" />

学童保育エピソード集

【学童保育】「不審者」について、子どもにどう教えたらいいの?「避難訓練」を通して私達が考えたこと(後編)

スポンサーリンク

学童で行った「不審者の避難訓練」の最後に、たけし先生が子ども達に言った言葉が物議に・・・。

新着記事

2023/2/3

【学童保育】子ども見守りのアイテム「安全ベスト」が大切な理由

全国の学校に、子どもに危害を加えるなどと書かれた脅迫文が届きました。私の職場の施設でも、学校からの帰り道や、学童からのお帰りの付き添いを強化して対応しました。 指導員 最近多いですよね・・・。 所長 万が一ってことがあるから ぎりぎりの職員体制では、付き添いのため学童の外に出るスタッフが増えると、施設内が手薄になり、閉所業務やお迎えの対応に支障がでる日もありました。 そんな苦労を感じている指導員の皆さんがたくさんいたと思います。 本当にお疲れ様です。 今回の記事は、そんな、送り迎えの子どもの付き添いにまつ ...

ReadMore

2023/2/2

【学童保育】コロナ禍で迎える卒所式・修了式・入所式の挨拶文例「祝辞」「お祝いの言葉」(保護者代表・職員代表・子ども)

年度末や新年度にとりおこなわれる、学童保育の「修了式」や「卒所式」「入所式」などで、挨拶をする立場にある人に向けて、「祝辞」や「お祝いの言葉」の文例をまとめました。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 一緒に学童保育で働きましょう! 指導員 楽しいですよ! 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 保護者 卒所式で「保護者代表の挨拶」を担当することになったのですが、何を話したらいいんでしょうか? 指導員 お世話になります。よろしければ ...

ReadMore

2023/2/3

【学童保育】コピペで使える2月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

2月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 2月のおたより冒頭のあいさつ文例2 2月号のおたよりで伝えたい内容3 2月号のおたよりで伝えたい「保護 ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】コピペで使える1月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

1月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 1月のおたより冒頭のあいさつ文例2 1月号のおたよりで伝えたい内容3 1月号のおたよりで伝えたい「保護 ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】ケンカの時に手が出たら止める?止めない?

子ども同士が取っ組み合いをした時の対応をめぐって、指導員の考えの違いが浮き彫りになりました。ケンカが始まったらすぐに止めるのか、それとも見守るのか?お互いの意見を出し合う中で、ケンカの対応について考えを深めていく職員の姿を書きました。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいない ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】コピペで使える12月号おたよりの文例「お便り作成業務の時短に活用してください」

12月号のおたより文例やアイデアをまとめました!作業時間の短縮に活用していただけると幸いです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ 目次0.1 新着記事0.2 学童保育指導員になりたいないなら0.2.0.1 スポンサーリンク1 12月のおたより冒頭のあいさつ文例2 12月号のおたよりで伝えたい内容3 12月号のおたよりで伝えた ...

ReadMore

2023/1/31

利用児童が骨折した時、保護者にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え③」

今回は、保護者から、児童が骨折したことを告げられた時、職員としてどのような言葉がけをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保 ...

ReadMore

2023/2/3

【学童保育】勉強嫌いの学童っ子が猛勉強して夢をかなえた話

子どもたちの日々のドラマは、ハラハラ、ヒヤヒヤの連続です。時にはイライラしてもう我慢ならん!と思ったり、この子の人生いったいどうなんねん・・・と心配になることもあるかもしれません。 けど、今はそのままで大丈夫なのかもしれません。子どもたちは、いずれ、自分の目標を見つけた時、大人がびっくりするような力を発揮するのです。 そのことを、自分の人生を通して私に教えてくれた、一人の学童っ子がいます。その少年「K」が、久しぶりに私の家にやってきた時には、30歳の立派な大人になっていました。 新着記事 学童保育指導員に ...

ReadMore

2023/1/31

【学童保育】各学年で大切にしたい育成支援の目標「職場で話し合ってみよう」

小学校1年生から6年生までが過ごす、異年齢集団の学童保育。「各学年で大切にしたいことを明確にしながら育成支援を行うことについて考えてみよう」が今回のテーマです。 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 年間休日120日以上! 指導員 ほとんど残業なし? 無理なく働ける学童保育所を探すなら「はじめての学童保育指導員」簡単30秒登録! 詳しくはコチラ   各学年の支援目標って必要? こんにちは、がってん学童所長です。 今日のテーマは「学童保育で子ども達の育成支援を行う上で、各学年 ...

ReadMore

2023/1/31

利用者や職員の身内に不幸があった時にかける言葉は?「信頼と安心を育むとっさの受け答え②」

長く学童保育の仕事をしていると、様々なことを経験します。 今回は、利用児童の保護者から、親戚が亡くなられたことを伝えられた時、職員としてどのような言葉がけや振る舞いをしたらよいのかについて考えてみたいと思います。 こんな連絡があった時の対応のポイントは? 子どもが新型コロナに感染した保護者が新型コロナに感染した職員が新型コロナに感染した利用児童の身内に不幸があった時職員の身内に不幸があった時保護者が事故に遭った時利用児童が骨折をした時 新着記事 学童保育指導員になりたいないなら スポンサーリンク 指導員 ...

ReadMore

学童保育指導員になりたいないなら

スポンサーリンク
指導員

年間休日120日以上!

指導員

ほとんど残業なし?

学童保育への転職・就職なら【はじめての学童指導員】

公式ページへ


この記事は前回の続きです。

前編はこちら

こちらもCHECK

【学童保育】「不審者」について、子どもにどう教えたらいいの?「避難訓練」を通して私達が考えたこと(前編)

続きを見る

たけし先生が「不審者」の避難訓練の最後に子ども達に向けて言ったのは、次のような内容でした・・・。


指導員

「不審者」って言ったら、怪しい人って言う意味だよね

それで、すごい難しいことだと思った。

世の中には、怖そうに見えて、優しい気持ちの人がいます。

それとは反対に、優しそうに見えて、心の中で悪いことを考えている人もいるかもしれない

指導員

その人が不審者かどうか、どうやって見分けたらいいんだろう・・・、みんなに不審者のことをどう教えたらいいんだろうって思ったんだ

・・・

それで、先生はこう思った。

指導員

みんなは、「人を見る目」を鍛えていかないといけない!

優しそうとか、怖そうとか、見た目だけじゃなくって、その人の中身を見抜く「目」を持った人になってほしいと思うんだ。

それで、どうやったらみんなが、そんな人を見る「目」を鍛えられるか、これから話したいと思います。

一つ目は、友達とか家族とか、みんなが大切に思う人ののことを精一杯大事にすること!

二つ目は、自分の嫌だと思うことは、友達にちゃんと言葉で伝えること!

そんな風に、相手のことを大事に思って、正直な気持ちでまわりの人とかかわっていると、相手が自分のことをどんなふうに思っているのかも、きっとわかるようになると思うんだな~!

その人が、自分のことを大事に思っているのか、自分のことを傷つけようとしているのか、わかるようになるんだよ。

指導員

だからみんな、仲間のことを大切にしようぜ!

先生からの話はこれで終わります!

避難訓練はこれにて終了!!


たけし先生がこんなことを子どもたちに言ったのは、前回の「不審者」の避難訓練の後に、子ども達が、知らない人に対する不安感を強めている様子があったからなんです。

指導員

疑うことだけじゃなくて、人を信じる気持ちや大事に思う気持ちを子ども達に伝えたいと思ったんだ!


指導員

そうだったんだね・・・

「不審者」の避難訓練を行った後に、子ども達が人に対して疑心暗鬼にならないような言葉がけをして、訓練をしめくくろうとした、たけし先生の配慮は大事なことだと思う。

それに私も、子ども達には、人を信じる気持ちやお互いを大事に思う気持ちをもってほしい。

けど、そんな、一人ひとりがかけがえのない大切な子ども達だから、犯罪の被害から絶対に守りたいし、自分で自分の身を守れるようになってほしいと思う。

指導員

だから、私はたけし先生の言葉がけに違和感を感じたのよ

私はね、たけし先生は、「不審者」を見極めるもっとわかりやすくて、具体的な判断基準を子ども達に示すべきだったと思う。

指導員

仲間を大切にしようぜ!って伝えましたけど・・・?

指導員

だから、そうじゃないんだよー!!

指導員

え~??

