" />

その他

【学童保育】ケンカの時に手が出たら止める?止めない?

子ども同士が取っ組み合いをした時の対応をめぐって、指導員の考えの違いが浮き彫りになりました。ケンカが始まったらすぐに止めるのか、それとも見守るのか?お互いの意見を出し合う中で、ケンカの対応について考えを深めていく職員の姿を書きました。

新着記事

2022/11/29

【学童保育】ケンカの時に手が出たら止める?止めない?

子ども同士が取っ組み合いをした時の対応をめぐって、指導員の考えの違いが浮き彫りになりました。ケンカが始まったらすぐに止めるのか、それとも見守るのか?お互いの意見を出し合う中で、ケンカの対応について考えを深めていく職員の姿を書きました。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいない ...

ReadMore

2022/11/23

【学童保育】コピペで使える12月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

12月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 12月のおたより冒頭のあいさつ文例2 12月号のおたよりで伝えたい内容3 12月号のおたよりで伝えた ...

ReadMore

2022/11/18

利用児童が骨折した時、保護者にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え③」

今回は、保護者から、児童が骨折したことを告げられた時、職員としてどのような言葉がけをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保 ...

ReadMore

2022/11/14

【学童保育】勉強嫌いの学童っ子が猛勉強して夢をかなえた話

子どもたちの日々のドラマは、ハラハラ、ヒヤヒヤの連続です。時にはイライラしてもう我慢ならん!と思ったり、この子の人生いったいどうなんねん・・・と心配になることもあるかもしれません。 けど、今はそのままで大丈夫なのかもしれません。子どもたちは、いずれ、自分の目標を見つけた時、大人がびっくりするような力を発揮するのです。 そのことを、自分の人生を通して私に教えてくれた、一人の学童っ子がいます。その少年「K」が、久しぶりに私の家にやってきた時には、30歳の立派な大人になっていました。 新着記事 学童保育指導員に ...

ReadMore

2022/11/10

【学童保育】各学年で大切にしたい育成支援の目標「職場で話し合ってみよう」

小学校1年生から6年生までが過ごす、異年齢集団の学童保育。「各学年で大切にしたいことを明確にしながら育成支援を行うことについて考えてみよう」が今回のテーマです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ   各学年の支援目標って必要? こんにちは、がってん学童所長です。 今日のテーマは「学童保育で子ども達の育成支援を行う上で、各学年 ...

ReadMore

2022/11/7

利用者や職員の身内に不幸があった時にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え②」

長く学童保育の仕事をしていると、様々なことを経験します。 今回は、利用児童の保護者から、親戚が亡くなられたことを伝えられた時、職員としてどのような言葉がけや振る舞いをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時保護者が事故に遭った時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 ...

ReadMore

2022/11/6

【学童保育】保護者から新型コロナ感染の連絡を受けた時の対応「信頼と安心を育むとっさの受け答え①」

保護者 娘が新型コロナウィルスに感染していることがわかりまして・・・ 保護者から施設に、このような電話があった時、皆さんはどのように応えますか? 指導員 そうなんですね。お大事になさってください。 一般的には、このような対応かと思います。 しかし、子どもの健康と安全を守り、保護者が安心してして我が子を預けられるように、信頼関係を築いていく学童保育のような施設では、これだけの対応では100点満点中、20点の残念な対応と言えます。 今回の記事では、新型コロナ感染や身内の不幸、保護者が事故に遭ったなど、一般的な ...

ReadMore

2022/10/31

【学童保育】子ども理解とかかわりを深めよう「2秒間の我慢?子どもの行動の背景を考えるということ」

障害や発達特性のある子どもは、結果としての「行動・言動」と、背景としてのその子の「思い」が必ずしも一致せず、ずれてしまうことにより困り感を募らせる傾向があります。私たち支援者には、子どもの行動だけでなく背景を理解しようとする姿勢が必要です。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は3分で読めます。 所長 こんにちは、がっ ...

ReadMore

2022/10/26

【学童保育】「子どもの身体にあざが・・・」児童虐待の疑いがある時に職員がとるべき正しい行動は?(保育士試験出題より)

今回の記事は、保育士試験の出題をもとに、児童虐待の疑いがあった時の職員の行動について確認したいと思います。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ この記事は5分で読めます。 所長 こんにちは、がってん学童所長です。 今回は、2019年度の保育士試験の、児童虐待に関する出題内容を、ストーリーとしてまとめました。 後に続く5つの対応 ...

