皆さんにも考えてもらえたらと思います。

それで、だったらどうしたらいいのか?

どう考えたらいいのか?っていうのがこっからの話です。

宿題は「やらなくてはいけないこと」の代表選手です。遊びは「やりたいこと」の代表選手です。

指導員

保護者の皆さんは、どっちが大事だと思いますか?

人生の中では、「やるべきこと」っていつもあります。

生きていくためのお金をかせぐ「仕事」とか、毎日の家族の料理とか、掃除や洗濯とかお皿洗いとかトイレ掃除とかの家事とか、それこそ「やるべきことは」山のようにあります。

けど、それだけでは人間は生きていけないと思うんです。幸せになれないと思うんです。

僕は、生きていくためには「やりたいこと」があるってことが大事だと思います。

指導員

ここにいる、保護者のみなさんもきっとそのことはよくわかっていると思います

家に帰って、ビールを一杯飲んだりとか、好きなマンガやドラマを見たり、旅行に言ったりキャンプに行ったり、友達と会ったり、ぼーっとしたり・・・。

ぼくが尊敬する友達なんかは、「やりたいこと」をいっぱい持っていて、いっぱいやっている人たちです。

そんな友達を見ていると、豊かなで幸せな人生だな~、ぼくもそうなりたいな~って思います。

で、話は子どもたちの放課後に戻ります。

宿題はやるべきことで、遊びはやりたいことです。

どっちが大事なのかって言われたら、どっちも大事です。

指導員

僕は、子ども達に、やるべきこともちゃんとやって、やりたいことがいっぱいあふれる人生を歩んでほしいです

だから、子ども達にはどっちも大切にしてほしい。けど、それは大人でも難しいことです。

子どもは上手にできません。子どもは今、放課後の時間の中で、やるべきことをしっかりやってやりたいこともいっぱいやる

練習をしているんです。

うまくできない日もあります。

だから、やるべきことができていなくても、やりたいことをやってきた日は、ほめてあげてほしい。

子どもが家に帰ってきたら、「宿題をちゃんとやってきた?」ってきくことも大事かもしれないけど、それと一緒に「やりたいことをやってきた?」ってきいてあげてほしい。

子どもが放課後の中で、やりたいことをちゃんとやってるかどうかを見てあげて欲しい。

それが僕からお父さん・お母さんへのお願いです。

指導員

もひとつ、たとえ話ですが、サッカーのリフティングって知ってますか?

自分でポンポンとボールを落とさないように蹴り続ける技です

宿題っていうのは、リフティングです。個人練習です。

けど、リフティングだけしていても、サッカーの試合では通用しません。

僕はサッカーをしていて、そのことをいつも言われました。

試合で通用するためには、仲間にパスをしたり、チームでコミュニケーションをしたり、ぶつかったり、協力したり、そんな練習が絶対必要です。

何が言いたいかと言うと、

放課後の中で、学童で、子ども達は仲間と遊んだり協力したり、社会という試合に出るための練習をしています。

とても大事な経験です。それは宿題をやっているだけでは身に付かない。

だけど、残念なことに、今、子ども達の中には、宿題をやるために、誕生日会がめんどくさいとか、掃除がしたくないとか言う子がいます。

それで、「だから学童はいやなんだ!」って言ったりする子がいます。

指導員

僕は、子ども達には、仲間のことを一生懸命できる人になってほしいです

だから、子ども達が、みんなのことをすすんでやれるように、取り組みを工夫していくのが、僕の役割だと思っています。

これは、所長の受け売りですが、「子どもは子どもの中で育つ」これは、僕は学童の指導員になっていつも感じていることです。

そんな経験ができる放課後の時間を大切に思っています。

こちらもCHECK

がってん学童の「おやつ論争」後編【学童保育のおやつアンケートの結果発表】

続きを見る

それで、さっきの話ですが、子どもが家に帰えって来た時に、「宿題はやってきたか?」と一緒に「やりたいことはやってきたか?」を見てあげてほしいんだけど、「仲間のために何をやってきたか?」ってことを、親として大事に見てもらえると嬉しいです。

