" />

学び

【学童保育】理解と共感を拡げるための取り組み「発信」について

スポンサーリンク

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


4月からスタートした今年度の学童保育も、夏休みを経て、9・10月で折り返し地点となります。

指導員

子ども達も私たち指導員も、本当によく頑張ってきたね

指導員

子ども達のふとした姿に成長を感じるっす!

所長

そんな子ども達の姿や、我々の思いを、保護者にしっかりと届けたいね

がってん学童では、夏休み明けに、子ども達や指導員の作文を1冊にまとめた「文集」を発行しています。

作業は大変ですが、4月から学童保育の生活をともに作り協力をしてくれた保護者の皆さんに、子ども達の成長や楽しかった学童の思い出を形にしてお届けする「文集」は、学童保育の活動への理解を深め、後半の活動を温かく見守ってもらうためにも、大切な取り組みだと思っています

所長

文集は、学童保育の活動の良さを「発信」する取り組みの一つなんです

いわゆる連絡や報告とは別に、子ども達の素的な姿や指導員の熱い思いを「発信」していくことは、子ども達がのびのびと活動できる学童保育の実現にはかかせません

今回は、がってん学童が行っている取り組みの中から、特に、そのような「発信」を意識したものを取り上げてご紹介したいと思います。

日頃から、育成支援を頑張っているのに、なかなか学童の雰囲気が良くならないと悩んでいる指導員の皆さんは、「発信」を工夫することで、事態が改善することもあるのではないかと思います

ご参考になれば幸いです。

この記事の目次

  • 「発信」とは保育を「見せる」こと、そして「魅せる」こと
  • 良いシーンだけを切り取って伝える
  • 文集発行のねらい
  • 様々な「発信」方法
  • 良いエピソードは多い方が良い
  • さいごに

こちらもCHECK

【学童保育】9月の育成支援で大切にしたいこと

続きを見る

「発信」とは保育を「見せる」こと、そして「魅せる」こと

私の経験では、豊かな実践内容を持ちアグレッシブに活動している学童保育施設は、子どもの活動を様々な方法で保護者や地域に発信しています。

豊かな保育内容があるから「発信」ができると思われる方がいるかもしれませんが、私は、しっかりとした「発信」をしているからこそ、のびやかに子どもの活動ができると思っています。

つまり、「発信」することで、保護者や地域の中に理解者や協力者、そして強力な応援団を作り、そのような人たちに後押しされて学童保育実践が、さらに発展していくことができるんです

「発信」するための指導員の時間や労力は、子ども達に返り、指導員がやりがいを持って働ける環境に返るんですね

所長

発信」は言い換えると保育を「見せる」こと

そして「魅せる」ことなんだよ

指導員

魅せる」ってなんかかっこいいっす!

良いシーンだけを切り取って伝える

ここでのポイントは、課題や悩み・苦労は忘れて、我々指導員ががんばっていることや、子ども達の生き生きとした活動の様子に焦点を当てて伝えるということです。

所長

つまりは「良いシーン」だけを切り取って伝えるんだ

感覚としては、「商品広告」や「集客」に近いです。

「こんだけ素敵なんだよ~!」

「学童って最高なんだぜ~!」

ってところを見てもらう。

指導員

なんか、あざといな~

そのように受け取る人もいるかもしれませんね。

もちろん学童保育は営利目的ではなく福祉です。なので、あくまでも例えとしての話です。

けどね、自分の学童の特色やストロングポイントを指導員として意識していくことは大切なことだと私は思いますよ。

所長

それにね、学童保育には課題や悩みはつきものなんだ

子育てにだって悩みは苦労は山ほどあるよ

だからこそ、よい面をどれだけ伝えられるか、ってのが我々指導員の腕の見せ所なんだよ。

苦労や課題ばかり伝えていたら、息が詰まっちまうよ。生きている以上悩みも苦労もなくならない。

子どもの笑顔や成長ってのは、そんな苦労を乗り越える素晴らしい力があるんだ

それを保護者や地域にできるだけたくさん伝えていきたいと僕は思っている。

所長

一番大切なことはね、ないものは見せられないってことさ

良いところだけ切り取るといっても、それはそれで子どもの事実なんです。

学童保育の日々の営みの中で、子ども達の笑顔や素敵なシーンがあるから語れるし伝えられるんです。

まずは、指導員ができるだけ多くの子どもの素敵な姿をキャッチすること、そのための感性を磨くこと。

そして、キャッチした子どもの姿を学童保育の中に留めておくだけでなく、「このシーンを保護者と共有したい!」という思いを持って積極的に発信する機会をもっていくことが大事なんです

所長

子どもってさ、よい面を見てもらうと自信をもって成長していけるんだよ

子ども達の良さを見つめる「目」を磨いていこうね

指導員

了解っす!