ReadMore

2022/11/23

【学童保育】コピペで使える11月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

11月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 11月のおたより冒頭のあいさつ文例2 11月号のおたよりで伝えたい内容2.1 11月3日は「文化の日 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


指導員

皆さんこんにちは

私は、がってん学童で放課後児童支援員をしています。

経験年数は4年目で、職場では「中堅」といったポジションです。

色々と悩むこともありますが、子どもたちや職場の先輩、保護者の皆さんから学びながら毎日顔晴って(がんばって)います。

最近、Twitterを始めましたので、良かったらフォローしてくださいね。

緊急事態、取っ組み合いのケンカが始まった!

ある日のおやつ後のことでした。

てっちゃんとかける君がけんかしてるよ!!

と、3年生のさっちゃんが私を呼びにきてくれたので、すぐに見にいきました。

現着すると、まさに二人がつかみ合いのケンカをしているではありませんか。

私は、とにもかくにも二人をひっぺがして話を聞こうとしたんですけど、その時、そこにたけし先生がいたことに気づいて、目ん玉が飛び出るかと思いました。

指導員

あ・・・あなた・・・

いつからここにいたの??

指導員

さ、さいしょから・・・

指導員

なんでとめないんだよ~!!)

まわりに子どもたちがいたから声には出さなかったけど、私は心の中で絶叫しました。

指導員

はっ、今はそれどころではないわ。二人のけんかをとめなくっちゃ!!)

私は気を取り直して、てっちゃんとかける君の間に割って入りました。

二人は、とても興奮していて、なかなか落ち着きませんでした。

時間をかけて、なんとか向かい合って座るところまで持っていくことができたのですが、その後も口を開こうとしません。

二人のとっくみあいの原因は?

指導員

いったい何があったのよ?

話してごらん。

・・・。

・・・。

これはよほどのことがあったのかもしれない・・・。あっそうだ!最初から事の顛末を見届けていたヤツがいるじゃない。

指導員

たけし先生、ずっとそこにいたんでしょ?何があったのか教えてくれる?

指導員

・・・。

って、なんで、あなたまで黙り込んでるのよ!最初から見ていたんでしょ?

指導員

き、きこえなかった?

何があったか聞いているんだけど。

指導員

い、いや、その、なんて説明したらいいものか・・・。

それから彼が話したのは、以下のような内容でした。

  • てっちゃんがマンガを読んでいたらかける君がふざけてちょっかいをかけてきた。(こちょこちょするなど)
  • てっちゃんは無視をしてとりあわなかった。
  • かける君のてっちゃんへのちょっかいは次第にエスカレートしていった。(軽くたたいたりつねったりした)
  • てっちゃんは「やめろ!」と口で何度か注意した。
  • 見ていたたけし先生もかける君に注意した。
  • だけどかける君はちょっかいをやめなかった。
  • てっちゃんが怒りだし、言い合いが始まった。
  • その中である言葉をかける君が言ったことで、てっちゃんがとびかかった。

あとは私が見た通りとのことです。

指導員

なるほど・・・。

それで、そこまでてっちゃんを怒らせたかける君の言葉ってなんだったのよ?

指導員

そ、それが・・・

「りえ先生が好きなくせに!」って。

指導員

な、な、なんと??

そこまでのやりとりをそばで聞いていたてっちゃんが、突然叫びました。

てっちゃん

こんなおばさんすきになるか!!

指導員

がーん

ほんとの本当にね、頭の中で「がーん」って、除夜の鐘のような音が鳴り響いたんです。

おばさんって・・・。

この人たちは、なんなんでしょうね、いったい・・・。

バカバカしくなった私は、たけし先生にその後の対応を任せることにしました。

その後の対応について

翌日の職員打ち合わせで・・・

所長

・・・そんなことがあったのか。

指導員

はい。

指導員

それで、その後の話はどうなったのよ。

たけし先生が言うには、その後、二人は話し合いをして、お互いの思いを言葉で伝えあったそうです。

かける君が、てっちゃんにちょっかいをかけた理由は、「一緒に遊びたかったから」とのことでした。

指導員

二人の気持ちを聞き取った後に、僕からは、だいたいこんな感じで話をして考えてもらいました。

  • 一緒に遊びたいのならどのように言えばよかっただろう?(かける)
  • 最初に我慢したのはえらかった。言葉で「やめて」と伝えていた。(てつお)
  • 手をだしてしまったことはどうだったんだろうか?。(てつお・かける)
  • りえ先生に言った言葉はどうだろう?(てつお)

ケンカで手が出たらまずとめる理由は?