家の中でも、宿題やゲームをやるだけではなくて、家族のために子どもがやることを、大事にしてほしいです。

僕は、独身ですが、親になったら、子どもには成長してほしいと思うし、子ども達に幸せになってほしいと思う。

そんな気持ちが、目に見える「宿題」には、ギュッと集まってしまうんじゃないかと思うんです。

けど、同じように子どもの成長や幸せに大切なことで、目に見えないこともたくさんあると思います。

それを、もっともっと保護者の皆さんに感じてもらえるように、僕は頑張っていきたいと思います

指導員

僕からの話は以上です

指導員

それでは、この後は、グループに分かれて、保護者の皆さんで意見交流を行います・・・

その後の保護者交流では、色んな親の意見が出ました。

やっぱり学童で宿題をやってきてほしい」とか「家での宿題の大変な様子」とか・・・

おいらはちょっとほっとしました。

がってん学童が、親にとっても、自分の意見を言える、本音が出せる場になってると思えたんです。

おいらは、おいらの気持ちを伝えることができました。

そして、親は親としの気持ちを話す。お互いの意見を出し合って、子どものために一緒に考えていく、これが学童の良さなんだ。

宿題って永遠のテーマなのかもしれない。

けど、その話の中では、子どもの成長や幸せを真ん中において話していけたらって、おいらは思います。

ちょっとえらそうだけど・・・


懇談会終了後
所長

たけし先生、お疲れだったね!

指導員

お疲れさま!

指導員

はい!めっさ疲れたっす!

先輩と所長もお疲れさんでした~!


保護者

懇談会、なかなか良かったね

保護者

宿題の話は、親としても考えさせられたな

最初は何言ってるのかわからなかったけど・・・

保護者

「たけし」って感じだったね~、くくく・・・

こちらもCHECK

【学童保育保護者】1年生の息子と上級生のトラブルについて(前編)

続きを見る


その夜、おいらは夢を見ました。

夢の中のお話

うふふふ、あははは・・・

指導員

だれ?

宿題の神

よかったわよ

遊びの神

なかなかよかったぜ

指導員

おー!宿題の神と遊びの神よ!!

宿題の神

あなたらしく言えてたわ

遊びの神

自分の言葉で言ってたね

指導員

そ、そうかな・・・

宿題の神

まだまだ勉強が足りないけど

遊びの神

遊び心も足りてないけど

指導員

あら~

宿題の神

いっぱい悩んでいっぱい考えて

遊びの神

いっぱい遊んでいっぱい発信して

指導員

は、はい!

遊びの神

最後に言っとくけど

幸せのためとか、人生のためとか、何かのために子どもは遊ぶんじゃない

指導員

へ?、どういうこと?

宿題の神

そこは自分で考えないと

あなたへの宿題よ

そう言い残して、2人は神々の国へ帰って行った・・・

エピローグ 数日後・・・

今日もてっちゃんが、かっけーに、けんだまを教えていました。

子ども

とめけんは、最初に玉をぴったりとめるのが大事なんだ

子ども

難しいよ・・・

おいらは、二人の様子をそばでずっと見守っていました。

指導員

も、もうすこし・・・

おやつの後も二人で一生懸命。そしてついに!

子ども

は、入った~!!

子ども

すごいよ!!

なんと、かっけーがとめけんを成功したんだ!

1年生で成功するんなんて、かっけーもすごいけど、教えたてっちゃんもすごい!

指導員

子どもってすんげー!

ちょうど、その時、かっけーの父ちゃんが学童にお迎えに来たんです。

かっけー、本当に嬉しくて嬉しくて、父ちゃんに報告したんです。

子ども

父ちゃん!ぼく、「とめけん」ができたんだよ!!

保護者

とめけんって、どんな技だったけな?

子ども

ちょっと見ててね!

ほら!

わお!

すごいな~かける!

いっぱい練習したんだね

子ども

うん!てっちゃんに教えてもらったんだ!

保護者

よかったな~かける

ところで、宿題はやったのか?

子ども

・・・え?まだだけど・・・

保護者

しょうがないな~、帰ったら父ちゃんと一緒にやるぞ

子ども

うん!帰る準備するから待っててね~!

おいらは心の中でガッツポーズした。

(完)

こちらもCHECK

スポンサーリンク

-保護者, 生活作り
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO