" />

学び

「〇〇しなさい」って言われた時点で主体的じゃなくなる??「主体性」の言葉の意味と放課後児童クラブに求められることとは【放課後児童クラブ運営指針解説番外編②】

放課後児童クラブ運営指針では、「子どもが発達段階に応じた主体的な遊びや生活ができるようにすることが求められる」と書かれています。この文の意味を、そして「主体性」という言葉の奥深い意味を考えてみたいと思います。

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

学童保育への転職・就職なら【はじめての学童指導員】

公式ページへ


運営指針劇場「主体性のしゅうちゃんの巻」

この子は「主体性」のしゅうちゃん。

しゅうちゃんは、いろんなことに興味を持っては、なんでも自分でやりました。

自分でやることが大好きなんだね!

みんなは思いました。ぼくもしゅうちゃんみたいになりたい!

ある日しゅうちゃんは思いました。「みんなもぼくみたいになってほしい!」

そう思った瞬間、しゅうちゃんはきえてしまいました。

しゅうちゃんは、なんでじぶんがきえてしまったのかわかりませんでした。

そこへやってきたのが、発達段階のだんちゃん。

だんちゃんがいっしょにいると、しゅうちゃんはもうきえることはありませんでした。

それからというもの、いつもふたりはいっしょにすごしました。

放課後児童クラブ運営指針を見てごらん。しゅうちゃんのそばにはきっとだんちゃんがいるから・・・。

ご清聴ありがとうございました。

以上で運営指針劇場を終わります。

指導員

主体性」の意味、みんなもわかったか・・・

指導員

わかるか~!!

なんやねん、この適当なストーリーは!?

所長

なかなかおもしろかったよ

「主体的に〇〇する」ってどういうこと?

指導員

一応聞いておくけど、なんでしゅうちゃん、消えちゃったの?

指導員

いや、求めたら消えてしまうのが主体性だと思って・・・

そのはかなさを表現してみたっす!

要するに、「自ら進んで行う」ことが主体性で、誰かに、「主体性を持ちなさい」って言われた時点で、それはもうやらされてるってことだから、「主体性」とは言えないんじゃないかって思ったんっす。

指導員

あんた、主体性を馬鹿にしてんじゃないわよ

主体性って言ったら、そんな、求めたら消えるようなちゃちなもんじゃないのよ

てか、何で、そんな主体性のことが気になっちゃったわけ?

指導員

実は「放課後児童クラブ運営指針」を読んでて・・・

第2章の「事業の対象となる子どもの発達」の一番最初のところに、こんなふうに書いてあるんです。

放課後児童クラブでは、放課後等に子どもの発達段階に応じた主体的な遊びや生活が可能となるようにすることが求められる。

それで、

指導員

主体的な遊びや生活が可能になるって、どういうこと??

って思ってしまって・・・。

さっきも言ったけど、主体的って、「自ら進んで行う」って意味っすよね?それは自分の意思だから、求めちゃったら、もう主体的じゃないと思ったんです。

所長

運営指針を深く読みこもうとする姿勢は素晴らしいけどね・・・

指導員

・・・たけし先生、なんか誤解してるんじゃないかしら?

「運営指針」には、「主体的な遊びや生活が可能になるようにすることが求められる」って書いてあるけど、子どもに「主体的になりなさい!」っとか直接言って主体性を求めろって言ってるわけじゃないわよ。

求められているのは、子どもじゃなくって、放課後児童クラブや私達指導員だから

子どもが主体性を発揮できるように、学童保育の生活づくりや環境、一人ひとりへのかかわりなんかを工夫することが大事なわけよ。

指導員

え!?

主体性の意味

所長

主体的に〇〇する」や「主体性」という言葉には、「自ら進んで行動する」という意味があるけど、それだけじゃないんだ

「主体性」という言葉には、「自分で判断して行動し、その結果に責任を持つ」という意味合いが含まれている。

「主体性」は、社会人になった時に職場でも求められるくらいだから、大切だけどとっても難しいことだよね。

指導員

学童の子ども達ができるようになるのも難しいってこと??

所長

だよね。

だから、その前に書かれている発達段階に応じた・・・」って部分がとっても大切なんだ

たけし先生の「運営指針劇場」の中で、主体性のしゅうちゃんと、発達段階のだんちゃんが仲良くしている部分は、とても鋭いと思ったよ。

指導員

やっぱし?