指導員

二人とも怪我がなくて、本当に良かったわ。

私たちの仕事は、第一に子どもの安全を守ることです。学童のトラブルで怪我になるようなことがないように、私は、いつも注意を払っています。

学童保育の対象となる小学生の子どもの中には、まだ十分に気持ちを言葉で表現することができない子もいます。カッとなって手足が出てしまうこともあるのですが、頭に血が上って力加減ができないような状態で手を出すのはとても危険だと思います。

ケンカで手足が出た時に止めるのは、大切な子どもたちを怪我から守るのと同時に、怪我をさせてしまったという状況から子どもを守ることでもあります。

私は、すぐに止めて、そのうえで、お互いの怒りや悔しさ、本当に言いたかった思いを言葉で伝えあうように子どもたちに話します。

指導員

・・・なのに、なぜ?

たけし先生がケンカをすぐに止めなかった理由

指導員

なんで、あなたは、すぐにケンカを止めなかったのよ!?

指導員

いや、様子を見守っていて、怪我になるようなら割って入ろうと思っていました。

指導員

様子を見守るとかじゃなくって、指導員ならすぐにとめなくっちゃならないでしょうが!

指導員

え?

「え?」だと??

これまでのたけし先生との付き合いで知っています。彼がこんなあいまいな反応をする時は、腹の中で言いたいことを抱えている時なんです。

指導員

なんか言いたいことがあるみたいね。はっきり言ってごらんよ。

指導員

じゃ、じゃあ遠慮なく言いますけど、僕は先輩は止めるのが少し早かったんじゃないかと思っています。

指導員

なんでそう思うの?理由を聞かせてくれる?

指導員

なんでもかんでも指導員がとめてしまったら、子どものためにならないと思うからっす。

たけし先生は、てっちゃんとかける君のやりとりを最初から、一部始終立ち会っていて、かける君のしつこさや引き際の悪さ、てっちゃんが我慢をしたことや堪忍袋の緒が切れた瞬間なども見ていて、あえて取っ組み合いを止めなかったと言いました。

たけし先生はこのようにも言いました。

指導員

てっちゃんとかっけーのケンカだったからってのもあります。

二人の普段の関係性が対等だから、今回は見守ることにしたと。

指導員

こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、僕は、小学校低学年の子ども同士のケンカで、そんな大けがになるとは思わない。むしろ、ケンカのルールや力加減を学ばないまま高学年や中学生になることの方が怖いと思っています。

指導員

な、なぬ~!!

私は驚きました。職員間でこんなにも認識が違っていたとは・・・。

指導員

い、一応聞いておくけど、あなたの言う「ケンカのルール」ってどういうことなのよ?

指導員

噛みつき、引っかき、髪の毛を引っ張るのは卑怯者がやること」とかっすかね。

指導員

なんじゃそりゃ~!!

ケンカに関する様々な親の考え

その時、それまで黙って話を聞いていた、所長が口を開きました。

所長

「けんか」についての考え方って色々あるよね。

二人の話を聞いていて、これまで僕が出会った保護者のことを思い出したよ。

指導員

保護者?

指導員

色んな考え?

以下、所長の話です。

ある保護者から言われたこと①

子ども同士のけんかで、お互いに手を出した一件について、指導員の対応を家庭に報告した時のことだった。

保護者

私は、2回は我慢しろ、3回目は我慢せずにやり返せと息子に教えています。

所長

え?

そのお父さんは、我が子が手を出したことについては当然の行為だと言ったんだ。

ある保護者から言われたこと②

また別の保護者は、

所長

・・・ということがありまして、私から〇〇君に「どんな時も手をだしてはいけないよ」と話しておきました。

保護者

え?どんな時も?殴られてもやり返してはいけないっていうの?

と、言葉尻をつかんで反論された。

ある保護者から言われたこと③

またある時は、唾をかけられたことが原因のケンカの対応について家庭に連絡したら、翌日お父さんが学童にやってきて、

保護者

俺は、息子が殴られたのはかまわないが、唾を吐きかけられたことだけは許せねぇ!!

とすごい剣幕で怒られた。そのお父さんにとっては、唾をかけられるということは、殴られるより何より最大の屈辱だったんだね。


所長

一応言っておくけど、みんないいお父さん・お母さんたちだったんだよ。

ちょっと極端な意見を持ってる保護者だと思われるかもしれないけど、普段は皆さん穏やかで人の好い方たちだったよ。

職員としての考えを明確に

僕は、このような保護者とのやり取りの中で、各家庭の色々な考えや親の様々な意見を知った。

自分の伝え方の悪さを反省することもあったし、そのような保護者の言葉の奥底に我が子に対する愛情を感じることもあった。

所長

だけど、そんなふうに、様々な考えが混在する中で、職員として明確な立場をとることが必要だと思ったんだ。

各家庭の考えは考えとして、学童保育施設で過ごす以上、施設のルールを尊重してもらいたい。それは、先ほどりえ先生が言ったように、

  • 子どもの安全を守ること
  • 暴力は認めないこと
  • 言葉で気持ちを伝えられるように支援すること

ということだった。

小学校の6年間で、子どもたちは言葉や認知が大きく発達する。内面の発達にともなって、子ども同士のケンカは肉体的なぶつかり合いから、次第に言葉の応酬や精神的なせめぎ合いに移行していくと言われている。

