" />

保護者対応

保護者対応の基本は 「みんな違ってみんないい」?

スポンサーリンク

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


指導員

はぁ・・・

保護者対応ってほんと大変

やんなっちゃう・・・

所長

えらく悩んでいるね

私は、学童保育の仕事を20年続けてきた中で、たくさんの子どもと出会い、その数だけ保護者とも出会ってきました。

結婚して、自分の家族ができた時、私が目指した家族像は、それまで学童で出会った数々の家族でした。

「こんな父親になりたい」と思った自分の中のモデルは、学童で出会ったお父さん達でした。

色々な子ども、色々な保護者、色々な家族の姿を見ることができるのは、この仕事の素晴らしさだと思っています。

色々な職業の、色々な人生観の保護者と出会い、保護者から教えてもらったこと、学んだことは、本当にたくさんあります。

指導員

所長は保護者対応で悩むことないんですか?

所長

もちろんあるさ

むしろ悩むのが仕事だと思っているよ

今回の記事では、保護者対応における基本的な心構えについてまとめました。

ご参考になれば幸いです。

この記事の内容

  • 保護者がおかれている状況を想像する
  • 保護者から学ぶ姿勢をもつ
  • プロとして、指導員の意見もしっかりと伝える
  • 保護者の多様な価値観を尊重する
  • 保護者の要求は真摯に受け止めて気楽にやる
  • 悩むのもお給料のうち
  • さいごに・・・

保護者がおかれている状況を想像する

学童保育を利用する保護者は、働きながら子育てをする大変忙しい身です。

まずは、そんな保護者の苦労を指導員が理解することが大切です。

保護者対応や保護者との信頼関係の構築がうまくいかない理由の一つが、このような保護者の状況への理解が足りていない場合があります。

指導員

理解しているつもりなんですけど・・・

保護者の状況を理解しているはずなのに、それでも対応への不満やクレームが来た時の指導員の反応は2つです。

そんな勝手なこと言わないで!」と保護者を責めるか、もう一つは「自分のどこが至らなかったのか考える」です。

もちろん、後者の方が指導員として成長することができます。

保護者の生活や抱える悩みは、100人いれば100通りあるのです。

そんな保護者からの意見や要求の一つひとつから、指導員としての自分を見つめなおし、成長の糧にしていきましょう。

こちらもCHECK

【学童保育】保身?事なかれ主義?子どものトラブルを保護者にどこまで伝えるかの問題

続きを見る

保護者から学ぶ姿勢をもつ

所長

「大切なことを教えてもらいました」と保護者に言える指導員になろう

先にも述べたように、私は保護者からたくさんのことを学んできました。初めて指導員になったのが保護者会運営の学童保育所であったこともあり、人生の先輩、子育ての先輩として保護者から教わったことは数知れません。

いろいろな家庭の子育てを見ることができる学童保育は、まさに子育て大図鑑です。

今の年齢になっても、学童保育の様々な場面で、保護者の人間性や子育て観・仕事観に触れ、学ばされることが多いです。

また、私の経験では、怪我やトラブルの対応の中でこそ、保護者から大切なことを学ぶことが多いんです。

所長

保護者の落ち着いた対応、立派な人柄にふれて

「もっと自分は頑張らないといけない」と心から思うことが多かった

こちらもCHECK

【学童保育】理解と共感を拡げるための取り組み「発信」について

続きを見る

プロとして指導員の意見もしっかり伝える

保護者の意見や要望を受け止めるだけでなく、プロとして、指導員の考えや意見も、保護者に伝えられるようになりたいですね。

指導員

それが一番難しい・・・

トラブルや怪我の保護者対応では、保護者が、指導員の意見を受け入れてくれないこともあります。

一方的にこちらの思いを伝えることは、「指導員の思いを押し付けられた」「こちらの思いを受け止めてもらえなかった」などと、保護者の不満につながってしまうことがあります。

常日頃や、お便り・懇談会などの機会に、積極的に指導員としての保育観や子育てについての考えを発信しておくことが大切だと思います。

保護者の多様な価値観を尊重する

所長

金子みすゞの「わたしと小鳥と鈴と」って詩、知ってる?

指導員

小学校で習うやつですよね

「みんなちがってみんないい」♪

所長

そうだよ

僕ら指導員は、子どもに接する時には、「みんな違ってみんないい」って思ってるでしょ

指導員

はい!

一人ひとりの個性は大切にしたいです!

所長

保護者も一緒さ

みんな違ってみんないい。

指導員

わー!ほんとだ~!

みんな違ってみんないい!!

指導員

って思えるか~い!!

保護者の考えや価値観は本当に多様です。

ネットには、子育てや教育に関する情報が飛び交い、保護者は常に影響を受けています。

就労状況が多様化していて、家族の状況が様々であることも要因です。

保護者の多様な価値観は、学童保育に期待するものや指導員に求めるものも多様化させています。

そんな時代だからこそ、保護者とのコミュニケーションを大切にして、お互いの考えの違いを尊重していきましょう。

「いろんな考えがあっていいんだよ」「みんな違っていいんだよ」と、私たちがいつも子ども達に言っているように・・・。

こちらもCHECK

【学童保育】苦手な人とペアを組んだ時の対処法「職場の人間関係に悩んでいる指導員の皆さんへ」

続きを見る

保護者の要求は「真摯に受け止めて気楽にやる」

若い頃、私が保護者対応でぼろぼろになった時に、先輩の指導員にが私に言ってくれたのが、

真摯に受け止めて、気楽にやりなよ~という言葉でした。

その時私は、この言葉を聞いて、随分と肩の力が抜けたものでした。

反省すべきことはしっかり反省する。

反省したら後は気楽にやる!

こうやって気持ちを切り替えていくことも大切です。

指導員

おいら、気楽は得意だぜ!

所長

たけし先生は、もう少し「真摯に受け止める」って部分を頑張ってね・・・

悩むのもお給料のうち

所長

悩むのもお給料のうちなんだよ~

この言葉も、私が若い頃にベテランの指導員から聞いた言葉です。

子どもや保護者の対応で悩むのは、それだけ一生懸命に指導員をやっているから。

その悩みは長い目で見たらあなたの力になります。

私もこれまで、深刻な保護者対応を経験して、そのおかげで成長することができました。

保護者からずいぶんと鍛えてもらったと、今では感謝しています。

こちらもCHECK

「放課後児童クラブ運営指針」全文

続きを見る

最後に・・・

所長

どうですか?少しは前向きな気持ちになれましたか?

指導員

なんとなく・・・ですけどね。

所長

さ!気持ちを切り替えて、子ども達のために今日もがんばろ~!

最後になりましたが、保護者は、いろんな意見を指導員に言うものの、保護者の方を見て仕事をしている指導員よりも、いつも子どもをまっすぐに見ている指導員のことを信頼するものです。

そして、子どもが大好きな先生のことが、保護者も大好きになるんですね。

これは、私が親として、わが子がお世話になっている先生たちから、常々学ばされてきたことです。

子どもたちと誠実に向き合って、子どものことを一生懸命に考えて頑張る。

実はこれが一番の保護者対応なのだと思います。

 

スポンサーリンク

-保護者対応

© 2022 GATTEN!GAKUDO