" />

その他

【学童保育】子どもからアイスをおごってもらった指導員の話

スポンサーリンク

所長

僕が指導員になって、3カ月くらいのことなんだけど、

もう今から20年以上前の話です。

私は、保護者会運営の学童保育所で働き始めたばかりでした。

とにかく新鮮で、楽しい毎日を過ごしていました。

そんなある日、4年生のガキ大将各の男子から、

高学年

次の日曜日、公園でみんなと野球するから、お前も絶対来いよ!

と、誘われました。

誘われたというか、命令みたいなものでした。

しかし私は、この時なんだか嬉しかったんです。

「子どもから受け入れられたんだ・・・」って。

それで、次の日曜日の昼過ぎに、わざわざ自宅から学童近くの公園まで遊びに行きました。

指導員

なにをやってるんですか、まったく・・・。

公園では、子どもたちと、野球をして遊びました。

たっぷり遊んだら、子どもたちが「おやつにしようぜ!」と言いだして、

公園の横の駄菓子屋におやつを買いに行ったんです。

その時、ガキ大将の男の子が、

高学年

おまえも食えよ!

って、僕にアイスを買ってくれたんです。

50円のアイスでした。

指導員

まさか食べたんですか!?

所長

もちろん食べたよ。

おいしかったな~。

あの頃は、本当に何も考えていなかったんだと思います。

ただ、子どもと過ごすのが楽しくて、日曜日はいらない、早く月曜日になって学童に行きたい!と、本気で思っていました。

この日の思い出は、私の中で、学童保育の「原風景」として、今でも色あせることがありません。

子どもからアイスをおごってもらった指導員の話でした。

こちらもCHECK

スポンサーリンク

-その他

© 2022 GATTEN!GAKUDO