もう一度、運営指針第1章の「放課後児童クラブにおける育成支援の基本」の部分を読んでみよう。

指導員

育成支援」って言ったら、私達が学童で行う子どもへのかかわりのことですね

「放課後児童クラブにおける育成支援は、子どもが安心して過ごせる生活の場としてふさわしい環境を整え、安全面に配慮しながら子どもが自ら危険を回避できるようにしていくとともに、子どもの発達段階に応じた主体的な遊びや生活が可能となるように、自主性、社会性及び創造性の向上、基本的な生活習慣の確立等により、子どもの健全な育成を図ることを目的とする。」(「放課後児童クラブ運営指針」第1章総則~育成支援の基本~より)

所長

1年生と6年生では、主体性を発揮できる活動内容や場面も変わってくるよね

言っちまえばね、発達段階を踏まえない、子ども達が主体的な遊びや生活ができるようになるためのかかわりは、育成支援とは言えないぜ!って運営指針は言ってるのさ。

指導員

あら~、

指導員

そこまでは言ってないと思うけど・・・

子どもの発達への理解って大切だわ

こちらもCHECK

「発達段階」と「発達過程」の違いってなんなの?【放課後児童クラブ運営指針解説番外編】

続きを見る

「主体的」に似た言葉

指導員

「主体的」に似た言葉ってたくさんありますね

運営指針には、他にも、自主性・自発的・自ら律する(自律性)などの言葉も出てきます。

所長

この際だから、似たような言葉の意味を整理してみよう

どれも「自ら進んで行う」姿を表す言葉ではあるんだけど、実はそれぞれに固有の意味があります。

主体性

主体性には、自分で考え判断して行動するだけでなく、その結果においても責任を持つ、という意味合いがあります。

自主性との違いは、やるべきことが決まっていない時でも、自ら目標を持ち判断して行動できるようになることです。

自主性

自主性も、自ら行動するという意味ですが、行動することが「やるべきこと」であるというのがポイントです。例えば、宿題や当番活動など「やらなくてはいけないこと」を、人に言われる前に自ら進んで行えるようになる場合などに使われます。

自発性

自発性は、自ら発すると書くように、自分の中から沸き起こる衝動によって行動するという意味合いがあります。「強い意志」を表している言葉なんですね。

自律性

自律性のポイントは「規範意識」です。つまり、自ら立てたルールに従って行動するという意味合いがあります。自律の対義語は他律であり、こちらは自分以外の誰か(何か)によるルールに従って行動する様となります。

所長

使い分けが難しいですよね・・

「主体性」は「やりたいと思う気持ち」

指導員

・・・で、結局、運営指針に書かれている「主体的な遊びや生活が可能となる」ってどんな状態なんすか?

所長

僕は、子ども達が「やりたい」と思う気持ちを持って学童の生活や遊びを楽しめるようになることだと思ってるよ

運営指針の、「子ども達が発達段階に応じた主体的な遊びや生活が可能になるようにすることが求められる」の意味は、平たく言うと、1人ひとりの子どもの、「やりたい」・「やってみたい」という思いを大切にした学童保育の生活や遊びを作っていこう!!ってことなんだ。

そんな「やりたい」思いを、それぞれの子どもの学年や発達の違いを考慮しながら引き出していくこと

そして、「やりたい」と思う気持ちでスタートした行動から生まれる結果、いわば達成感や反省点なんかを、子どもたちと一緒に感じながら振り返るような活動を丁寧に行っていくことだね。

そのための工夫やかかわりが、子ども達の主体性につながっていくと思うんだ。

こちらもCHECK

【学童保育の制度や関連する施策をクイズ形式で解説】これだけは知っておきたい基本の14問

続きを見る

まとめ

指導員

運営指針って、一つひとつの言葉に着目すると、とっても奥深いわよね

所長

特に第2章は、さらっと読んだらわかったような気になるけど、立ち止まって考えてみると、色んな見方ができて面白いよ

というわけで、今回は、「主体性」という言葉の意味に着目してみました。

「主体的」や「主体性」という言葉には、やるべきことが決まっていない状態でも、自ら考え、判断して行動し、しかもその結果にも責任を持つ、という意味があります。

学童の子ども達だけでなく、私達大人にとっても難しいことですよね。

様々な学年や発達過程にある子ども達一人ひとりが、「やりたい」「やってみたい」という思いを大切にしながら、学童で過ごせることを、まずは大切にしていきましょう。

「やりたい」「やってみたい」という気持ちを子どもが持てるようになるためには、指導員の我慢強さや、子どもを信じて「待つ」かかわりもとっても大事ですよね。

また、そんな子どもの「やりたい」気持ちから生まれた行動の結果を、子ども達と一緒に共有しながら考えあうような活動を、子どもの発達過程を考慮しながら行っていくことが育成支援なんです。

発達段階を考慮せずにやみくもに子どもに主体性を求めることや、放任や放置をもって主体性とするようなかかわりは育成支援とは言えません。

所長

育成支援って、すごい専門的なかかわりなんです

最後に、何より、学童が安心して過ごせる居場所であってこそ、子ども達は「やりたい思い」をたくさんたくさんふくらますことができるのだと思います。

それではまた次の記事でお会いしましょう♪

こちらもCHECK

「放課後児童クラブ運営指針」全文

続きを見る

【参考文献】放課後児童クラブ運営指針解説書/厚生労働省編

【参考URL】社会人の教科書「自発性」「自主性」「主体性」「自律性」「自立性」「積極性」の違い

スポンサーリンク

-学び
-,

© 2022 GATTEN!GAKUDO