" />

保護者 高学年

【学童保育】高学年保育の課題と取り組みを解説「高学年保育があなたの学童の命運を握る!」(前編)

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


はじめに

高学年保育があなたの学童の命運を握る」この記事のタイトルは決して大げさではありません。

これは、私がこれまで20年にわたり、学童で高学年の子どもたちと過ごしてきた経験による、率直な感想であり、私の信念です。

  • 何年生まで学童保育を利用しようか迷っている(保護者)
  • 高学年保育にはどんな課題があるのか知りたい(保護者)
  • 高学年は留守番できるのだから学童は必要ないと思っている
  • 高学年が落ち着かないので大変だ
  • 高学年が言うことを聞かない
  • 高学年保育の取り組み内容がわからない
  • 高学年の子どもにとってよりよい生活内容を模索している

これらの問いのいずれか一つでも、あてはまる指導員・保護者の皆さんには、ぜひこの記事を読んでいただきたいと思います。

この記事を書いている人

所長

がってん学童所長です

私は、高学年保育が制度化される2015年以前から、保護者運営の学童保育所で高学年保育に取り組んできました。また、2006年に異動した民営の学童保育所でも、制度に先駆けて高学年保育が実施されていたため、高学年の子どもにとって学童保育がどうあるべきか、悩みつつ試行錯誤を繰り返し実践を積み重ねていきました。

今回の記事は、そんな私や私の仲間の指導員の経験をもとに書いています。


所長

「高学年保育があなたの学童の命運を握る」その分かれ目となるのは、たった一つの事実です

高学年の子どもたちにとって、学童保育が「行きたい場所」になっているかどうか


この記事の目次

  • 高学年保育の幕開け
  • 高学年保育の黎明期
  • 問題となった高学年の子どもたち
  • 新制度開始から6年が経過した今
  • 目指すべき高学年保育とは?

【後編】では、具体的な高学年保育の取り組み内容をお伝えします

  • 高学年保育の目標
  • 高学年保育の年間計画
  • 高学年保育の保護者協力
  • 高学年保育の工夫

こちらもCHECK

【学童保育】なんでそんなにややこしいの?高学年の対応が難しすぎる

続きを見る

高学年保育の幕開け

10年前は、自治体や施設によって違いはあれど、学童保育を利用できるのは、1年生から3年生までの低学年というのが一般的でした。

この頃は、学童保育は、1~3年生までの居場所であり、指導員にとっては、低学年の子どもたちの成長をいかに保障するかが課題でした。

学童保育の生活を通して、仲間とのつながりを深め、生活力を身につけ、学童を卒所した4年生の春から、「子どもたちが自分の力で放課後を過ごせるようになること」が、親と指導員の共通の目標だったんです。

所長

4年生からは、1人で「留守番」できるようになろう!ってことですね。

2015年に、児童福祉法が改正され、学童保育の対象が、6年生までの子どもたちに拡大されました。

高学年保育の正式な幕開けです。

この時、私たち学童保育現場は、一つの難題を突き付けられたことになります。

所長

学童の生活の中で、1年生から6年生までの子どもたちの成長をどう保証していくのか?

高学年保育の黎明期

制度として、学童保育の高学年受け入れが始まりましたが、多くの現場には、受け皿となる「実践=高学年児童を対象とした保育内容」がありませんでした。当時、指導員が持っていたのは、3年生までの子どもたちに向けたた実践内容だったのです・・・。

まず問題となったのは、学童のリーダーをどうするか。

指導員

これまで3年生がリーダーだったんだけど、高学年が学童のリーダーになるの?

じゃぁ、3年生の役割は?

さらには「卒所」の問題。

指導員

3年生年度末の「卒所式」は廃止?

じゃぁ、6年生で卒所式?

指導員にとっても親にとっても、「3年生卒所」というこれまでの目標が煙のように消えてしまったのです。

現場では、「4年生以上をリーダーとして、3年生はサブリーダーと呼びかたを変える」や、「卒所式を修了式と改める」など、様々なアイデアを出し合い、保育内容の改編を試みました。

しかし実際には、高学年が学童に帰ってくる時間は遅く、部活動や委員会活動、習い事などで出席もまばらな実態があり、長期休み以外の放課後の生活ではリーダーシップを発揮することが難しいという現実や、

6年生で「卒所式」を行うとしても、6年生まで残る子どもが何人いるのか?という疑問があり、

そんな矛盾を抱えながら、試行錯誤が繰り返されました。

こちらもCHECK

【学童保育】なんでそんなにややこしいの?高学年の対応が難しすぎる part2

続きを見る

問題となった高学年の子どもたち

次のような子どもたちの姿も問題となりました。

高学年

1年がうぜぇ!

などと乱暴なことを言って、自分勝手な高学年や、

高学年

指導員キモイ!

と、反抗的な高学年。その一方で、

高学年

留守番なんてしたことないよ~

なんていう、いつまでたっても頼りない高学年

高学年同士のトラブルが頻発、新人指導員の言うことは聞かないし、高学年と信頼関係のあるベテラン指導員は、手のかかる低学年の対応でいっぱいいっぱい・・・。

結果的に、低学年より圧倒的に人数が少ない一部の高学年に、学童が引っ掻き回されてしまう事態も。

しかも思春期の高学年は、低学年と違って、言うことは強烈、体は大きく力も強いので、指導員にとっては悩みの種に。

指導員

高学年なんだから、家で過ごせるじゃん

と思ったところで、高学年の子どもは、

高学年

俺だってこんなトコ来たくねぇ!親が行けって言うから仕方なく来てやってるんだよ!