子どもが、まわりの人がみんな「不審者」だと思うようなことにならないために、そして、いざという時には自分の身を守ることができるために、「正しく恐れること」が大事だと思うの。

そのためには、次に書いたような小学生にも理解できる伝え方で、①「不審者」を判断する方法と、②「変だな」と思った時の行動、を教えないといけないと思う。

①「不審者」の判断

指導員

私が、不審者を判断する具体的な判断基準と言ったのはこういうこと

不審者の判断基準

  • 「変だな」と思うことを言ってくる人
  • 「こわい」と思うことをしてくる人
  • 興味をひくようなことを言ってくる人
  • 同情をさそうようなことを言ってくる人
指導員

特に低学年の子どもには、より具体的に伝える必要があると思うんだ

こういう人は「不審者」です

知らない人で、こんなことを言ったりしたりして来る人に気をつけよう

  • 名前や住所を聞いてくる人
  • 写真を撮りたがる人
  • 追いかけてくる人
  • 車に乗るように言ってくる人
  • 体を触ろうとしてくる人
  • ゲームをしよう、おやつをあげるよ、などと言ってくる人

「変だな」と思った時の行動

そして、そんな「あやしい人」に出会ってしまった時に、子どもがとるべき行動も同時に伝えないといけないの。

「変だな」と思った時は

  • 「いやです」「できません」とはっきり断る
  • 逃げる
  • 声を出して助けを求める
  • 防犯ブザーを押す
  • 子ども100当番の家に逃げ込む
指導員

いかない、らない、おごえを出す、ぐににげる、(大人の人に)らせる、というのもとってもわかりやすいよね

指導員

いかのおすし」っすね!

これらの具体的な対応を伝えずに、「怖そうな人でも優しい人かもしれない」「仲間を大切にすることが、不審者を見抜く目を鍛えることになる」というメッセージを伝えることは、子どもにとってはわかりにくいし、かえって判断を難しくする危険があると思うの。

「不審者」の防犯教育は2種類ある

指導員

これも大事なポイントよ

今言った①不審者の判断と②不審者に出会った時の行動は、学童や学校の外で不審者に出会ってしまった時の対応なの。

前回の避難訓練は、学童に不審者がやってきた時の対応

学童や学校の中では、先生が「危険だ」と判断することで避難行動がスタートするけど、子どもだけでいる時に外で不審者と出会った時には、子ども自ら危険かどうかを判断しなくてはいけない。

だから、この二つの状況では、子どもに伝えることがそれぞれに変わってくるんだ。

たけし先生の話の中では、この二つがごっちゃになってしまっていたの。

指導員

学童に不審者が来たという訓練の流れで、子ども自身が不審者を判断することをぶちこんでしまったのよ

本来は、別々に丁寧に教えた方が子どもにはわかりやすいと思うんだ。

さらにそこに、「まわりの人がみんな不審者に見えて子どもが不安にならないように」という思いや「人を信じる気持ちを大事にしてほしい」という思いも入っていたから・・・

わかる子はわかったかもしれないけど、混乱したりよくわからくなってしまった子もいたんじゃないかな。

大事なことだからこそ、伝え方や伝えるタイミングには気をつけたいと思うの。

もう一度言うけど、私はたけし先生の配慮は見習いたいと思う。

それに、人を大事に思う気持ちや人を信じる気持ちを子ども達には大切にしてほしいし、そのことは学童の生活のあらゆる場面で子ども達に伝えていきたいと思ってる。

さいごに・・・

指導員

・・・ってことをたけし先生に言いたかったの

避難訓練の指揮、よくがんばったね

指導員

わっかりました!

もっと精進するっす!

所長

僕はたけし先生の言葉がけもよかったと思ったけど、りえ先生の指摘はさすがベテランって思ったよ

  • 不審者の避難訓練が子どもを不安にさせることがある
  • 不審者を正しく恐れるためにも、具体的に伝えること
  • 人を大事にする気持ちや信じる気持ちを子ども達に伝えたい

今回の避難訓練を通して、色々と考えを深めることができたと思う。

そして、様々な学年、様々な発達過程の子どもが通う学童保育だけに、指導員は子どもへの伝え方にはこだわりたいし、特に低学年の子どもは大人の言うことをそのまま受け止めてしまう特徴があることにも注意が必要だね。

所長

子ども達が安全に、安心して生活するためには、地域の人々と交流を深め、子どもを見守る地域社会をつくっていくことも学童保育の大切な役割だよ

指導員

なお、子ども向けの安全教育では「不審者」という言葉を使わず「あやしい人」という表現を使うことも多くあります

指導員

また次の記事でお会いしましょう!

-学童保育エピソード集
-

© 2023 GATTEN!GAKUDO