文集発行のねらい

話を文集に戻しますね。

所長

がってん学童の「夏休み文集」のねらいを、ベテランのりえ先生に解説してもらいま~す

指導員

夏休み文集には、まず、夏の行事や夏休みの学童生活の報告を、子ども自身の言葉で伝えるという目的があります

保護者にとっては、夏休みを終えて我が子が何を感じているのかを、あらためて知ってもらい、4月からの成長を感じて欲しいと思っています。

けど、文集の目的はそれだけではありません。

もう一つの大きなねらいは、保護者に、我が子以外の学童の子ども達のことを知ってもらい、興味を持ってもらうことです。

文集には、各学年の学童全員の作文が載っています。

それを読んで、

保護者

お、この子は息子の話によく登場する子だな

なかなかおもしろそうな子じゃないか

保護者

あら、高学年になったらこんなにしっかりとした文章を書けるようになるのね

などと、文集を通じて学童の子どもの一人ひとりの個性にふれたり、6年間の成長の見通しまで感じてもらうことができるんですね。

特にコロナ禍で様々な学童行事が中止になり、学童で親子が触れ合う場面が激減している中で、文集の意義は大きくなっていると思います。

コロナ禍でも子ども達が元気に過ごした夏休み、そして、コロナ禍での複雑な子ども達の心情も、子ども自身の言葉でつづられているんです。

指導員

文集には指導員の作文も載せているの

普段はなかなか伝える機会のない指導員の思いやパーソナリティーを、まとまった文章量で保護者に伝えることができるのも文集の良さですね。

保護者

この先生、なかなか面白いね

保護者

この先生、こんな人だったんだ~

文集を読むことで、指導員の別の表情や熱い思いを知ってもらうことで、安心感や信頼感を持ってもら事ができるんです。

指導員

新人のおいらの文章は注目の的かもしれないっすね~

文集の作成方法や注意点

せっかくだから、文集作成の行程をご説明しておきますね。

興味のない人はすっ飛ばしてください。

子ども達が作文を書くのは、夏休みの後半の「宿題の時間」です。

その頃には、多くの子ども達が宿題を終えて手持ち無沙汰になっているんですね。

作文用紙は学年毎に大きさが違います。

1年生は作文用紙の4分の1、2年生は半分、3年生以上は1枚を目安にした用紙を作ります。指導員はA4原稿1枚です。

指導員

目安だから、それより多く書いても少なくったっていいんだよ

私が大切にしているのは、作文を書き始める時に、夏休みのいろんな行事の写真を見せたり、思い出を語ったりして、子どもの記憶を呼び起こしておくことです。

前のことはすっかり忘れちゃってる子もいるから、これをやると生き生きとした文章が書けるようになるんです。

文章はそのまま載せることもあれば指導員がパソコンに打ち込むこともあります。

表紙と目次も作って、印刷して製本すると完成です。

指導員

印刷・製本がなかなか大変です

児童数が増えてページ数も増えたから

なので今年は印刷と製本は外注です。意外に安いんですよ。

注意点としては、印刷・製本・配布の時点で、誰かの作文が抜けていたなどのミスがあれば、差し替えなどが大変になりますし場合によっては取り返しがつかないことになります。

印刷前の仮製本を、指導員で二重三重にチェックするなど気をつけます。また、チェックの時間を含め製作期間は余裕を持って設定しておくことも大事ですね。

ちなみに、夏休みの報告は、文集以外にも学童便りの増刊号として発信したり、夏休み報告会を行ったこともあります。

色々な方法があると思いますので、できるだけ負担の少ない方法を考えてみてくださいね。

様々な「発信」方法

指導員

がってん学童は、年度末にも文集を出しています

これは3年生卒所時代の「お別れ文集」の名残です

3年生の子どもや親には3年間の思い出を、6年生は6年間の思い出を、その他の子ども達は1年間の思い出を書いてもらいます

所長

2冊の文集以外にも、色々な発信をしていますよ

毎月の学童からのお便りやホームページなどは、基本的な情報発信です。入所説明会で保護者に配る資料もその一つです。

施設によってはSNSで子ども達の様子を発信しているところもありますね。

様々な手段や機会を使い、学童の情報を発信していきましょう。

ここでは、今回のテーマである、「見せる=魅せる」発信について、文集以外の取り組みをご紹介します

行事での子ども達の発表

夏祭りでの発表や親子合宿などの機会は、子ども達の姿を保護者や地域の皆さんに直接見てもらうことができる「発信」の機会と考えることができます。

夏祭りのステージで、けん玉を発表する子ども達を見て、地域の乳幼児やその保護者に、学童に入ったらこんな活動ができるんだと思ってもらったり、年配の皆さんに懐かしんでもらったりすることができます。

