" />

保護者 保護者対応

【学童保育】家庭とのやりとりに使う「連絡帳」は廃止すべき!その理由とは

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


学童では、指導員と保護者の間の、日常の連絡ツールとして、「連絡帳」を使用している場合が多いと思います。

A5サイズ程の大きさのノートを、毎日子どもが学童に来た時に出してもらい、支援員が内容を確認して、お帰りまでに子どもに返すという「あれ」です。

所長

私も長い間「連絡帳」を使ってきました。しかし、今は使っていません。

今回の記事では、「連絡帳」を私が廃止した理由についてお話したいと思います。

連絡帳を書くことで、子どもと向き合う時間が減る

所長

私は、短い放課後の時間の中で、指導員が子どもとしっかりと向き合えるように、連絡帳を使うのをやめました。

連絡帳は、出欠席やお帰りの変更など、保護者からの重要な連絡事項が書かれているため、子どもが帰ってくると、できるだけ早く確認する必要があります。

そして、「確認しました。〇〇」など、簡単な返事を書いたり、指導員のハンコを押して子どもに返します。

現在は、学童保育の支援の単位は概40人までとされており、クラスに2人の支援員(補助員)を配置することになっています。(外部リンク「米子市資料より」)

40人分の連絡帳を2人で確認するとなると、確実に1人の手が取られます。慣れてきたらチャッチャッチャッと、短時間で片付けることもできるのですが、最低でも10分から15分はかかります。

つまり、その時間は、2人のうち1人の指導員が、子どもではなく、連絡帳と向き合うことになってしまうのです

所長

その間にも子どもの対応をしないといけません。トラブルや怪我だって起こります。

連絡帳に、保護者からの相談事やトラブルに関する要望などが書かれていたりすると、その返事を書くために、さらに時間がとられます。

私も経験がありますが、保護者から深刻な内容が連絡帳に書かれていた時は、子どもの対応をしながら、その返事を考え続けるということになります。

小学校や保育園の場合は、子どもが施設に来てから帰るまでの間に、半日ほどの時間があります。その間には、休み時間やお昼寝などがあるので、連絡帳を書く時間を確保することができます。(もちろん、小学校や保育園の先生だって大変だと思いますが・・・。)

学童の場合は、子どもが施設に来てから帰るまでの時間は、2時間弱という日もたくさんあります。その間に、怪我やトラブルなど様々な対応をしながら連絡帳を書かなくてはいけないのです。

連絡帳はトラブルの原因となる

バタバタした中で対応するため、連絡帳の確認ミスや、返事が抜けてしまった、子どもが連絡帳を出し忘れた、支援員が返し忘れた、など様々なことが起こります。

指導員

たしかに、連絡帳をめぐるトラブルは後を絶ちません。

連絡帳がなくなってしまった、それが学童でなのか家庭でなのか、学校でなのかわからない、なども、ありがちなことです。

そもそも連絡帳を必要としない保護者もたくさんいる

連絡帳に、休日に家族で遊びに行ったことなど、家庭での子どもの様子をこまめに書き込んでくれる保護者がいます。しかし、そのような保護者は全体の1割程です。

指導員

1年経っても連絡帳が真っ白という家庭も、けっこうありますよね。

支援員からは、連絡事項を記入するのですが、保護者からの反応は皆無です。親子の間で、「連絡帳を見せてね」、と確認する習慣がないのでしょう。

そのような家庭の保護者は、学童に連絡がある場合は、手っ取り早く電話をかけてきます

働きながら子育てをする多くの保護者にとっては、連絡帳はめんどくさいもの、なくても困らないものなのです。

保護者との連絡には、メールを使おう

連絡帳を廃止して、どうしているかというと、保護者との連絡にはパソコンのメールを使っています。

「明日は休みます」「今日はお帰りの時間を変更します」など、出勤すると毎日たくさんのメールが保護者から届いています。

所長

メールを使う一番のメリットは、子どもがまだ帰っていない時間に、連絡内容を確認できることです。その分、子どもがいる時間は保育に集中することができます。

指導員

メールなら、過去のやりとりがPCに残っているので、いつでもさかのぼって確認できますね!

連絡帳の場合は、子どもがいない時間は手元にないので、確認ができなくて困るのです。

保護者にとっても、通勤途中や職場から、サクッとメールを送ることができるので、時間の節約になります。

ちなみに、私は、相談ごとなどを除いて、出席に関する連絡などの場合は、返信もしていません。しかしこれまで、そのことで保護者から苦情があったことはありません。

保護者も、連絡にかける手間や労力を、できるなら子どもに向けて欲しいと願っているのです。

連絡帳のメリットもある

連絡帳には、メリットもあります。例えば、学童での子どもの活躍や、「ちょっといい姿」を連絡帳に書いて、「お母さんに見せてね」と、子どもに渡すことができます。そうすると、子どもは誇らしい気持ちでお母さんにノートをわたすでしょう。

メールが苦手で、ノートに書く方が安心できる、という保護者もいるかもしれません。

なので、連絡帳を廃止したと書きましたが、実は、希望がある場合は、連絡帳を使うこともできますと、保護者には伝えています。結果として、現在1世帯だけが連絡帳を使っています。

まとめ

いかがだったでしょか。

学童の生活は、子どもが小学校から帰ってきて、家に帰るまでの約2時間に凝縮されています。その中で、子どもとしっかりと向き合い、必要な支援を行うためには、思い切りも必要です。

所長

連絡帳の廃止を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 子どもの支援に集中するために、連絡帳の廃止を検討しよう
  • 保護者とのやりとりには、メールを活用する
  • 希望者には連絡帳もあり

スポンサーリンク

-保護者, 保護者対応
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO