" />

保護者 高学年

【学童保育】高学年保育の課題と取り組みを解説「高学年保育があなたの学童の命運を握る!」(後編)

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録!

詳しくはコチラ


今回の記事は「後編」です。前編はこちらから。

こちらもCHECK

【学童保育】高学年保育の課題と取り組みを解説「高学年保育があなたの学童の命運を握る!」(前編)

続きを見る

前回の反省・・・
指導員

ちょっと所長!そこに座ってください。

所長

なんでしょう・・・

指導員

前回の記事で、「高学年にとっては学童が行きたい場所になっているかどうかが重要だ!」って言ってましたけど・・・

そんなのあたりまえじゃないですか!!

低学年にとっても高学年にとっても学童が「行きたい」と思える場所になるように私は頑張っているんです!!

なにをえらそうに言っているんですか!!

所長

す、すいません・・・

この記事を書いている人

所長

がってん学童所長です

私は、高学年保育が制度化される2015年以前から、保護者運営の学童保育所で高学年保育に取り組んできました。また、2006年に異動した民営の学童保育所でも、制度に先駆けて高学年保育が実施されていたため、高学年の子どもにとって学童保育がどうあるべきか、悩みつつ試行錯誤を繰り返し実践を積み重ねてきました。

今回の記事は、そんな私や私の仲間の指導員の経験をもとに書いています。

この記事の目次

  • 高学年が「行きたくなる」場所であるために
  • 高学年の発達段階
  • 保護者の理解と協力を得る
  • 高学年の自立・自治活動
  • 高学年保育の年間計画
  • 高学年保育の行事取り組み
  • 高学年におすすめの活動や工夫
  • さいごに・・・

高学年が「行きたくなる」場所であるために

所長

高学年にとって、学童がどんな場所なら「行きたい」と思えるでしょうか

私は次の3つの条件があることが、高学年が学童保育に通い続けるためには大切だと思います。

高学年が来たくなる

  • 高学年の力を発揮できる活動内容
  • 忙しい高学年がホッとできる場
  • 高学年同士が仲間と過ごす時間

大きく発達段階の異なる、1年生と6年生が同じ活動内容というのは、やっぱり高学年にとっては物足りないでしょう。高学年としての力を発揮できる、高学年独自の活動を開発し定着させていくことは大きな課題だと思います

また、それらの活動を行ううえでも、忘れてはいけないのが、高学年は低学年に比べて忙しいということです。高学年の子どもたちにとって、学童でホッとして過ごせる時間や指導員との関係は大切です。

そして、高学年の子どもたちが、学童で同じ年齢同士の仲間と過ごすことができること、これが最も大切だということを私は何度も思い知らされてきました。

指導員が工夫を凝らし時間をかけ、子どもたちと一緒に豊かな高学年の活動内容を築いたとしても、仲間の高学年1人が学童を辞めたことをきっかけに、数人の高学年が次々に学童を辞めてしまう、ということが起こるのです。

所長

こんな時は、指導員としては力不足を感じて悔しいもんだよ

指導員

「来たくなかったら来なくていい」とか言ってたくせに・・・

それだけ、高学年の子どもたちにとって、仲間とのつながりは重要なんです。

所長

低学年と高学年の間の「憧れ・憧れる関係」って大切でしょ

けど私は、まずは、高学年集団として、同年代の子どもたちの仲間関係があること。そして、高学年集団の中で、4年生と6年生の間に「憧れ・憧れられる関係」があるってことが大切なんだと思っているんです。

指導員

憧れの対象となる姿が、「すごい!」とか「かっこいい!」だけじゃなくて、子どもたちのいろんな姿を認めていけるようにしたいわ・・・

高学年の発達段階

所長

高学年の発達段階についてもおさらいしておこうか

高学年の発達段階

【おおむね9歳~10歳】

  • お金の役割等社会の仕組みについて理解し始める
  • 遊びに必要な身体的技能が高まる
  • 同年代の集団や仲間を好み、大人に頼らず活動しようとする

【おおむね11歳~12歳】

  • ある程度、計画性のある生活を営めるようになる
  • 大人からより一層自立的になる
  • 少人数の仲間で「秘密の世界」共有する
  • 友情が芽生え、個人的な関係を大切にするようになる
  • 身体面において第2次性徴が見られ、思春期・青年期の発達的特徴が芽生える

「放課後児童クラブ運営指針より抜粋」

9歳から10歳頃は、ギャング・グループとして、一緒に好きな活動ができる仲間が中心だったのが、11歳以降の発達段階では、より内面的に共感し合える仲間関係を求めるようになってきます。

指導員

高学年とのかかわりや、高学年活動を計画するうえでは、発達段階を踏まえておくことが大切ですね

こちらもCHECK

【学童保育】「ギャングエイジ」と呼ばれる子どもたち

続きを見る

保護者の理解と協力を得る

高学年がどのように学童で過ごすかは、低学年の保護者にとっては、いずれは我が子が通る道でもあります。指導員と保護者で、1年生から6年生まで、子どもたちが学童保育でどのように過ごし、どのような体験をして、どのような成長を保障していくのかを考え、共有していきます。

高学年活動を豊かに行うためには、保護者協力も必要です。高学年活動を、低学年の保護者にも広く報告し、日頃からアピールして、高学年活動の良き理解者であり協力者である保護者を増やしていきましょう。

所長

私は次の点を、高学年の保護者には、登録申請までにしっかりと考えてもらえるようお伝えしています

高学年の保護者へのお願い

  • 子ども自身が学童に登録したいと思っていますか?親の思いだけで登録はしないように、家族でしっかりと話し合ってください
  • 高学年行事への協力をお願いします。高学年が豊かな学童生活を行うためには保護者の協力が必要です
  • 毎週の高学年会議の日を大切にしてください

高学年の自立・自治活動

高学年にとっての学童は、子どもの自立を促す場であり、仲間とともに自治活動を目指していく場であるという共通認識を指導員と保護者でもっておけるといいですね。

高学年生活の次には、中学校生活がやってきます。そのために、高学年の間に身につけておきたい力や、成長のイメージを話し合い、共有していきましょう。

所長

3年生までの成長も大切ですよ。その上に高学年生活があるのですから

日頃の生活である、おやつや片付け・宿題などもそうですが、大人の援助を少なくして、自分たちで考え行っていけるように、その中で失敗や成功を通して子どもたちが成長していけるような指導員のかかわりや保護者の見守りを大切にしましょう。

以下に述べるような「高学年行事」では、その企画や運営にあたっては、「自分たちで考え、自分たちで実現する」ことを目指して行います。

がってん学童の高学年活動の紹介

所長

高学年集団の規模や活動内容は施設によって大きく違います

こうでないといけない、というものではなく、自分の施設の特色や環境を活かして、どのようなことができるのかを考えてほしいです

がってん学童保育所の取り組みが皆さんの参考になれば幸いです

高学年保育の年間予定

指導員

がってん学童の高学年活動の年間予定はこんな感じです

4月・結成式
5月
6月・飯盒炊爨
7月高学年キャンプ
8月・夏祭り(お化け屋敷・ステージ発表)
9月・川遊び
10月・駄菓子屋さんごっこ
11月バザー(駄菓子屋)
12月・ドッジボール大会
1月
2月
3月春合宿
指導員

昨年は新型コロナウィルスのため、多くの行事が中止となってしまいました

そんな中でも、「子どもたちとしてはどうしたいのか?」「どうやったら実施できるのか?」を話し合い、高学年会議の結論と施設側(大人)の意見を突き合わせ、検討を重ねました。

結果として、やっぱり中止とせざるを得なかった行事や、形を変えて実施した行事、感染予防を考えながら予定通りの内容で実施した行事などがありました。

高学年の行事取り組み

指導員

がってん学童の高学年行事の内容をご紹介します!

結成式

高学年の子どもたちが、1年間の「やりたいこと」を話し合ったり、高学年としてのルールや目標を考えるための取り組みです。

一人ひとりの目標は、低学年の子どもたち全員の前で発表します。

高学年

低学年の人たちにいろんなことを教えてあげたいです!

高学年

高学年キャンプを頑張るぜ!

高学年

高学年会議で司会を頑張りま~す

この「決意表明」の場は、高学年の子どもたちが、新年度に、新たなステージに立ったという自覚と誇りを持てるようになるために行っています。

見守る低学年の子どもたちも興味津々です。

飯盒炊爨
高学年

キャンプに向けて、火起こしの練習をするんだぜ

夏休みのキャンプに向けて、近場の河原で、炊飯や野外調理をします。

班ごとに、メニューや役割分担を考え、当日は班のメンバーで協力して、調理や火起こしを行います。

高学年キャンプ
高学年

私はキャンプ行くために高学年学童に入ったんだよ!