3年生の太鼓の発表や高学年のダンスの発表などでは、我が子の成長を実感したり、低学年の子どもや保護者にとっては、上級生になったらあんな活動ができるようになるんだと、成長の見通しを持ってもらうことができる機会です。

所長

コロナ禍で、このような機会はすっかり少なくなってしまいました

懇談会の動画上映

懇談会では、子ども達の学童での遊びや生活・行事の様子を写真やビデオで撮影したものを編集し、スライドショーやムービーとして上映します

7月の懇談会では、4月からの様子を中心に、11月の懇談会では夏休みの様子や、秋の取り組みを中心に動画をまとめます。

写真や動画は、学童生活の「良いシーン」を切り取り、ダイレクトに伝えることができるとても有効な発信手段です。

保護者にも「毎回の動画上映を楽しみに懇談会に参加しています」「子どもが学童が楽しいと言っている理由がわかりました」など好評です。

これまでは、学童で開催する懇談会で上映していましたが、前回は感染防止のためオンライン懇談会としてましたが、ZOOMで動画を上映しました。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

こちらもCHECK

【学童保育】初めての「オンライン懇談会」開催準備とやってみた感想

続きを見る

写真の販売を通じて

写真の販売をオンラインで行っていますが、実は、これも発信の機会になっています。

オンライン販売では、多くの写真の中から自宅で保護者が購入写真を選ぶんですが、その際に他の写真もたくさん目にすることになるので、学童の様子がよくわかるんですね。

オンライン販売は様々な業者がサービスを展開しています。

私たちが使っているのは「はいチーズ!」です。

活動をDVDに

高学年キャンプなどの大型行事は、動画をDVDにまとめて、家庭に配布することもあります。

2泊3日のキャンプをドキュメンタリーとしてまとめて見てもらうんです。

フォトブックに思い出をまとめて

年度末には、高学年の活動を一冊のフォトブックにまとめて、1人ひとりにプレゼントします。

しまうまプリントなら、A5サイズで498円から、なかなかのクオリティーのフォトブックが作れます。

制作も、ネット上で行うことができ、それほど難しくありません。

良いエピソードは多い方が良い

所長

良いシーンや良いエピソードはできるだけたくさんあった方がいいんだよ

「ヒヤリハット」に対して「にやりホッと」という言葉がありますが、学童での子ども達の最高の瞬間や、素敵な笑顔、心温まるエピソードなんてものは、多けりゃ多い方がいいんです。

そして、そんなシーンを切り取り発信していく活動は大変だけど意味があるんです。

指導員

失敗談や、とんでもハプニングや、うっかりエピソードなんかも発信したいわ

所長

そうだね、それも大切な発信さ

様々な機会に様々な方法で、指導員が大切にしていることを保護者や地域に発信していく

言葉や理屈じゃなく、子ども達の笑顔や生き生きとした姿を届けること。時にダイレクトに、時にふんわりと、そうして学童保育への理解や共感を広げていくんです

さいごに

所長

今回は学童保育の良さを発信することをテーマに記事をお届けしました

いかがだったでしょうか?

指導員

懇談会の時の動画作成とか、先輩たちが苦労しているのを見てたけど、ちゃんと意味があったんですね

もう一度おさらいしておきますね。

  • ますは、育成支援をしっかりと行い、安定した学童の生活をつくること
  • 9月頃になると、そうやって4月から積み重ねてきた生活が、子ども達の成長として表れてくる
  • それら子どもの姿をしっかりとキャッチすること
  • キャッチした子ども達の姿を積極的に発信していく
  • それが学童保育への理解や協力につながっていく

これを一連の流れとしてとらえておくことが、子ども達や指導員にとって過ごしやすくのびのびとした学童保育の生活に返ってくる。

所長

いいかい

子ども時代の良さとか、遊びの大切さってのは、数値化できないいわばプライスレスな価値なんだ

それらを中心にすえて活動を展開する学童だからこそ、指導員の積極的な発信や保育を「見せて魅せる」営みが大事なんだ。

所長

はい、わかったら文集作成がんばろうね

指導員

りょうかいっす~

指導員

ファイト~

というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の記事もお楽しみに~。

こちらもCHECK

怪我やトラブルの保護者対応 家庭へ連絡を入れるかどうかの判断基準は?(前編)

続きを見る

スポンサーリンク

-学び
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO