" />

チームワーク

【学童保育指導員のチームワーク③】指導員連携の具体的手段「ゾーン」を図解!

スポンサーリンク

この記事の内容

がってん学童保育所の指導員集団が、チームとして成長していく過程を描くシリーズの第三話目。中堅指導員のりえ先生の負担を軽減し、がってん学童のチームワークを向上するために、新人指導員のたけし先生に、指導員のチームワークをレクチャーします。指導員のチームワーク向上に課題意識のある皆さんにおすすめです。

目次

  • 指導員育成時の先輩指導員の心構え
  • なぜ学童保育にチームワークが必要なの?
  • 学童保育における「ゾーン・ディフェンス」を解説
  • トラブル発生時のチームワーク

こちらもCHECK

【学童保育指導員のチームワーク①】「中堅指導員」の私を疲れさせる理由は・・・

続きを見る

こちらもCHECK

【学童保育指導員のチームワーク②】あと3か月間で指導員の「チーム力」をUPさせなければいけない理由

続きを見る

指導員育成時の先輩指導員の心構え

仮田先生

りえ君、新人指導員のたけし君に、チームワークについてレクチャーする前に、聞いて欲しいことがあるんじゃ

指導員

なんでしょう?

新人指導員に、学童保育の仕事内容を伝えるうえでの、先輩指導員の心構えについてじゃ。

よいか、我々学童保育指導員は、「伝えること」「教えること」そして「育てること」のプロフェッショナルじゃ

普段我々が、子どもたちを相手に発揮しておる『指導員の専門性』を、新人指導員を相手にそのまま使う」これが新人指導員育成の「コツ」なんじゃよ。

指導員

なるほど・・・

仮田先生

しかしな、これが意外と難しいんじゃ

りえ君は、新年度、新人のたけし君にイライラする場面があったと思うのじゃが、それはなぜだろうか?

指導員

大人なのに、なんでそんなこともわからないの?って思ってしまいました

仮田先生

その、「大人なのに」が、指導員育成の邪魔をしおるんじゃよ

よいかな、新人指導員と対する時は、「大人だから」や「大人なのに」を忘れることじゃ。新1年生の子どもたちと向き合う時と同じように、笑顔で、わかりやすく、ゆっくりと、ていねいに、新人指導員に教えていくんじゃよ。

そして、「できていないこと」を責めるのではなく、「できていること」をどれだけ認められるか、これも子どもの対応と全く同じなんじゃよ。

この、帰りの会の記事を、新人指導員の育成という観点でもう一度読み直してごらん。

【学童保育】新年度の雰囲気作りは「帰りの会」から!

続きを見る

指導員

新人指導員の「ちょっといい姿」を見つけることを大切にしてみます!

仮田先生

では、以上を踏まえて、いよいよたけし君に、チームワークの話をしてみようかの

なぜ学童保育にチームワークが必要なの?

指導員

なんすか?話って??

仮田先生

指導員のチームワークの話がしたいんじゃよ

指導員

しどういんのちーむわーく?

そうじゃよ。学童保育の指導員にとって、チームワークは、とってもとっても大切なんじゃ

なぜ学童保育でチームワークが大切か、まず最初に説明するから聞いておくれ。

これは、小学校での子どもたちと先生の様子じゃ。子ども達は席に座って、先生の授業を聞いておるじゃろ。小学校では、クラスの30人の子どもたち全員が、同じ授業をするんじゃ。

次にこれが、学童保育での子どもたちの様子じゃ。子どもたちは、一人ひとりが自分のやりたい好きな遊びをしておる。あっちでドッチボールをしたり、こっちでマンカラをしたり、そっちでけん玉をしたりと、学童保育施設全体を使って、様々な遊びが同時進行で行われておるんじゃな

仮田先生

学童で子ども達が、学校のように全員同じ活動をしてくれたら、指導員が見やすいのに」という考えは、間違いじゃぞ

学童は、子ども達がやりたいことを思いっきりできる「放課後」の時間じゃ。子どもたちが自由に、のびのびと遊ぶことを保障しないといかん

だから、学童では、複数の指導員で、自由自在に活動する子どもたちのことを見ておるんじゃ。

複数の指導員で子どもたちをみる以上、そこには指導員と指導員の「連携」が必要となる

仮田先生

ここまではよいかな?

指導員

か、かんぺきっす!

学童保育における「ゾーン・ディフェンス」を解説

指導員間の連携の具体的な方法として、がってん学童では、エリアごとに指導員が分担して保育にあたっておる。例えば、今日の外遊びはたけし君が担当、部屋遊びはりえ君が担当、というようにな。そうすることで、施設全体に指導員の目が行きわたるようにしておるんじゃ。

仮田先生

たけし君は、「ゾーン・ディフェンス」を知っておるかな?

指導員

知ってます!おいら、サッカーやってたんで!

ゾーン・ディフェンスとは

サッカーやバスケットボールなど様々なスポーツにおける戦略。端的に言うと、「エリアを守る」戦術。

学童保育で指導員が行っている「エリア分担」は、スポーツでいうところの「ゾーン・ディフェンス」にとてもよく似ておる。だから、今後は、「エリア分担」のことを「ゾーン」(ゾーン・ディフェンス)と呼ぶことにするよ。

一方で、特別に配慮を要する子どもには、マンツーマンで指導員が支援にあたる場合もある。

マンツーマンとは

相手チームの1人に対し、味方チーム1人が対応する戦略。

仮田先生

学童保育現場では、「ゾーン」と「マンツーマン」を併用して、全体の子どもに支援が行き届くような体制をとっておるんじゃ

指導員

なるほど~!!

「エリアごとに担当する」ということを「その場所だけ見ていたらよい」と誤解してはいけないよ。子どもたちの動きに合わせて、「ゾーン」も絶えず変化していく、それには指導員のチームワークが必要なんじゃ。

次の図をみてごらん。

このように、指導員が「ゾーン」で子どもたちをみているとしよう。

この時、子どもたちの遊びが変化して、B部屋に子どもが1人もいなくなり、A部屋にたくさんの子どもがいる状況が生まれたとする。

仮田先生

B部屋をみていたたけし君は、どのように動いたらいいと思う?

指導員

A部屋に行くっす!

仮田先生

よくできました。

子どもたちの動きに合わせて、指導員の「ゾーン」も、常に形を変えていくんじゃ。子どもがいない場所を守っていても意味がないじゃろ?

このたけし君の動きこそが「指導員のチームワーク」なんじゃ。

仮田先生

では次に、子どもたちがA部屋から屋外に移動したとしよう。たけし君ならどうする?

指導員

所長と相談して、どっちかが屋外に行くっす!

仮田先生

またまた大正解じゃ!

子どもの動きに合わせて刻々と変わる学童の状況を、指導員はチームワークを駆使して、「ゾーン」を柔軟に変化させながら保育を行っていくんじゃ。

それでこそ、子ども達の安全を守りながら、のびのびとした遊びを保障することができるんじゃよ。

トラブル発生時のチームワーク

仮田先生

別の場面でも見てみよう

このように指導員が「ゾーン」で子どもたちをみているとしよう。たけし君はB部屋で子どもたちをみておる。

その時、A部屋で子ども同士のトラブルが発生し、所長がトラブル対応にあたったとする

仮田先生

たけし君ならどう動く?

指導員

A部屋とB部屋のどちらも見渡せるポジショニングを取るっす!

では、そこで同時にB部屋でもトラブルが発生したとする、たけし君ならどうする?

そのような状況は、夏休みの一日保育の中などでは、普通に起こるぞえ。

指導員

えーっと、えーっと・・・

指導員

私なら、たけし先生にB部屋のトラブル対応にあたってもらい、C部屋にいる仮田先生に「全体」を見てもらいます。

仮田先生

さすが、中堅のりえ君じゃ・・・

「ただいま~!!」

おっと、子ども達が返ってきたようじゃな。

この話にはまだ続きがあるんじゃが・・・

一応言っとくが、

仮田先生

今日はまだ、「ゾーン」を使おうとしてはいけないよ

指導員

つ、つかえない??

指導員

今までの話はなんだったのさ~??

仮田先生

「ゾーン」を現場に応用するためには、「3つのスキル」が必須なんじゃ

その話はまた、明日にするとしよう。さぁ!皆の衆、楽しい放課後の始まりじゃぞ~!!

こちらもCHECK

【学童保育指導員のチームワーク④】指導員連携に必須の3つのスキルとは

続きを見る

指導員

おかえり!かけるくん!

子ども

ただいマンゴー!

指導員

おかえリンゴ!かっけー!

(続く)

-チームワーク

© 2022 GATTEN!GAKUDO