" />

保護者 学び

【学童保育】指導員・保護者が必見の動画 「TED Hope invites」

スポンサーリンク

所長

今日の職員研修では、みんなで動画を見たいと思います。

指導員

は~い!

指導員

(所長の話じゃなくて)ラッキー!

「TED」は、世界各国の著名人から一般の人まで、様々な分野の知識人のスピーチを配信しています。

幅広い知識や考えに触れることができ、学童で子どもと向き合う時のヒントが得られるので、私はよく見ています。

その中から、学童保育につながるとてもよい話をいくつかご紹介します。

植松努「思うは招く」

所長

僕は、この動画が大好きで、50回くらい見ています。

お話をしてくれる植松努さんは、北海道で工業用マグネットの会社を営みながら、宇宙ロケットの開発をしている方です。

「Hope invites 思うは招く」という講演では、「どうせ無理」という子どもの思いに、「だったらこうしてみたら?」と大人が返すことで、夢をあきらめない子どもが育つし、いじめもなくなるんだよ、という内容です。

指導員だけでなく保護者にもおすすめです。ぜひ見てみてください。

リタ・ピアソン「すべての子どもに強い見方を」

私たちが、学童で育む「仲間関係」の大切さを教えてくれるスピーチです。

講演者のリタ・ピアソンさんの人柄も素敵です。子どもの失敗やハプニングを、こんなふうに話したいものです。

ジュリー・リスコット=ヘイムス「我が子を成功させる、やりすぎない子育て」

子育ての秘訣を教えるスピーチですが、学童の生活にも通じるものがあります。勉強や過度の期待ではなく、子どもにとって本当に大切な物とは・・・。

いかがだったでしょうか。

今回は、3つの動画をご紹介しました。

TEDは無数のスピーチを配信しているので、明日から学童で子ども達と向き合うモチベーションを高めてくれる動画ときっと出会えるはずです。

こちらもCHECK

学童保育わくどきの法則

続きを見る

-保護者, 学び

© 2022 GATTEN!GAKUDO