なんて言っている。当時、こんな話を耳にすることがありました。

高学年の子どもの側からすると

この状況を、今度は高学年の子どもの立場から考えてみると、

長い授業時間を終えて学童に帰ってきたら、低学年がわんさかいる。

遊び道具やマンガは先に返った低学年が独占。

指導員も低学年の対応でゆとりがない。自分のことは見てくれない。

挙句の果てに、

指導員

低学年に優しくしてよね

とか、

指導員

高学年でしょ!

みたいなことを言われる。

こんなだから、まわりの高学年は次々と辞めていくし、学童に行っても遊び相手は低学年しかいない。ますます学童がつまらなくなるという悪循環。しかし親は「行け」と言うので仕方なく来ている・・・。

高学年

自分の欲求が満たされてもいないのに、人の世話なんかできるか!

という気持ちに子どもがなっても仕方がないと私は思いました。

所長

高学年の子どもたちは素晴らしい力を持っているのに学童で発揮されていない・・・

何とかしなければ

「新制度」開始から6年が経過した今

それから、6年が経過し、今では学童保育を利用する、4~6年生の高学年の子どもたちが、全体の2割を占めるようになりました。

2020年 放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況(2020年7 月 1 日現在)

全国の登録児童数の推移でみると、2014年が933,535人、2020年が1,305,420人(全国学童保育連絡協議会の実態調査より)。

ここ6年間の登録児童数の増加数は、37.1万人

2020年の4~6年生の利用が25.6万人なので、2015年の法改正以降に増加した学童保育を利用する子どもに占める、高学年の割合が非常に高いことがわかります。

所長

では、この5年で、高学年保育の実践は積み上げられたのでしょうか?

私の実感では、試行錯誤の末、高学年保育が一定軌道に乗ったという学童と、いまだに悩みを抱えている学童に二極化しており、その格差が拡がっているという印象です・・・。

事情として、学童の利用児童が全国的に増加し、大規模化の問題があり、続々と入所する1年生の対応で現場は手一杯。低学年の中にも重い課題のある子どもや特別な配慮を要する子どもが増えている実態があります。

指導員

高学年保育を充実したいけど、その余力がないわ・・・

全国研」や「指導員学校」、「学童保育士協会の研究会」など「高学年保育」を専門に取り扱った分科会で実践の交流が行われているとはいえ、このような学びの機会が保障されている指導員は少数。行政研修や放課後児童支援員認定資格研修では、高学年の発達段階などに触れられるが具体的な保育内容を教えてもらうことはほとんどない。

指導員

結局、何をしたらいいのかわからない・・・

制度として高学年の受け入れが始まって6年が経過した今も、限りある施設環境や職員体制の中で、発達段階の大きく違う1~6年生の子どもたちを、低学年中心の内容で一くくりにした保育を行わざるをえない現場があると感じています。

目指すべき高学年保育とは?

さて、いよいよここからが本題、

指導員

ではどうすれば・・・?

という話です。

冒頭で述べたように、私はこれまでの経験から、

高学年の子どもたちにとって、学童保育が「行きたい場所」になっているかどうか

が、重要だと考えています。

もう少し言うと、

低学年にとっては、「学童保育は行かなければいけない場所」であるけれど

高学年にとっては、「学童保育は行きたいから行く場所」でなければいけない、ということです。

(もちろん、低学年だって学童が来たいと思える場所になるよう頑張っているのですが)

なぜなら、高学年は、やろうと思えば家で留守番したり、仲間と地域で過ごすことができるからです。

そして、親や指導員が子どもの「意思」を尊重することがより大切となる年齢だから。

保護者

それでは困るわ!

と思った保護者の皆さん、では、高学年で学童に通う子どもたちは、いつどこで自立するのでしょうか。

親の安心のために、行きたくない場所に高学年の子どもを通わせることが本当に良いことなのでしょうか?

高学年生活の次には中学校生活がやってきます

私は、高学年は、中学校生活に向けた準備をするとても大切な期間だと考えています

低学年⇒高学年生活に向けた準備期間

高学年⇒中学校生活に向けた準備期間

こう考えておかないと、中学生になった時に困るのは子どもたちです。

子どもの意思を尊重し、自分の意思で決定できる時間や場所を拡げてやり、その中で、挑戦や失敗を重ねて成長していくのが高学年時代です。親や指導員は、子どもを信頼して任せること、そして見守ることが大切です。

たとえば、私の学童では、5・6年生の子どもたちは自転車で学童に来ることを許しています。

家に帰ってランドセルを置いて、自転車で学童に通ってくるのです。学童帰りに自転車で習い事に行くこともできます。

中学校生活に向けて、地域で生活する力を身につけて欲しいからです。

そして、そのためには、学童保育が、高学年の子どもにとって、「一度家に帰ってからでも行きたい場所になっている」必要があるのです。

「学童に来たい」と思ってやってくる高学年たちが、「高学年としての豊かな放課後」を過ごしている様子を、低学年の子どもたちが見ています。

子ども

俺も高学年になったら・・・

子ども

私も高学年になったら・・・

高学年の子どもたちが活き活きと生活している姿は、低学年の憧れとなり、身近な「成長のモデル」となるのです

私たちはしっかりと認識しておくべきです。たった2割の高学年の存在が、残りの学童保育の8割の低学年に与える影響は、良くも悪くも大きいという事実を。

高学年保育があなたの学童の命運を握る!

(後編に続く)

こちらもCHECK

【学童保育】高学年保育の課題と取り組みを解説「高学年保育があなたの学童の命運を握る!」(後編)

続きを見る

スポンサーリンク

-保護者, 高学年
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO