" />

チームワーク 保護者 悩み

【学童保育】男性指導員が女子を抱っこするのはあり?

スポンサーリンク

新着記事

2022/11/29

【学童保育】ケンカの時に手が出たら止める?止めない?

子ども同士が取っ組み合いをした時の対応をめぐって、指導員の考えの違いが浮き彫りになりました。ケンカが始まったらすぐに止めるのか、それとも見守るのか?お互いの意見を出し合う中で、ケンカの対応について考えを深めていく職員の姿を書きました。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいない ...

ReadMore

2022/11/23

【学童保育】コピペで使える12月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

12月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 12月のおたより冒頭のあいさつ文例2 12月号のおたよりで伝えたい内容3 12月号のおたよりで伝えた ...

ReadMore

2022/11/18

利用児童が骨折した時、保護者にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え③」

今回は、保護者から、児童が骨折したことを告げられた時、職員としてどのような言葉がけをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保 ...

ReadMore

2022/11/14

【学童保育】勉強嫌いの学童っ子が猛勉強して夢をかなえた話

子どもたちの日々のドラマは、ハラハラ、ヒヤヒヤの連続です。時にはイライラしてもう我慢ならん!と思ったり、この子の人生いったいどうなんねん・・・と心配になることもあるかもしれません。 けど、今はそのままで大丈夫なのかもしれません。子どもたちは、いずれ、自分の目標を見つけた時、大人がびっくりするような力を発揮するのです。 そのことを、自分の人生を通して私に教えてくれた、一人の学童っ子がいます。その少年「K」が、久しぶりに私の家にやってきた時には、30歳の立派な大人になっていました。 新着記事 学童保育指導員に ...

ReadMore

2022/11/10

【学童保育】各学年で大切にしたい育成支援の目標「職場で話し合ってみよう」

小学校1年生から6年生までが過ごす、異年齢集団の学童保育。「各学年で大切にしたいことを明確にしながら育成支援を行うことについて考えてみよう」が今回のテーマです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ   各学年の支援目標って必要? こんにちは、がってん学童所長です。 今日のテーマは「学童保育で子ども達の育成支援を行う上で、各学年 ...

ReadMore

2022/11/7

利用者や職員の身内に不幸があった時にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え②」

長く学童保育の仕事をしていると、様々なことを経験します。 今回は、利用児童の保護者から、親戚が亡くなられたことを伝えられた時、職員としてどのような言葉がけや振る舞いをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時保護者が事故に遭った時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 ...

ReadMore

2022/11/6

【学童保育】保護者から新型コロナ感染の連絡を受けた時の対応「信頼と安心を育むとっさの受け答え①」

保護者 娘が新型コロナウィルスに感染していることがわかりまして・・・ 保護者から施設に、このような電話があった時、皆さんはどのように応えますか? 指導員 そうなんですね。お大事になさってください。 一般的には、このような対応かと思います。 しかし、子どもの健康と安全を守り、保護者が安心してして我が子を預けられるように、信頼関係を築いていく学童保育のような施設では、これだけの対応では100点満点中、20点の残念な対応と言えます。 今回の記事では、新型コロナ感染や身内の不幸、保護者が事故に遭ったなど、一般的な ...

ReadMore

2022/10/31

【学童保育】子ども理解とかかわりを深めよう「2秒間の我慢?子どもの行動の背景を考えるということ」

障害や発達特性のある子どもは、結果としての「行動・言動」と、背景としてのその子の「思い」が必ずしも一致せず、ずれてしまうことにより困り感を募らせる傾向があります。私たち支援者には、子どもの行動だけでなく背景を理解しようとする姿勢が必要です。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は3分で読めます。 所長 こんにちは、がっ ...

ReadMore

2022/10/26

【学童保育】「子どもの身体にあざが・・・」児童虐待の疑いがある時に職員がとるべき正しい行動は?(保育士試験出題より)

今回の記事は、保育士試験の出題をもとに、児童虐待の疑いがあった時の職員の行動について確認したいと思います。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は5分で読めます。 所長 こんにちは、がってん学童所長です。 今回は、2019年度の保育士試験の、児童虐待に関する出題内容を、ストーリーとしてまとめました。 後に続く5つの対応 ...

ReadMore

2022/11/23

【学童保育】コピペで使える11月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

11月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 11月のおたより冒頭のあいさつ文例2 11月号のおたよりで伝えたい内容2.1 11月3日は「文化の日 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


指導員

たけし先生の女子へのかかわり方が気になっています。

1対1でべったりって感じで・・・。

学童保育の中では、放課後児童支援員(以下「指導員」)に、子どもが、おんぶや抱っこ、膝乗せなどをせがんでくることがあります。

子どもの側からそのような「身体接触」を伴うコミュニケーションを求めてきた場合、どこまで許容すればよいのか、悩むことがあるのではないでしょうか。

今回は、子どもと身体接触を伴うかかわりをするうえで、指導員が注意すべきポイントについて説明したいと思います。

こちらもCHECK

がってん学童の「おやつ論争」前編【トイレに学童保育のおやつが捨てられていた?】

続きを見る

学童で、子どもが甘えてくるのは、よくあること

学童の現場では、子どもが、指導員に甘えてくることはよくあります。学童は家庭にかわる生活の場です。指導員には、こどもにとっての、お母さん・お父さん・お兄さん・お姉さんなど、色々な役割が求められます。

所長

指導員が、子どもから甘えられる存在であることは大切なことなんだよ。

つまり、指導員には、小学校の先生と生徒の関係と比べると、子どもとぐっと距離感を縮めてかかわったり、対等の目線でかかわるような場面が多くあります。

この点が、学童保育の面白さであり、やりがいでもあると思います。

指導員

1年生が、初めて私に抱きついてくれた時、「私に心を許してくれたんだ」って、手応えを感じました。

例えば、絵本の読み聞かせをしている時に、自然と子どもが膝の上に乗ってくることがあります。座っていると、子どもが背中に乗りかかってきたり、「おんぶして~」「抱っこして~」と、子どもから頼まれることもあるでしょう。家庭的な雰囲気を大切にする、学童保育ならではの風景ですね。

子どもが、身体接触を求めてくる場合は、多くの場合は、「自分を受け止めて欲しい」「安心したい」という欲求からです。様々な理由で、そのような欲求が満たされていない子どもにとっては、指導員にしっかりと受け止めてもらえることは、大きな安心感になります。

こちらもCHECK

「がってん学童の宿題論争」前編【学童保育の宿題の悩みについて】

続きを見る

それが、プロとしてのかかわりなのかどうか

大切なことは、それが、プロ(放課後児童支援員)としての意図的なかかわりであるかどうか、ということです。

例えば、最近、指導員にベッタリと甘えることが増えているAちゃんに対して、

プロとしてのかかわりとは

  • (背景)Aちゃんのお母さんは、最近仕事が忙しくて、Aちゃんが寂しい思いをしている
  • (指導員の意図)Aちゃんをまずはしっかりと受け止めよう
  • (支援の目標)指導員と1対1の関係でAちゃんが安心したら、他の子どもを巻き込んで一緒に遊ぼう

というように、支援の道筋を持って関わっているかどうか、ということです。また、これらの対応を、個人的な思い入れではなく、職場として話し合って、指導員間で共有していることも大切です。

私は、学童保育の現場で働く指導員(放課後児童支援員)や補助員、アルバイトスタッフなどすべての人に、プロ意識をもって子どもとかかわってほしいと思っています。

それが、子ども・指導員にとって「安全」なかかわりであるかどうか

私たち指導員の仕事は、子どもの安全を守ることです。

例えば、指導員が、子どもからせがまれて、「肩車」をしたとします。これは安全なかかわりと言えるでしょうか。

「肩車」には、転落などの危険が伴いますので、子どもにとって安全とは言えないでしょう。

体が大きくなった小学生を、おんぶや抱っこすることは、腰痛など職業病につながることがあります。特に、後ろから、子どもが急に跳びついてくるような場合は、腰痛の危険が大きくなります。

指導員の立場からしても、安全ではないかかわりは避ける必要があります。

所長

「こういうことは危ないから、絶対にやめてね」と、子どもに教えましょう。

同じように、安全面ということで考えると、たくさんの子どもがいる中で、1人の子どもだけと長時間かかわるような対応は、その子以外の安全を守れていない、ということになってしまいます。

身体接触を子どもが求めてきたときの対処法

先にも述べたように、このようなかかわりを求める子どもは、ストレスや不安感を抱いている場合があります。指導員は、子どもの思いを受け止めつつ、やがては、2人から3人、3人から4人と、遊びの輪を拡げていくことで、子どもの関係を拡げていきましょう

やがて、遊びが盛り上がった頃合いで、支援員がスッと抜けると、後には子どもだけで遊ぶ姿が残ります。

所長

「指導員との関係から、子ども同士の関係へ」という方向性は、意識しておきたいですね。

子どもが女性指導員の胸を触ってきたり、乱暴なかかわりをしてくるような場合は、「それはやめて」と、はっきりと伝えましょう。

行為を否定しつつ、その子ども自身は否定しないと、いう対応であれば、その子どもは少しずつ落ち着いてくるはずです。

さいごに・・・

所長

たけし先生、この前、〇〇ちゃんと長い間二人きりで遊んでいたんだって?

指導員

はい!おいら、女子から人気があるみたいで!

所長

ところで、男性保育士が乳児のおむつ交換をしていたら保護者からクレームがあったって話知ってる?そんな厳しい目で見る人がいるってことは、男性指導員として知っておいた方がいいよ。

指導員

なんすか?それ??おいらは無実だ~!

子どもから寄ってきたときはどうしたらいいんすか?

所長

他の遊びに誘うとか、他の子も誘って遊ぶとか、指導員なら色々な対応を身につけておこうね。

いかがだったでしょうか。「男性指導員が、女子を抱っこしたりしていいのか?」という質問に対しては、そのかかわりが、「必要な支援」かどうか、「子ども・指導員にとって安全」かどうかで、判断してください、というのが答えです。

「男性だから」「女性だから」という問題ではなく、放課後児童支援員としてどうなのか、という視点で考えてください。

同時に、今、自分が子どもに対して行っているかかわりが、「客観的にどう見えるのか」という意識は、指導員の仕事をするうえで、持っておきたいですね。

まとめ

【子どもが抱っこやおんぶなどを求めてきた時の対応】

  • なぜこの子は抱っこを求めてくるのか?など、行為の背景を考えることが大切
  • 抱っこを受け入れる場合は、それが指導員としての意図をもった関りであることが大切(意図があるということは、なぜ抱っこが必要かを説明できるということです)
  • 抱っこを求めてくる子が、やがては子ども同士の関係で遊べるよう支援の見通しをもつ
  • 子どもや支援員にとって危険な行為や行き過ぎた身体接触は、その「行為」をしっかりと否定する

対応について職場で協議したり、他の支援員が介入してうまく距離をとるなど、支援員のチームワークも大切です。

こちらもCHECK

がってん学童の「おやつ論争」前編【トイレに学童保育のおやつが捨てられていた?】

続きを見る

こちらもCHECK

【学童保育】職場環境や人間関係から転職を考えている指導員の皆さんへ「転職のメリットとデメリットについて」

続きを見る

-チームワーク, 保護者, 悩み
-,

© 2022 GATTEN!GAKUDO