6月頃から、行き先について話し合ったり、2泊3日のプログラムや野外調理のメニューを相談します。

キャンプ当日だけでなく、キャンプまでの話し合いや準備などの過程も含めて、高学年としての力を存分に発揮できる行事です。

参考までに、がってん学童の高学年キャンプのスケジュールです。プログラムは子どもたちが話し合うので、年によって変わりますが、大体このようになることが多いです。

キャンプスケジュール

【1日目】

  • 集合・出発
  • 移動
  • キャンプ場到着
  • お弁当
  • 海水浴
  • 夕食作り・夕食
  • キャンプファイヤー
  • ミーティング

【2日目】

  • ミーティング
  • 朝食作り
  • 釣り
  • 昼食(食堂)
  • 海水浴
  • 夕食作り・夕食
  • 肝試し
  • ミーティング

【3日目】

  • ミーティング
  • 朝食作り
  • 片付け・自由時間
  • 昼食(購入)
  • キャンプ場出発
  • 移動
  • 学童に到着・解散

キャンプは、準備から当日の運営まで含めて大がかりな取り組みで、指導員の経験がいります。また、保護者協力も不可欠となります。

保護者

娘が高学年になったら、会話も少なくなって・・・

キャンプのおかげで、娘とかかわったり、娘の仲間関係を知ることができて、いい機会になっています

ちなみに、がってん学童では、低学年は、3年生をリーダーとして、1泊2日の親子キャンプを行っています。親子キャンプでの経験を活かして、高学年キャンプでは、仲間で協力し合い、できる限り子どもたちの力でキャンプ生活を営むことが目標です。

夏祭り(お化け屋敷・ステージ発表)

夏の終わりに開催する「夏祭り」は、保護者が模擬店を開いたり、3年生の子どもたちが太鼓の発表などを行います。

高学年

高学年でお化け屋敷をやるんだ

人気のコーナーが、高学年のお化け屋敷。お化け屋敷の企画をしたり、仮装をしたり、子どもたちも楽しみながら取り組んでいます。

ステージ発表では、女子がダンスを発表することが多いです。流行のグループのダンスの振り付けを夏休みの間に練習します。

川遊び
高学年

近所の川に、高学年だけで遊びにいくんだよ

バザー(駄菓子屋)
高学年

高学年が駄菓子屋さんや遊びのコーナーを開きます

学童のバザーの中で、高学年が自分たちで企画したお店を開きます。班ごとに分かれて、コーナーの内容をどうするのか、看板や準備物の作成などを協力して行います。

お店の収益は、低学年を含めた子どもたちのために、おもちゃや遊具・マンガを買うなど、高学年会議で使い道を話し合います。

指導員

原価や売り上げ、利益などを考える機会となる収益活動は、高学年にふさわしい活動だと思います。

昨年は、新型コロナウィルスの感染予防のため、不特定の来場者が訪れるバザーは中止となってしまいました。なので、高学年の子どもたちと話し合い、学童の低学年をお客さんにした、お店屋さんと遊びコーナーを高学年が開きました。

ドッジボール大会

地域の学童保育所が集まって開催するドッジボール大会の高学年の部に参加します。

春合宿

春合宿では、学童に宿泊します。金曜日の学校終了後から始まり、翌日土曜日の朝に解散します。

土曜日におでかけを企画することもあります。

夕食メニューは、各自食材を一品持ち寄って「闇鍋」をしたり、グループに分かれて、即席で作ります。夜の自由時間をたっぷりとります。

指導員

段ボールを集めて、自分が寝る「段ボールハウス」を作ったこともあったわね

高学年

真夜中まで起きてしゃべってたのが楽しかったわ

高学年におすすめの活動や工夫

高学年行事は準備が大変だし、ハードルが高いわ!という指導員の皆さんには、日常の中で取り組みやすい高学年取り組みをご紹介したいと思います。

指導員

低学年から見て、「高学年っていいな~」「ちょっとずるいな~」なんて思える取り組みがあってもいいですよね!

新しい学童のおもちゃを買った時は・・・

新しいボードゲームを買った時などは、まずは、高学年の子どもたちに遊んでもらいます。そして、帰りの会で低学年の子どもたちに新しいおもちゃの紹介をしてもらいます。高学年が低学年の子どもにゲームの遊び方やルールを教える自然な姿につながります。

高学年だけで公園に遊びに行く

高学年で行きたい場所を話し合い、「施設外活動」を行います。地域の公園や、神社などに遊びに行きます。

高学年が自分たちのおやつを注文する

1人あたり100円の金額設定で、総額も計算しながら2~3品の組み合わせを選び、自分たちでおやつを注文します。以前は毎日のおやつを高学年が注文していたこともありましたが、子どもの負担になることもあり、最近では、高学年が集まる「高学年会議」の日のおやつを、自分たちで選んでいます。

100円おやつ

子どもたちに人気の取り組みです。1人100円を持って、近くのコンビニや駄菓子屋に買い物に行きます。グループでお金を合わせて購入する子どもたちもいます。

高学年のおやつ作り

高学年でメニューを決めて、おやつ作りをします。ホットケーキなど、ホットプレートを使うおやつが簡単で人気です。

好きな本やマンガを買いに行く

学童の本やマンガを増やすときには、高学年に希望を聞いて購入します。長期休みに一緒に本屋まで選びに行くことも。

帰りの会の司会を高学年に任せる

帰りの会の司会進行は、高学年の役割です。他にも、入所式や修了式では、高学年の子どもに司会をお願いします。

こちらもCHECK

【学童保育】新年度の雰囲気作りは「帰りの会」から!

続きを見る

高学年会議

週に1日、高学年が集まる日として「高学年会議」を行います。行事に向けての話し合いだけでなく、高学年みんなで遊ぶ時間も大切にしています。

自転車での登所を認める

前回の記事でも触れましたが、がってん学童では、5・6年生に限って、学童まで自転車で来ることを認めています。中学校生活に向けて、地域で過ごす力を身につけてほしいからです。また、学童からのグループ帰りは3年生までとし、高学年は、自分たちで時間を決めて、数人の仲間と一緒に家に帰っています。17時のグループ帰りでは、来所時間が遅い高学年の子どもたちが、学童で過ごす時間がほとんどなくなってしまうからです。

高学年保護者懇談会

高学年の保護者が、子育ての悩みを出し合える場として、高学年の保護者を対象とした懇談会を開催します。思春期の子どもをもつ親には悩みや苦労がつきものです。別の家庭の悩みを聞いて、「あるある~!」と共感したり、親子のかかわりのヒントを得ることができる場は、子育て支援として大切な機会となります。指導員からも、高学年にポイントをしぼった話題の提供や、保護者と指導員で大切にしたいことを発信することができます。

新しい取り組みを行う時の注意
指導員

高学年に新しい役割を頼むときは、最初は「やりたい人」にやってもらう、というスタンスがいいですよ。そのうちみんながイメージをもてるようになったら、やりたい人が増えてきます。

〇〇君に見せ場を作ってあげたいな~とか、高学年全員にリーダー性を発揮してほしい、など、指導員の思いが先行してしまうと、役割を押し付けることになってしまいます。子どもたちと一緒に、「どんなことがやってみたい?」と話し合い、子どもが主体的に取り組むことを大事にしながら進めていってくださいね。

所長

大事なことを言うのを忘れてた!

がってん学童保育所では、クラス担当とは別で、「高学年行事担当」の指導員をおいています。高学年会議や高学年行事の時は、年間を通じて、この担当指導員が活動をサポートしています。指導員の中では、高学年担当は結構人気なんですよ。

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回は、がってん学童の高学年保育の取り組み内容を中心にお届けしました。

がってん学童では、2015年に、学童保育の対象が6年生までに拡大される以前の、2000年から、高学年保育がスタートしました。長年の積み重ねがあるため、子どもたちの中にも、「高学年になったら、こんなことやあんなことができるんだ」というイメージがあります。新しく高学年行事や取り組みを立ち上げることは大変なことですが、継続していく中で、子どもたちのイメージが膨らみ、新たなアイデアも出るようになっていきます。

高学年の子どもたちにとって学童が行きたい場所であるかどうか

このことが、「あなたの学童の命運を握る!」というのが本稿のテーマです。

たった2割の高学年が、残り8割の低学年の子どもたちに与える影響は、良くも悪くも大きいのです。高学年の子どもたちが学童でどのように過ごしているのかを、低学年の子どもたちはしっかりと見ています。

高学年の子どもたちにとって学童が行きたい場所であるために、指導員の思い・子どもの意見・保護者の理解を深めながら、実践を重ねていきましょう。

所長

最後に、「高学年保育」について学べる研修をご紹介しておきますね

全国指導員学校/全国学童保育連絡協議会主催

高学年研究会(オンライン公開研究会)/一般財団法人日本学童保育士協会主催

指導員

高学年保育に悩みや課題意識のある指導員の皆さんはぜひ!

スポンサーリンク

-保護者, 高学年
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO