" />

悩み

【学童保育】「不審者」について、子どもにどう教えたらいいの?「避難訓練」を通して私達が考えたこと(後編)

スポンサーリンク

学童で行った「不審者の避難訓練」の最後に、たけし先生が子ども達に言った言葉が物議に・・・。

新着記事

2022/5/16

【学童保育】保育中に子どもを膝の上に乗せることはいけないことなのか?

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> この前、保育士さんが子どもを両膝に乗せていたら先輩保育士にとっさの時に動けないからやめた方がいいと注意されて、どうしたらいいか悩んでいるツイートを見かけました。 学童でもたまに、低学年の子とかが甘えて膝に座ることがありますが、どうするのがいいのでしょうか? ご質問ヘの回答として 学童保育では、子どもと同じ目の高さで指導員が活動するような場面がたくさんあります ...

ReadMore

2022/5/10

【早見表付き】学童保育の電話対応「その電話、自信を持って応答する方法を教えます」

電話 トゥルルル、トゥルルル・・・ 保育中、学童の電話が鳴っているのに、近くにいいる新任の職員さんやアルバイトさんが電話に出ないことや、「電話が鳴ってますよ~!」って教えにきてくれることってありませんか? 指導員 「電話が鳴ってます」ちゃうや~ん! 出てくれたらめっちゃ嬉しいねん! って、私も思っていたんですけど、よく考えたら、電話応対の方法を新しい職員さんやアルバイトさんに教えていないことに気付いたんです。 指導員 僕も最初は、電話に出るのすごく緊張するから嫌でした そうなのよ。「できない」んじゃなくて ...

ReadMore

2022/5/6

【保育・支援の姿勢】子どもの安全を守るために、適切な姿勢ができていますか?

指導員 この記事は3分で読めます! 今日は、学童保育をはじめとする、子どもの施設の職員の方に向けて、保育や支援など子どもとかかわる時の「姿勢」についてお伝えしたいと思います。 とても基本的な事柄だけに、これができていないと、いざという時に子どもを守る行動がとれなかったり、最悪のケースでは、子どもを守る立場であるはずの職員が子どもにけがをさせてしまうことになりかねない、大切な内容です。 指導員 精神的な「姿勢」ではなく、身体的な「姿勢」のお話ですよ 目次1 保育中の不適切な姿勢①「手を腰にあてるポーズ」2 ...

ReadMore

2022/4/29

【学童保育】なぜ職員のチームワークが必要なのか?「職員間の連携をわかりやすく職員に伝えるユニークな方法をご紹介」

指導員 こんにちは、がってん学童指導員の、りえです 指導員 指導員のたけしです! 新年度は、新しい職員を迎えたり、新しい職員チームが編成されたり、職場のチームワークについて話し合う機会が多いですよね。 子どもへのより良い支援を行うためには、職員のチームワークはとても大切です。 そして、職員チームは、子どもたちや職員一人ひとりと同じように、成功や失敗、数々の悩みを乗り越えて成長していくものです。 今日は、そんなチームワークの本当に本当の基本的なこと、「なぜ職員のチームワークが必要なのか?」ということを、わか ...

ReadMore

2022/4/23

【学童保育】「子どもが宿題プリントを忘れた時にコピーしてはいけないルール」について考えたこと

所長 こんにちは、がってん学童所長です 今回の記事は、Twitterのフォロワー様から寄せられたご質問へのお返事としてまとめました。 <ご質問内容> 子どもが学校に宿題を忘れて来た場合、今までなら他の子のをコピーして忘れて来た子に渡してたのですが、子どもが「学校に忘れてきました〜。コピーしてください」と簡単に言うようになり、それは問題だろうと言う事で今後はコピーしない事になりました。「お家の人と帰る途中に学校に宿題を取りに行っておうちでしてください」と子どもに言う事になったのです。 で、他の学童さんではど ...

ReadMore

2022/4/19

【学童保育】あまり意味がないと思う子どもへの声かけ3選

目次1 あまり意味がない?子どもへの声かけ①「忘れ物してない?」2 あまり意味がない?子どもへ声かけ②「自分がされたらどう思うの?」3 あまり意味がない?子どもへの声かけ③「仲良くしようね」4 さいごに・・・ 当サイトでは、がってん学童を舞台に、学童保育に関する様々なテーマを読者の皆さんと一緒に考えています。 指導員 がってん学童の指導員、りえです。経験年数は5年目になりました。 指導員 指導員のたけしです。今年は2年目、よろしく~! 所長 所長です。経験年数22年目です。 がってん学童では、春休みをなん ...

ReadMore

2022/4/17

【分析】がってん学童保育所の春休みはなぜ好調?だったのか??(2022年度版)「長期休みで一番大切なのは、職員の〇〇」

目次1 新年度は順調だったのか?2 がってん学童「不調」のポイント2.1 新型コロナウィルスの影響2.2 ICTシステムの導入による混乱3 春休み良かったこと3.1 頼りになる高学年の存在3.2 1年生が落ち着いていた3.3 職員チームの成熟3.4 職員の休憩時間をしっかりと確保していたこと4 さいごに・・・ 当サイトは「がってん学童」を舞台に、学童保育や子育てに関する様々なテーマを扱っています。 所長 春休み保育お疲れさまでした 最初の山場は乗り切ったね 指導員 つ、つかれた~ 指導員 今日からやっと給 ...

ReadMore

2022/4/18

【学童保育】閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない保護者の対応

数年前のことなんですが、新年度が始まり、まだ春休み保育の最中のことでした。 1年生の保護者で、学童の閉所時間を過ぎてもお迎えに来ない方がいました。 目次1 閉所時間を過ぎるということは2 お迎え遅刻を繰り返す保護者の対応3 お迎えを遅れたら延長料金を徴収すればよいのでは?4 指導員の残業代を出す5 遅れてお迎えに来た保護者に、私たちがとった対応は6 さいごに・・・ 所長 もう閉所時間だね 子ども ・・・ 1年生のかける君は、新年度初日から、朝8時から学童閉所の18時30分まで、みっちり学童で過ごしていまし ...

ReadMore

2022/4/11

「戦争」について子どもたちにどのように話したらよいのか

所長 がってん学童所長です 指導員 指導員のりえです 指導員 指導員のたけしです 当サイトでは、私の職場である学童保育所を舞台に、子どもたちにかかわる様々な問題を考えています。 私もまだまだ修行中です。だから、このサイトで発信する内容を、「正解」ではなく、一人ひとりの読書の皆さんが考えを深めたり、職場で同僚と議論をする「きっかけ」としてとらえていただけると大変ありがたく思います。 目次1 今起こっている戦争のこと2 「暴力はだめなのに、なんで大人は戦争するの?」と子どもに聞かれたら3 言葉で解決することは ...

ReadMore

2022/4/7

コロナ禍のもとで「子どもの意見を企画段階から取り入れた行事」をどのように行えばよいのか【WITHコロナ時代の子どもの行事・イベント<後編>】

所長 この記事は続きです 前編をまだ見ていない方はこちらからどうぞ こちらもCHECK 目次1 前回のあらすじ2 子どもの意見を行事企画に取り入れることについて2.1 放課後児童クラブ運営指針に書いてあること2.2 児童の権利に関する条約「意見表明権」について2.3 児童の権利条約「生存権」について2.4 「意見表明権」は限定的なもの?2.5 意見は表明できても、その通りになるとは限らない3 合宿について、指導員の激論3.1 子どもが企画からかかわることの意義3.2 子どもの発達過程を考慮して4 冬の合宿 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

学童保育への転職・就職なら【はじめての学童指導員】

公式ページへ


この記事は前回の続きです。

前編はこちら

こちらもCHECK

【学童保育】「不審者」について、子どもにどう教えたらいいの?「避難訓練」を通して私達が考えたこと(前編)

続きを見る

たけし先生が「不審者」の避難訓練の最後に子ども達に向けて言ったのは、次のような内容でした・・・。


指導員

「不審者」って言ったら、怪しい人って言う意味だよね

それで、すごい難しいことだと思った。

子ども

世の中には、怖そうに見えて、優しい気持ちの人がいます。

それとは反対に、優しそうに見えて、心の中で悪いことを考えている人もいるかもしれない

指導員

その人が不審者かどうか、どうやって見分けたらいいんだろう・・・、みんなに不審者のことをどう教えたらいいんだろうって思ったんだ

子ども

・・・

それで、先生はこう思った。

指導員

みんなは、「人を見る目」を鍛えていかないといけない!

優しそうとか、怖そうとか、見た目だけじゃなくって、その人の中身を見抜く「目」を持った人になってほしいと思うんだ。

それで、どうやったらみんなが、そんな人を見る「目」を鍛えられるか、これから話したいと思います。

一つ目は、友達とか家族とか、みんなが大切に思う人ののことを精一杯大事にすること!

二つ目は、自分の嫌だと思うことは、友達にちゃんと言葉で伝えること!

そんな風に、相手のことを大事に思って、正直な気持ちでまわりの人とかかわっていると、相手が自分のことをどんなふうに思っているのかも、きっとわかるようになると思うんだな~!

その人が、自分のことを大事に思っているのか、自分のことを傷つけようとしているのか、わかるようになるんだよ。

指導員

だからみんな、仲間のことを大切にしようぜ!

先生からの話はこれで終わります!

避難訓練はこれにて終了!!


たけし先生がこんなことを子どもたちに言ったのは、前回の「不審者」の避難訓練の後に、子ども達が、知らない人に対する不安感を強めている様子があったからなんです。

指導員

疑うことだけじゃなくて、人を信じる気持ちや大事に思う気持ちを子ども達に伝えたいと思ったんだ!


指導員

そうだったんだね・・・

「不審者」の避難訓練を行った後に、子ども達が人に対して疑心暗鬼にならないような言葉がけをして、訓練をしめくくろうとした、たけし先生の配慮は大事なことだと思う。

それに私も、子ども達には、人を信じる気持ちやお互いを大事に思う気持ちをもってほしい。

けど、そんな、一人ひとりがかけがえのない大切な子ども達だから、犯罪の被害から絶対に守りたいし、自分で自分の身を守れるようになってほしいと思う。

指導員

だから、私はたけし先生の言葉がけに違和感を感じたのよ

私はね、たけし先生は、「不審者」を見極めるもっとわかりやすくて、具体的な判断基準を子ども達に示すべきだったと思う。

指導員

仲間を大切にしようぜ!って伝えましたけど・・・?

指導員

だから、そうじゃないんだよー!!

指導員

え~??

子どもが、まわりの人がみんな「不審者」だと思うようなことにならないために、そして、いざという時には自分の身を守ることができるために、「正しく恐れること」が大事だと思うの。

そのためには、次に書いたような小学生にも理解できる伝え方で、①「不審者」を判断する方法と、②「変だな」と思った時の行動、を教えないといけないと思う。

①「不審者」の判断

指導員

私が、不審者を判断する具体的な判断基準と言ったのはこういうこと

不審者の判断基準

  • 「変だな」と思うことを言ってくる人
  • 「こわい」と思うことをしてくる人
  • 興味をひくようなことを言ってくる人
  • 同情をさそうようなことを言ってくる人
指導員

特に低学年の子どもには、より具体的に伝える必要があると思うんだ

こういう人は「不審者」です

知らない人で、こんなことを言ったりしたりして来る人に気をつけよう

  • 名前や住所を聞いてくる人
  • 写真を撮りたがる人
  • 追いかけてくる人
  • 車に乗るように言ってくる人
  • 体を触ろうとしてくる人
  • ゲームをしよう、おやつをあげるよ、などと言ってくる人

「変だな」と思った時の行動

そして、そんな「あやしい人」に出会ってしまった時に、子どもがとるべき行動も同時に伝えないといけないの。

「変だな」と思った時は

  • 「いやです」「できません」とはっきり断る
  • 逃げる
  • 声を出して助けを求める
  • 防犯ブザーを押す
  • 子ども100当番の家に逃げ込む
指導員

いかない、らない、おごえを出す、ぐににげる、(大人の人に)らせる、というのもとってもわかりやすいよね

指導員

いかのおすし」っすね!

これらの具体的な対応を伝えずに、「怖そうな人でも優しい人かもしれない」「仲間を大切にすることが、不審者を見抜く目を鍛えることになる」というメッセージを伝えることは、子どもにとってはわかりにくいし、かえって判断を難しくする危険があると思うの。

「不審者」の防犯教育は2種類ある

指導員

これも大事なポイントよ

今言った①不審者の判断と②不審者に出会った時の行動は、学童や学校の外で不審者に出会ってしまった時の対応なの。

前回の避難訓練は、学童に不審者がやってきた時の対応

学童や学校の中では、先生が「危険だ」と判断することで避難行動がスタートするけど、子どもだけでいる時に外で不審者と出会った時には、子ども自ら危険かどうかを判断しなくてはいけない。

だから、この二つの状況では、子どもに伝えることがそれぞれに変わってくるんだ。

たけし先生の話の中では、この二つがごっちゃになってしまっていたの。

指導員

学童に不審者が来たという訓練の流れで、子ども自身が不審者を判断することをぶちこんでしまったのよ

本来は、別々に丁寧に教えた方が子どもにはわかりやすいと思うんだ。

さらにそこに、「まわりの人がみんな不審者に見えて子どもが不安にならないように」という思いや「人を信じる気持ちを大事にしてほしい」という思いも入っていたから・・・

わかる子はわかったかもしれないけど、混乱したりよくわからくなってしまった子もいたんじゃないかな。

大事なことだからこそ、伝え方や伝えるタイミングには気をつけたいと思うの。

もう一度言うけど、私はたけし先生の配慮は見習いたいと思う。

それに、人を大事に思う気持ちや人を信じる気持ちを子ども達には大切にしてほしいし、そのことは学童の生活のあらゆる場面で子ども達に伝えていきたいと思ってる。

さいごに・・・

指導員

・・・ってことをたけし先生に言いたかったの

避難訓練の指揮、よくがんばったね

指導員

わっかりました!

もっと精進するっす!

所長

僕はたけし先生の言葉がけもよかったと思ったけど、りえ先生の指摘はさすがベテランって思ったよ

  • 不審者の避難訓練が子どもを不安にさせることがある
  • 不審者を正しく恐れるためにも、具体的に伝えること
  • 人を大事にする気持ちや信じる気持ちを子ども達に伝えたい

今回の避難訓練を通して、色々と考えを深めることができたと思う。

そして、様々な学年、様々な発達過程の子どもが通う学童保育だけに、指導員は子どもへの伝え方にはこだわりたいし、特に低学年の子どもは大人の言うことをそのまま受け止めてしまう特徴があることにも注意が必要だね。

所長

子ども達が安全に、安心して生活するためには、地域の人々と交流を深め、子どもを見守る地域社会をつくっていくことも学童保育の大切な役割だよ

指導員

なお、子ども向けの安全教育では「不審者」という言葉を使わず「あやしい人」という表現を使うことも多くあります

指導員

また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-悩み
-

© 2022 GATTEN!GAKUDO