学童の子どもたちは、気持ちや感情を言葉で伝えたり、相手の気持ちを理解することを学んでいく時期にあるんだね。

同時に、何事も平和的に解決する文化や、物や人を大切にする雰囲気を学童全体で作っていくことってとても大切なことだと思う。

ところで、さっき話した保護者の皆さんは、叩いたり叩かれたりしたという「結果」よりも、それまでの経緯や、子ども自身が納得しているかどうかに重きを置いている人たちだった。

僕は、そのような人たちとのかかわりからも、ケンカを止めることは大切だけど、そこにいたるまでの子どもの思いや、その後に子ども同士が納得がいくまで話し合うということが、本当に大切なことだと思うようになったんだよ。

ケンカと暴力の違い

所長

ところで、ケンカと暴力の違いは知っているよね。

指導員

まぁ、だいたいわ・・・。

これは、僕の中での定義だけど、こんなふうに考えてる。

  • ケンカ=同じような立場の者同士の意見と意見のぶつかり合い
  • 暴力=強い者が弱い者を力で屈服させること

上級生と下級生など明らかに力の差があるケンカや、1対多数のケンカなどは、「暴力」となる場合がある。

暴力は手を出す出さないに限らず、強い者が一方的に力を行使して相手を屈服させる行為だから、職員が子どもに威圧的な言葉がけをするような行為も暴力となる。重々に気をつけなければならない。

所長

暴力はいけないことだって、みんな思っているよね。

指導員

もちろん。

ケンカと暴力の境目は?

さっきも言ったように、手が出なくても暴力となる場合がある。一方で、ケンカの中で手がでてしまうこともある。てっちゃんとかける君のケンカの時みたいに。

所長

ケンカと暴力をどこでわけるかって難しいよね。

正当防衛や、大切な人を助けるために手を出すような場合があるかもしれない。

一方で、大人の世界では、ケンカであっても手を出したら暴行罪、相手に怪我をさせたら傷害罪として検挙されてしまう。

子ども達と長年かかわってきて、どんな説明が子どもにとってわかりやすいかと悩んだりしたけど、やっぱり、ケンカの中であっても、手を出したらそれは暴力なんだというのが今の僕の考えだ。異論があればいつでも話し合いたいと思っているよ。

所長

僕は、たけし先生がその場にいたんだったら止めてほしかったと思う。

指導員

や、やっぱし?

所長

「やっぱし」って、たけし先生にも迷いがあったんだね。

指導員

そりゃぁ、てっちゃんやかっけーのこと大切に思っていますから。

所長

たけし先生の対応にも説得力があると思ったよ。今後もケンカの対応については、みんなで意見交換をしていこうね。

さいごに・・・

このようにして、てっちゃんとかける君のケンカを通して、私たち指導員の間の考えの違いが浮き彫りになって、けど、そのことについて話し合うこともできました。

冷静になってみると、たけし先生もあの時、けして子どものケンカを放置していたわけではなく、見守っていたのです。

私にとっては、たけし先生や、所長が出会った保護者のように、色々な考えを持つ人がいることを知って、指導員として、ケンカの対応について考えを深める機会となりました。

指導員

これは私たちの学童のお話。皆さんの考えも聞かせてもらえると嬉しいです。

ご意見や感想は、サイトのコメント欄やTwitterでお受けしています。

あっ、そうそう。ケンカがあった数日後、こんなことがありましたよ。

夕方、帰り際にてっちゃんが私のところにやってきてね、

てっちゃん

・・・りえ先生。

指導員

てっちゃん、どうしたの?

・・・ちょっと耳をかして

指導員

な~に?

ごにょごにょごにょ・・・

指導員

え?

私の頭の中に素敵なチャイムの音色が響きわたりました。

てっちゃんが、この時何を言ったのかは、二人だけのひ・み・つ・💛

(おわり)


今回の記事を書くにあたっては、Twitterのりえ先生アカウントでのケンカの対応に関するフォロワー様のご意見を一部参考にさせていただきました。ご意見をくださった皆様ありがとうございました。

-その他
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO